メニュー
イチ
30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
> 詳しいプロフィールはこちら

PCデスク周りをすっきり見せる配線整理のコツ3選|天板裏の収納術と便利グッズも紹介

モニター、デスクライト、電動昇降デスク……。PC周りにモノが増えるたび、悩みの種になるのがケーブルの配線整理です。

在宅ワーカーにとってデスクは1日のほとんどの時間を過ごす場所。見た目にも気を遣いたいと思い、とうとうケーブルの配線整理に着手しました。

” PC周りの掃除を楽にしたい “
” すっきりしたデスク環境にしたい “
” 余計なモノが目に入らないデスク周りにしたい “

こんな思いを持ちながら色々と試行錯誤した結果、デスク下のケーブルを1本にすることができました。

サンワサプライのケーブル配線トレー「CB-CTERD5」

この記事では、私が実践したPCデスク周りをすっきり見せるケーブル配線の整理術を紹介します。

この記事で書いていること

  • 配線整理で大切な3つのコツ
  • MILIBLO流のケーブル配線整理術
  • 使って便利だった配線整理グッズ

どれも簡単な作業なので1つ1つ実践するだけで確実にPCデスク周りはすっきりしていきます。

デスク周りがすっきりすることで仕事への集中力も上がるので、家で仕事をする機会があるテレワーカーの人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

