テレワーク(在宅勤務)のあるあるな悩みQ&A|5年以上の経験から出した解決方法を紹介

テレワークというと「働く場所や時間にゆとりがある」といった良いところばかりが取り上げられがちですが、いざ始めてみると意外と悩むポイントが多いもの。

とはいえ、ほとんどの悩みには解決方法があります。

この記事では、実際に私が体験したことや周りから聞いた「テレワークのよくある悩み」に一問一答で答えていきます。

この記事で書いていること

    • テレワークのメリット・デメリット
    • テレワークのよくある悩み
    • 悩みに対する私の解決方法

通勤していたからこそ感じるギャップもありましたし、自分の生活スタイルが変わることで新たな悩みが出ることもありました。

5年以上のテレワーク経験のなかで出した答えなので、特に始めたばかりの人はぜひ参考にしてみてください。

テレワークの働き方別メリット・デメリット

ひと言で「テレワーク」と言っても、実際は働く場所によって呼び方が変わります。

働く場所呼び名
在宅勤務
リモートオフィスサテライトオフィス勤務
ネットが繋がる場所モバイルワーク

テレワークを始めてから色々な悩みに出会うなかで “ これは働き方の特性上、悩んでも仕方がないな ” というものが分かるようになってきました。

働き方の特性(メリット・デメリット)を知るのは、ムダに悩まないために重要なことなので、ここでまとめて紹介しておきます。

▼ 在宅勤務のメリデメ

メリットデメリット
  • 通勤という概念すらない
  • 季節/天候に左右されない
  • 仕事が終わった瞬間に自由時間
  • 仕事環境を整えるお金が必要
  • 運動不足になりがち
  • 自己管理スキルが必要

▼ サテライトオフィス勤務のメリデメ

メリットデメリット
  • 会社より通勤時間が短い
  • 自分の好きな場所で働ける
  • 仕事環境の準備が最低限で済む
  • 周りに知らない人が多く集中しにくい
  • 季節/天候によって移動が大変
  • 予約が必要なコワーキングもあるのに注意

▼ モバイルワークのメリデメ

メリットデメリット
  • 自分の好きな場所で働ける
  • 自分の気分次第で運動する機会も作りやすい
  • 通勤時間が自由にコントロールできる
  • 仕事環境を整えるお金が必要
  • 自己管理スキルが必要
  • セキュリティ対策が必要

ひと言で「テレワーク」と言っても実際は働く場所によって呼び方が変わりますが、基本的には上で紹介した3種類です。

ちなみに「テレワーク」と「リモートワーク」は同じ意味。会社以外の場所で仕事をする働き方を指します。

リモートワークはIT企業やフリーランスの方がよく使う言葉。私の会社は「リモートワーク」と言う人が多いですが、正式名称は「テレワーク」です。


テレワークのよくある悩みを解決|一問一答Q&A

ここからはテレワーク(リモートワーク)の働き方別のメリット・デメリットを踏まえたうえで「よくある悩み」に私なりの回答を紹介していきます。


実際、働く時間って減るの?

テレワークというと「時間にゆとりがある働き方」な印象があると思いますが、実際のところはどうなのか?

5年以上テレワークで働いてきた結論として「労働時間は変わらない」と感じています。というのも、働き方が変わっても仕事内容は変わらないし、自分の能力も変わらないからです。

定時を過ぎた時間を撮影した写真

とはいえ、在宅勤務はもちろんラテライトオフィス勤務やモバイルワークでは会社より近い場所を選ぶことができるので「通勤時間」が減るケースが多いです。

人によっては1~2時間ほどの通勤時間がなくなることで、体感的に働く時間が少なったと感じる人も多いかもしれません。

労働時間は変わらなくても通勤時間が減ることで1日のうちの仕事のかける時間は減らすことができます。


生活費ってどれくらい上がるの?

テレワークを始めたばかりの頃、私のなかで意外と盲点だったのが「生活費」。

なかでも在宅勤務は1日中、家の中にいるので生活費にはかなりのインパクトがあります。

  • 水道光熱費(特に電気代)
  • 通信費
  • 交通費

1日中エアコンをつけっぱなしにしたり、パソコンやモニターを使いっぱなしにするので電気代は確実に上がります。私の経験ですが、電気代は5,000円ほど上がりました。

ここは会社のテレワーク規則や補助の確認が必要で、場合によっては在宅勤務ではなくサテライトオフィス勤務のほうが生活が楽になる可能性もあるので注意してみてください。


どれくらいのインターネット設備が必要なの?

