PCデスク周りの配線整理|ケーブルを天板裏にすっきり収納する3つのポイント


どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ( ichi_MILIBLO)です。

在宅ワークをキッカケに自宅デスクを快適な環境にしようと色々なアイテムを購入してきました。

外部モニター、デスクライト、電動昇降デスク。

こんな風にデスク周りにものが増えるたび、悩みの種になるのがデスク周りのケーブル配線問題

見て見ぬふりをしてきたものの我慢の限界を迎え、思い切ってイチから整理し直しました。

ということで、この記事では私が実践した PCデスク周りの配線整理のポイントを紹介します。


ちなみにデスク下の Before / After はこんな感じ。

ケーブル配線を整理する前のデスク下
作業前のデスク下
ケーブル配線を整理した後のデスク下
作業後のデスク下

どれも簡単な作業なので1つでも実践して仕事に集中できるすっきりデスク環境を手に入れてみてください。

Sponsored Link

デスク周りの配線を整理するポイント

まずはデスク周りの配線をすっきり見せるための3つのポイントを紹介します。

配線整理で大切な3つのポイント

  • 使わないものは「隠す」
  • 収納するものは一ヵ所に「集める」
  • 同じものは「まとめる(束ねる)


もう本当にこれだけ。

実際にやってみて ” ケーブル配線の整理って大変というより面倒だな ” という感想です。

難しいことをやる必要はなく、細かい作業をどこまで時間をかけてやれるかに尽きます。

これから紹介する3つポイントは可能な限り「手抜き」できるように考えたものの、正直いえば面倒な細かい作業もあります。そこは

" ケーブルだらけのデスクはもう嫌だ "

この気持ちを支えになんとか頑張ってみてほしいです。笑


実際にデスク周りの配線を整理していく

ここからは実際に上で紹介した配線整理のポイント(隠す集めるまとめる)を意識して配線を整理していきます。

ちなみに整理を始める前に " こんな感じにしたい " という理想のデスク周りを、ブログやインスタの画像でイメージしてから作業を始めるとスムーズに進みます。

私のデスク環境

最終ゴールが思い浮かんでいるだけで余計な作業が減りますし、やる気もちょっとだけ沸くのでおすすめです。笑


電源タップやACアダプタをデスク天板裏に隠す

普段触ることはないけど、デスクになんとなく置いているものってありませんか?

デスク周りをスッキリ見せる1番効果的な方法は、触らないものをデスクの上から隠してしまうことです。

私が天板裏に隠したモノ

  • 電源タップ
  • ACアダプタ
  • 充電器
  • ノートPC
  • USBやHDMIのケーブル


私はこれらのものを「ケーブルラック(オーガナイザー)」の上に乗せて、全て天板裏に隠しています。

IKEAで購入したケーブルオーガナイザー|シグヌム

これは IKEAで購入した「シグヌム」という天板にネジで固定して使うタイプのケーブルラック。

台に乗せるだけという収納の手軽さと、3,000円を切るコスパの良さに惹かれて選びました。


こういうタイプのケーブルオーガナイザーは収納スペースが台の上だけ。多くのものは乗らないので注意が必要です。
ちなみに私がシグヌムに乗せているものはこちら。

  • ACアダプタ ×1
  • 充電器 ×1
  • アダプタなどのケーブル ×3

乗せるモノが多すぎると整理しにくくなるので気を付けてください。


天板裏のケーブル類をラックの中に収納する

普段使わないものを天板裏に移動したあとは、ケーブルラックの周りを整理していきます。

ラックの上は場所が限られているので、ケーブル類はまとめておいた方があとで別のものを乗せたくなったときの整理が楽です。

ケーブルはラックの端のすき間を通したり
近くにあるケーブルは結束バンドで束ねたり

こうすることで、ケーブルラックの上だけでも十分にものを置くことができます。

ケーブル配線を整理した後のデスク下


” モノが多すぎてラックの上に置ききれない! ”

