配線を全てデスク下に収納した話。見え隠れするケーブルにさよなら。

 

部屋はキレイに越したことないし、デスク周りもスッキリしている方が気持ちいい。

ということで先日、長い間「見て見ぬフリ」してきた『デスク周りのケーブル配線』にようやく手をつけた。

 

実際に手をつけ始めて感じたのが「こんなデスク環境にしよう」という完成形をイメージするのが難しいということ。

これは良い!と思えるデスク環境があっても、特に私みたいなサラリーマンの働き方に合ったデスク環境となるとなかなか見つからない。

ということは「リモートワークで働く会社員のデスク環境も誰かの参考になるかな?」と思ったので、今回は私のケーブルの配線収納を紹介します。

 

ケーブル配線を収納する理由

  • 自分が気持ち良いと思える環境で作業したかった
  • 個人用・会社用で2台のPCがあると机の上が狭い
  • 必要ないケーブルが出てると集中力が途切れる

 

リモートワークが進んで、自分のデスク環境を見直している人も多いと思うので、今回紹介したことが1つでも参考になれば嬉しいです。

それでは、さっそく始めます。

 

リモートワークあるある『デスク周りの配線問題』に手をつける

まずは今の自分のデスクを振り返って、ケーブルの配線周りを中心に直したいところを整理しました。

まずは、デスク環境で1番手つかずだった「ケーブルの配線」問題。

作業してる時、ちょっと見えるケーブルが気になって、目の前のことへの集中力を削がれた経験は1度や2度ではありません。

 

自由奔放なケーブル類。。。

 

数えてみたら、デスクの上にある「ケーブル発生源」はかなり多かった。

これではケーブルが気になるのも無理ないと思えるその数、、、なんと7つ!!!

 

デスク周りにあるケーブル発生源

  • ノートPC × 2台
  • キーボード
  • スマホの充電スタンド
  • 外部ディスプレイ
  • USB切替器
  • 電源タップ

 

そして、在宅勤務のサラリーマンあるある「机の上に端末多すぎ」問題。

在宅勤務をしている人は会社貸与のPCを家で使っていると思いますが、そうすると自分が持っている個人PCやスマホ、マウス・キーボードなどの端末が机の上に散乱しがち。

 

これはだいぶ整理してるけど、、、iPadが置けない

 

会社用・個人用で2台のPCを机の上に置くので、他のモノが置けなくなるんですよね。

仕事中にちょっと個人用のPCを使うためにパソコンの位置を変え、ケーブルを差し替え、、、なんて面倒なので両方置いておくと、13インチのPCでもかなりの面積を占有してしまう。

私はブログで紹介するモノをデスク上で撮影するので、その面でも机の上にスペースを確保したいと考えました。

 

「配線」を考える前に理想のモノ「配置」を決める

今回は単純に出ているケーブルを整理するだけではなく、デスク全体の「モノの配置」も見直すことにしました。

 

ケーブル配線で意識したいこと

  • 机の上からも下からも極力ケーブルが見えない状態にしたい
  • 個人用・会社用のPC2台を1ヶ所にまとめたい
  • ブログの物撮り用のスペースを確保したい

 

目指したのは『デスクを近くで見ても、遠くから見ても、ケーブルがほとんど見えない』状態。

デスクの下にケーブルがブラブラ、、、なんてことは当然ないし、デスクの上を見ても必要最小限しか見えない状態を目指しました。

また、デスクの上の大半を占領してしまっている会社用&個人用のPCを片付けて、ブログで紹介するアイテムを物撮りしたり、自由に使えるスペースを確保します。

 

やることは多いですが、せっかく重い腰をあげたので、やりたかったことは全部詰め込むことにしました。

 

理想のデスク配線を実現するために購入した収納アイテム

アイテム全てに電源を供給するためのアイテムは揃ってたので、理想のデスクを実現するのに必要なのは「ケーブルを整理するための収納アイテムだけ」でした。

これに対して、私が購入した少数精鋭の全3アイテムがこちら。

 

配線収納のために用意したモノ

  • シグヌム(ケーブルラック)
  • 両面テープ
  • 結束バンド

 

ケーブルラックは元々あったんですが、今回の配線整理を機に使い方を見直したので、改めて紹介しています。

両面テープと結束バンドは整理整頓の代名詞みたいなアイテムですが、多くの人が使う理由がよく分かる便利さでした。

 

準備が揃ったら、実際にケーブル配線を見直す

目的はケーブル整理ですが、本質的には「整理整頓」と同じ。

大きいモノから順番に片付けていきました。

 

ケーブルを抜いた状態で机の上にモノを配置

最初はケーブルは気にせず、今あるモノを置きたいところに配置することから始めました。

まずはデスクの右側に会社用・個人用のノートPCを重ねて置きます。

 

2台とも黒の筐体で違和感なく置けた

 

2台とも「thinkpad」ということもあって排熱口が似た箇所(本体横)についていたので、排熱の口が干渉し合うことはなさそうです。

使ってるうちに問題が起きるようだったら、2台を離して立てかけられるようなPCスタンドを購入するかもしれませんが、会社用PCはリモートワーク用の端末でクラムシェルモードのような設定がロックされているので、できればこのまま平置きしたいですね。

 

そして、デスクの左側はフリースペースとして、何も置かないようにしました。

平日は仕事中にiPadを置いたりしますが、1番はカメラの物撮りスペースにしたかったので、日光が入るように窓までに何もモノを置かないことを意識しました。

 