エクセルやパワポでのドキュメント作成・チャットツールでのコミュニケーションがメインなら、会社携帯からのテザリングでもたいていの仕事はできます。

iPhoneの写真

逆に、私がこれまで経験した仕事のなかでテザリングで通信速度が足りないと感じたのは下のような業務でした。

  • WEBブラウザを使った開発
  • カメラをONにしながら電話会議
  • サーバ上の大容量ファイルの更新

全てテザリングだけが原因ではないかもしれませんが、上のような仕事内容があるなら固定回線を契約しておくのが無難です。

また、私のように間取りの関係で通信機器と仕事部屋が遠い人はWi-Fiルーターを導入することで通信速度が改善することもあるので、参考にしてみてください。

TP-Link Wi-Fi6対応ルーター AX10レビュー

続きを見る


テレワークで辛いのはどんなところ?

テレワーク、特に在宅勤務をしていて辛いと感じたことは下の8つでした。

ひと言でいうとテレワークの辛さは「自己管理が大変」ということに尽きます。

1人の目がなく誘惑に流されやすい
2家族が近くにいて集中力が途切れやすい
3ネット環境や作業デスクが整っていない
4ご近所さんの話し声や周りの環境音がうるさい
5座りっぱなしで運動不足&身体への負担増加
6仲間意識が希薄になりやすい
7オンオフの切り替えが難しく残業が長引きがち
8文章主体でコミュニケーションが取りにくい

「テレワークはサボり放題」という言葉を見聞きしますが、これは会社によっては事実だと思います。でも、全ての会社がそうではありません。

私は「8割本気・2割息抜き」くらいのスタンスでやっているので、テレワークの辛さを克服するために色々と対応策を立ててきました。

MILIBLO流 テレワークのストレス原因と対処法

続きを見る

テレワークになって下がった生産性をどうにかしたいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。


外で仕事するときの場所はどう選んでる?

外で作業するときは基本的に「コワーキングスペース」を使うようにしていますが、場所や時間によっては確保できないときは「カフェ」を使います。

テレワークで働く場所が自由になるといっても1つの会社に所属していることは変わらないので、働く場所はほとんど同じです。

  • 〇〇駅のときはこのコワーキングスペース
  • △△駅のときはこのカフェ
  • それ以外なら基本的に自宅

こんな風に場所によって自分の「お気に入り」を決めておくと毎回探す手間も省けておすすめです。

特に難しいのが「カフェで作業するとき」で、これについては私なりのテレワークに適したカフェの選び方があるので、ぜひ参考にしてみてください。

テレワークしやすいカフェの選び方

続きを見る


ぶっちゃけ、テレワークになって良かった?

正直、メリット・デメリットありますが、私は良かったと思います。特に「会社と適度な距離感を持つことができた」のが大きなメリットでした。

これがあったからこそ自分のことを見つめ直す時間を作ったり、ブログを始めることもできました。

ここが良かった!

  • 会社と適度な距離感を持つことができた
  • 自分のこれからを見つめ直す機会になった
  • 新しいこと(ブログ)を始めることができた

一方で、仕事のやりにくさを感じる部分もあったので紹介しておきます。特に、最初に書いた「自己管理」については思った以上に苦労しました。

ここが惜しい…

  • 自己管理が大変になった
  • 準備のために購入するものが増えた
  • 社内のコミュニケーションが難しくなった

今は在宅作業ルーティンを作ったおかげで解決していますが、テレワークになって生産性が下がったように感じる人はぜひ毎日の過ごし方を見つめ直してみてほしいです。

私の在宅作業ルーティン紹介

続きを見る


テレワークのよくなる悩みの解決方法 まとめ

この記事では、実際に私が体験したことや周りから聞いた「テレワークのよくある悩み」に一問一答のQ&A形式で答えてみました。

思い出せることは書いたつもりですが、それでも5年以上も働いていると悩んでいたことさえ忘れてしまっていることもあると思います。

“こんなことで悩んでるんだけど、どうしたらいい?” みたいな悩みがあれば、私なりの答えをお伝えするのでお気軽にご連絡ください。


別の記事では、テレワークの働き方別に “ これだけは準備しておいて損がない ” と思う「必要なもの」をまとめているので、ぜひ読んでみてください。

テレワークに必要なもの紹介

続きを見る


▼この記事の中で紹介した参考記事

私の在宅作業ルーティン紹介

続きを見る

テレワークしやすいカフェの選び方

続きを見る

MILIBLO流 テレワークのストレス原因と対処法

続きを見る


この記事をキッカケに1人でもテレワークを選んで自分と同じように働く人が増えたら嬉しいです。
それでは!


  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
> 詳しいプロフィールはこちら