PCデスク周りの配線をすっきり見せるコツ

まずはデスク周りの配線をすっきり見せるためのコツを3つ紹介します。

配線整理で大切な3つのコツ
  • 使わないものは「隠す」
  • 収納するものは一ヵ所に「集める」
  • 同じものは「まとめる」

配線整理は難しいことをやる必要はなく、どこまで丁寧にやるかに尽きます。

ここからは、上で紹介した「3つのコツ」について私が実践してきた具体例を紹介します。


1. 使わないものを「隠す」

ケーブルのごちゃつきを見えないようにする1番のコツは見えないところに隠すこと

私のおすすめは「ケーブルラック(オーガナイザー)」を導入して、デスクの上から完全な死角になる「デスクの天板裏」に隠してしまうことです。

IKEAで購入したケーブルオーガナイザー|シグヌム
天板裏なら見えないから気にならない

常に見られても良いレベルでケーブル配線をキレイにしておくのは、正直疲れます。ならば隠してしまおうという発想です。

ちなみに私が最初に購入したケーブルラックはIKEAの「シグヌム」で、値段が手頃なのでお金を掛けたくない人にはおすすめのアイテムです。

イチ

私が今使っている配線整理グッズはこの記事の後半で全て公開しています


2. 収納するものは1ヶ所に「集める」

次に紹介するのが「集める」。デスク下はもちろん、デスクの上に置くモノもなるべく1ヶ所に集めるのがポイントです。

私の場合、デスク上に置く「仕事用PC」と「個人用iPad」をつのスタンドに立てて収納しています。

PCスタンドに縦置きしたMacbookとiPad

実はこれ……私の過去の失敗から生まれたコツ。

在宅ワークをキッカケに私のデスクには会社用・個人用で2台のパソコンがあり、最初は「開きやすいから」という理由で2台をテーブルの違う場所に置いていました。

ノートPC2台をデスク上に設置していた頃の写真
在宅ワークを始めたばかりの頃

でも実際は外部モニターを使っていたのでほとんどPCを開くことはなく、デスク上にごちゃごちゃ感が出ただけ。

こんな経験もあってモノを1ヶ所に集めるようにしたらごちゃごちゃ感もかなり改善したので、ぜひ参考にしてみてください。

パソコンを1ヵ所にまとめた後のデスク環境
アイテムを1ヵ所にまとめた後


3. 同じものは「まとめる」

これが最後のコツで「まとめる」。もうこれは99%くらいはケーブルのことを言っています。

ケーブルを結束バンドでまとめる

PCデスク周りをすっきり見せられるかは「いかにケーブルを少なく見せられるか?」とほぼ同義です。

  • 似た色のケーブルを使う
  • なるべくケーブルをまとめる
  • 可能な限りケーブルの本数を減らす

正直、ケーブルをまとめる作業が1番地味で大変。ただ「神は細部に宿る」という言葉もあります。

こういう細かな整理がどこまでやれているかでデスク周りの印象が変わるので、ぜひ参考にしてみてください。


パソコンデスクをすっきり見せる配線整理術

ここからは実際に上で紹介した配線整理のポイント(隠す・集める・まとめる)を意識した、私のケーブル配線整理手順を紹介します。

整理を始める前に手順のイメージを膨らませてから作業を始めるだけでスムーズに進むので、ぜひ試してみてください。


1. 天板裏に電源タップや充電器を収納

デスク上に必要がないものをまとめて隠すために「ケーブルラック」を設置。私が使うのは、サンワサプライのケーブル配線トレー「CB-CTERD5」です。

サンワサプライのケーブル配線トレー「CB-CTERD5」

横から見ると分かりますが、このケーブルラックは天板裏に隠しておきたいものを包んで収納できる設計になっています。

サンワサプライのケーブルラックで配線整理している写真

ちなみに私が中に収納しているのは下の4つです。

  • ケーブル類
  • PCのACアダプタ
  • Satechiの75W USB充電器
  • AnkerのUSBポート付き電源タップ

以前使っていたIKEAのシグヌムは「トレーの上にモノを乗せるだけ」という手軽さが気に入っていたんですが、ラックの中のごちゃごちゃ具合が丸見えなのが気になりました。

IKEAで購入したケーブルオーガナイザー|シグヌム

サンワサプライのケーブル配線トレーは黒のメッシュ生地になっていて中が透けることがありません。

サンワサプライのケーブル配線トレー「CB-CTERD5」

ケーブル収納もトレーをフックに引っ掛けるだけと簡単なので、面倒くさがりの人にはおすすめです。

サンワサプライのケーブル配線トレーを設置している写真

デスク環境いじりが好きで、定期的にケーブル配線を整理し直すことがあるなら、ぜひ参考にしてみてください。


2. 収納スリーブでモニター裏ケーブルを1本化

モニター裏から伸びているケーブルを天板裏に引き込むときに使ったのがJOTOの「ケーブル収納スリーブ」です。

JOTOのケーブル収納スリーブ

複数のケーブルを1つにまとめて1本に見せることができるアイテムで、購入前は “ ケーブルを1本にまとめても太くて存在感が出るのでは? “ と半信半疑でしたが、使ってみると差は歴然。