被写体から窓まで何もないこのポジションがベスト

 

あとは真ん中に普段使うマウスとキーボードをセットしたら完了です。

 

まずは理想のモノの配置が決まった

 

ACアダプターはデスク下の「シグヌム」に全て収納

ここが問題の「ケーブル配線」で1番重要なポイントでした。

『ケーブルは極力見えない状態にする』のが今回のテーマなので、ケーブルは配置した場所から最短でデスク下に隠します。

ここで活躍したのが、IKEAで購入したケーブルラック「シグヌム」でした。

 

デスク下で全てを支える「スッキリ環境」の相棒

 

ケーブルだけじゃなく、ACアダプターもデスクの上にも床にも置きたくなかったので、カゴのような形をしたシグヌムはまさに必要十分なアイテムでした。

デスクで使っていたガジェット全てのケーブル・ACアダプターを収納することができました。

 

 

長さが余ったケーブルはシグヌムのサイドの溝に挟むようにしまいつつ、マジックテープが付属しているものはまとめています。(多分、これがシグヌムのベストな使い方だと思う)

これでケーブル類は全てデスク下に収納することができました。

 

電源タップはデスク裏に「両面テープ」で固定

電源タップもACアダプターと同じようにケーブルラック(シグヌム)に収納しようと思ったんですが、ラック内がかなり窮屈になるし、今後のメンテナンスが面倒になりそうだったので、両面テープを使ってデスクの裏にくっつけることにしました。

 

見た目的にもこの方が整理されてる感があるw

 

この両面テープはDAISOで購入したんですが、テープ自体にしっかりした厚みがあって安心してくっつけることができました。

今後、ケーブルラックに乗らないサイズのACアダプターを使うことがあったとしても、電源タップと同じようにデスク裏につけるのに使えそうです。

 

100均とは思えないクオリティに感謝

 

長さが余ったケーブルは「結束バンド」でまとめる

上で紹介したケーブルラック&電源タップの収納で、ケーブルはほとんど見えない状態になりましたが、チラ見えするものが数本ありました。

これを結束バンド(or マジックテープ)でまとめていきます。

 

ケーブルを束にしてまとめたり

 

ケーブルを机の脚に沿うように固定したり

 

これは全てシグヌムと一緒に購入した、IKEAのケーブルマネジメントツールです。

今回は使いませんでしたが、壁やデスク裏にケーブルを這わせるアイテムや、ケーブルまとめのやり直しがきくマジックテープも同梱されているので、これからの状況の変化に合わせてケーブル整理ができそうです。

 

これ1つあれば大概の状況に合わせられそう

 

この結束バンドを使った「ケーブルまとめ」はやらなくてもある程度、キレイな状態になると思います。

今回ここまでやったのは、単純にシンプルな環境の方が使ってて気持ち良いというのもありますし、やる・やらないでは最終的なデスク環境の快適さが変わると思ったからです。

「神は細部に宿る」という言葉もありますが、実際やってみて最終的な仕上がりがかなり変わったので、せっかくやるなら「まとめ作業」までやることをオススメします。

 

デスク上に残ったケーブルはこれだけ(充電器・USB切替器)

今まではノートPCの空きUSBポートに直接充電ケーブルやらキーボードのケーブルを差していましたが、せっかくデスクの上からケーブルを消したので、ここにもひと手間。

これに一役買ってくれてるのが「充電スタンド」と「USB切替器」です。

 

 

急速充電したいことが多いスマホは、Belkinのワイヤレス充電スタンドの上に置いています。

ケーブルはノートPCには差さず、デスク裏に貼り付けた電源タップから直接給電することでデスク上にケーブルを出さずに済みました。

 

また『複数PCで同じキーボードを使いたい人に!在宅勤務の便利アイテム『USB切替器』導入』で紹介したUSB切替器がここでも活躍。

会社用・個人用のPCへのUSB接続をボタン1つで切り替えるための秘密兵器として購入しましたが、ここからキーボードに給電しつつ、ノートPCの切り替えもスイッチ1つで済んでます。

 

ポートは4口あるので色々と充電できる(急速充電は不可)

 

愛用のHHKBもここから給電して使ってます

 

近いところに充電できるポートがあるのは、かなり便利

 

USB切替器にはUSB Type-Aポートが合計4つあるので、臨時で充電したいもの(AirPodsやカメラ)はここで充電することもありますが、急速充電には対応していないので、しばらく使わない時に差しっぱなしにしています。

机の上に充電用のポートを確保しておけるのはかなり便利なのでオススメです。

今はありませんが、この充電環境は「コンセント口」がないので、デスク周りにコンセントが必要になったらまた色々考えたいなと思います。

 

最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

 

この記事では、サラリーマンの私が会社用・個人用の2台のPCをスッキリ使い分けるための『ケーブル配線の整理』について紹介しました。

ケーブルがチラつく環境とはこれでお別れ!

これからはスッキリした環境で、目の前の作業に集中することができるので、やって良かったと思います。

 

最後に、今回の整理で使ったアイテムを一挙に紹介しておきます。

気になったアイテムが1つでもあれば、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

 

▼ケーブルラック(シグヌム)

▼ケーブルマネジメントセット(FIXA)

▼両面テープ(しっかりしたものが欲しいなら3Mが安心だと思います)

 

それでは!


Sponsored Link

関連記事



新着記事- NEWPOST -



カテゴリ- CATEGORY -



記事を探す- SEARCH -


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.