そんな時は「USB付きの電源タップ」に変えてみると、もしかしたらすんなり収まるかもしれません。

AnkerのUSB付き電源タップ|PowerPort Strip PD3

私は Anker のUSB付き電源タップ PowerPort Strip PD3 を使っています。

この電源タップはコンセント3つの他に最大30W出力のUSB-Cポート最大12W出力のUSB-Aポートを搭載したもの。

USBポートがあると直接USBケーブルを挿せるのでACアダプタや充電器が不要ですし、コンセントも3つと十分な数があるのでおすすめの電源タップです。

PowerPort Strip PD3のレビュー記事はこちら


それでもケーブルラックに入りきらない時は、電源タップをケーブルトレーの上ではなくデスク天板裏に強力両面テープで固定するとスペースが作れます。

電源タップの裏面に両面テープ加工
電源タップの裏に両面テープを貼る
天板裏に貼り付けた電源タップ
あとは天板裏に貼りつけるだけ

デスク天板のようにテープが貼りにくい素材に貼りつけるときは「3M」のようなしっかりしたブランドのものを使うのがおすすめ。

細かい凹凸がある素材は100均の両面テープだとはがれてくることもあるので注意してください。


垂れたケーブル類をまとめる

最後の仕上げとして、デスクの上やデスク下からチラチラ見えているケーブル類を「結束バンド」や「テープ」でまとめていきます。

正直、最後の工程はかなり細かい作業です。

ただ「神は細部に宿る」という言葉もある通り、こういう細かな整理がどこまでやれているかでデスク周りの印象はかなり変わります。

例えば、ここ。

デスク天板裏の電源タップ(ケーブル整理前)
Before
デスク天板裏の電源タップ(ケーブル整理後)
After


これは電源タップに挿すケーブルの向きをL字のアダプタを使って変えただけですが、デスク下の印象が結構変わりませんか?

こうやって自分の気になるところをなるべくケーブルトレーの上などにまとめるとスッキリ見えます。
ちなみに私が使っているL字アダプタはこれ。


デスク周りのアイテムを頻繁に入れ替える人は、ケーブルの配線整理にマジックテープを使うとケーブルの分解が楽です。

逆にアイテムの入れ替えが少ない人は結束バンドでまとめる方がすっきりして見えるのでおすすめ。

ケーブルを結束バンドでまとめる
デスク下のケーブルを結束バンドでまとめる
ケーブル配線をデスク天板裏に固定する
ケーブルをデスク脚に固定

場所に応じてケーブルを束ねるのに適したアイテムは違うので、最初はケーブル配線整理キットを用意すると楽。

私は IKEA のケーブルマネジメントツールを選びました。

IKEAのケーブル配線整理キット

結束バンドやマジックテープといった定番アイテムの他に配線整理に役立つアイテムが多く入っているので、ガンガン使ってもなくなる心配がないのが良いところです。


番外編:ノートPCを天板裏に隠す

ここはデスク周りの配線整理の番外編です。

私はノートPCも天板裏に隠したんですが、これが割と大変だった分だけ完成した後の満足感も大きかったので紹介します。

デスク天板裏に設置したノートPC

私は在宅勤務が多いので会社ノートPCと個人ノートPCの2台を使っていて、以前は2台とも PCスタンド に立てかけていました。

ところがテレビ会議なんかで会社ノートPCを開くこともあったので個人PCは天板裏に隠すことにしました。

PCスタンドに縦置きした2台のノートPC
ノートPC2台置きはノートPCが取り出しにくい
PCスタンドに縦置きしたMacbookとiPad
1台を天板裏に隠すことで取り出しやすい

完全に素人DIYですが、100均で購入したアイアンをネジで天板裏に打ちつけて棚を作りました。

100均で購入したアイアン材
100均でアイアンフレームやねじを購入
デスク天板裏に設置したアイアン材
アイアンを天板裏にドリルで固定

ケーブルトレーもそうですが、デスク周りのアイテムを組み立てるのに電動ドリルは必須アイテムです。

私は IKEAで購入した電動ドリルを使いましたが、これはドリル部分が短い(本体とネジの距離が近すぎる)ので取り付けるものによっては斜めに固定するしかなくなります。

IKEAの電動ドリル
実際に使ったIKEAの電動ドリル
デスク天板裏に設置したアイアン材
ドリルと本体が近いとこういう失敗が起こりやすい。

下のようにドリルを延長できるアダプタが付いているタイプ方が使いやすいと思うので、これから電動ドリルを購入する人にはこちらをオススメします。

私はこれに買い換えました。


デスク周りの印象をスッキリ感じさせる上で「デスク上のモノの量」はかなりの重要なポイント。

ACアダプタなどデスク上には必要のないものを隠すところ(上で紹介した 普段から触らないものは隠す )だけでも始めてみてください。


デスク周りの配線整理 まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では私がデスク周りで実践しているケーブル配線整理のコツを紹介しました。

配線整理で大切な3つのポイント

  • 使わないものは「隠す」
  • 収納するものは一ヵ所に「集める」
  • 同じものは「まとめる(束ねる)


ケーブル配線を整理する前は仕事中に ” あ、ケーブルがはみ出してる ” と余計なことが考えてしまうことがありました。

そういう「気になり」が集中力が途切れる原因になってましたが、ケーブル配線を整理してからは目の前の作業に集中できるようになったと感じます。

今回は配線整理のコツを紹介しましたが、他の記事ではデスク周りをすっきり見せるアイテムも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

USB接続機器をワンタッチで切り替える「USB切替器」の紹介はこちら

続きを見る

私のデスク環境(デスクツアー)はこちら

続きを見る


それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。