モニター裏のケーブル配線の写真
JOTOのケーブル収納スリーブを使ったモニター裏のケーブル配線の写真

結束バンドでまとめるだけだと出来てしまう緩み(=ぐちゃぐちゃ感) がなくなり、すっきりした印象が強くなりました。

ケーブルをまとめて包むだけという手軽さの割に見た目の印象がかなり違うので、ぜひ試してみてください。


3. 100均グッズでパソコンを天板裏に収納

私は在宅勤務メインで働いているのでデスクには会社用・個人用で2台のノートPCを置いていて、以前は2台とも PCスタンド に立てかけていました。

PCスタンドに縦置きした2台のノートPC

ところが個人用PCは開くことがほとんどないので、100均で購入したアイアンとネジで天板裏に打ちつけただけのPCホルダーを設置。

100均で購入したアイアン材
デスク天板裏に設置したアイアン材

完全な素人DIYですが、ノートパソコン1台を支えるには十分なPCホルダーになっています。

デスク天板裏に設置したノートパソコン

おかげでPCスタンドには仕事でもプライベートでもよく使う iPad Air 4 を置けるようになりました。

PCスタンドに縦置きしたMacbookとiPad

自宅に作業用PCが2台ある人は少ないかもしれませんが、1台のノートPCをデスク上から完全に隠すことができるので、ぜひ参考にしてみてください。


4. 天板裏ケーブルを結束バンドなどでまとめる

最後の仕上げとして、デスクの上や下からチラチラ見えるケーブル類を「結束バンド」や「テープ」でまとめていきます。

ケーブルを結束バンドでまとめる
デスク下のケーブルを結束バンドでまとめる
ケーブル配線をデスク天板裏に固定する
ケーブルをデスク脚に固定

ちなみに、デスク周りのアイテムを頻繁に入れ替える人は「結束バンド」ではなく「マジックテープ」を使うとケーブルの分解が簡単。

逆に、アイテムの入れ替えが少ない人は「結束バンド」で固定したほうが「まとまり感」が出てすっきり見えます。

場所に応じて事前にケーブル整理アイテムを揃えるのは大変なので「ケーブル配線整理キット」のようなものを購入すると楽です。

IKEAのケーブル配線整理キット
私はIKEAで購入しました

結束バンドやマジックテープといった定番アイテムの他に配線整理に役立つアイテムが多く入っていて、ガンガン使ってもなくなる心配がないので、ぜひ参考にしてみてください。


デスク周りで使えるおすすめ配線整理グッズ

ここでは私が今まで使ってよかった「PCデスク周りの配線整理に便利なおすすめアイテム」をまとめて紹介します。

どれも私が実際に使ったことがあるアイテムで自信をもっておすすめできるアイテム。ぜひ参考にしてみてください。


1. サンワサプライのケーブル配線トレー

デスク周りの電源タップやケーブル類を天板裏に隠すうえで無くてはならないのが、サンワサプライのケーブル配線トレー。

サンワサプライのケーブル配線トレー「CB-CTERD5」

サンワサプライのケーブル配線トレーは2つの種類があり、私は「ERDシリーズ専用タイプ(CB-CTERD5)」を購入しました。

種類ERDシリーズ専用汎用版
サイズ幅90.0cm
奥行15.9cm
高さ11.7cm
幅90.0cm
奥行15.6cm
高さ16.3cm
重さ1.8kg1.8kg
素材スチール
ナイロンメッシュ
スチール
ナイロンメッシュ

汎用版は天板を挟むように固定するクランプ式なのでどんな天板でも手軽に設置できます。ただ私はなるべくデスク上をすっきり見せたかったので天板裏にネジ止めするERD専用タイプを選びました。

サンワサプライのケーブル配線トレー「CB-CTERD5」のフック部分の写真

ネジは付属していないので別売りで購入する必要があったり、電動ドリルでのネジ止めが必要だったりとDIY初心者向けではないですが、少しでもデスクをすっきり見せたい人におすすめです。


2. JOTOのケーブル収納スリーブ

複数のケーブルを1本にまとめるために使っているのが、JOTOのケーブル収納スリーブ。

モニター裏のケーブル配線を整理した写真

これ1つで配線の見た目はかなり変わるし、使い方も簡単で3ステップで終わります。下に手順を載せておくのでぜひ試してみてください。


STEP
必要な長さに切る

JOTOのケーブル収納スリーブは長い1本のスリーブとして梱包されて届くので、収納するケーブルの長さに合わせて必要な長さにカットします。

JOTOのケーブル収納スリーブをハサミで切っている写真

ネオプレンという合成ゴムのような素材で作られていて市販のハサミでも簡単に切れます。


STEP
両端を焼いてささくれを取る

ハサミで切った直後の切り口は「素材のささくれ」が出来てしまうので、これをライターなので炙って軽く溶かします。

JOTOのケーブル収納スリーブの切り口をライターの火で炙っている写真

ケーブル収納スリーブ自体はゴム素材なのでライターの熱で十分で、こうすることでささくれ部分から解(ほつ)れることを防げます。


STEP
ケーブルをまとめる

あとは整理したいケーブルを収納スリーブの中にしまっていくだけです。

JOTOのケーブル収納スリーブにケーブルを収納している写真

こんな感じでスリーブを開いて、中にケーブルをしまっていきます。

太さにもよりますが普通のケーブルなら4~5本はまとめられるので、特にデスク周りにケーブルが多い人にはおすすめのアイテムです。


手軽にできて見た目への効果はかなり大きいので、ぜひ試してみてください。


3. ケーブル配線整理キット

結束バンドやマジックテープなど細かいアイテムを別々で買い揃えるのは面倒ですが、IKEAには配線整理グッズがひとまとめになった「ケーブル配線整理キット」が売られています。

IKEAのケーブル配線整理キット

特に初めての配線整理だと何を揃えたらいいか分からない部分も多いと思いますが、これ1つあれば必要なアイテムは揃うので、面倒くさがりな人にはおすすめです。


4. L字アダプタ

電源タップにケーブルを挿すとき、場所によっては差しにくかったり、見栄えが悪くなったりします。そんな時に役立つのが「L字アダプタ」。

デスク天板裏の電源タップ(ケーブル整理前)
Before
デスク天板裏の電源タップ(ケーブル整理後)
After

電源タップにケーブルを挿す前に「L字アダプタ」を使って向きを変えただけですが、デスク下の印象がかなり変わります。

L字アダプタは色々ありますが、ケーブルを無理に曲げなくてもスッキリと収納できるのでコンセント部分が回転するものがおすすめです。


5. 電動ドライバー

ケーブルトレーもそうですが、デスク周りのアイテムを組み立てるのに電動ドライバーは必須です。

最初はIKEAで購入した電動ドライバーを使っていましたが、今はMIJIAの電動ドライバーを愛用してます。

MIJIAの電動ドリル

MIJIAの電動ドライバーを選んだ理由は3つあります。

  • シンプルなデザイン性
  • USB Type-Cで充電できる
  • 延長アダプタが付属している

特に電動ドライバーを購入するときは延長アダプタが付いているものがおすすめです。

MIJIAの電動ドリル(延長アダプタなし)
延長アダプタ:なし
MIJIAの電動ドリル(延長アダプタあり)
延長アダプタ:あり

上の写真の「延長アダプタ:なし」のようにドリル部分が短い(本体とネジの距離が近い)と、取り付けるものとドリルが干渉して斜めに固定するしかなくなります。

▼ 延長アダプタがないとこういう失敗が起こる

デスク天板裏にアイアン材を設置したときの失敗例

延長アダプタがあれば取り付けるものの形状によらず垂直にネジ止めできるので、これから電動ドライバーを購入する人にはおすすめです。


PC周りの配線をすっきり整理して感じたこと

最後に、実際にPCデスク周りの配線整理を終えてみて感じたメリット・デメリットを紹介します。

メリット

  • 掃除がしやすい
  • 作業に集中しやすい
  • 座っていて気持ちいい

デメリット

  • 事前に下調べが必要
  • 整理グッズにお金がかかる

配線整理は事前準備や整理グッズを揃えるのに時間やお金がかかるのが難点ですが、1度やればずっとメリットを受け続けられるのは大きいと感じました。

デスク周りがすっきりすると仕事中に ” あ、ケーブルがはみ出してる… ” と余計なことを考えて集中力の途切れることが減ったのは良い点でした。

テレワークだと電話会議で部屋を映す機会もあると思うので、デスク周りだけでもきれいにすることを考えてみてください。


PCデスク周りの配線をすっきり見せる整理術 まとめ

この記事では、私が実践するPCデスク周りをすっきり見せるケーブルの配線整理術を紹介しました。

配線整理で大切な3つのコツ
  • 使わないものは「隠す」
  • 収納するものは一ヵ所に「集める」
  • 同じものは「まとめる」

ケーブル配線を整理してからは目の前の作業に集中できるようになったので、地味で大変な作業ですが、本当にやって良かったと思います。

今回は配線整理のことをメインに紹介しましたが、別の記事ではデスク環境についても紹介しているので、ぜひ読んでみてください。


▼ この記事に関連する便利グッズ


それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!

コメント

コメントする

目次