PCデスク周りの配線整理|ケーブル類をすっきり見せるためのコツ


在宅勤務(テレワーク)がメインの働き方になって数年が経ち、デスクの周りに色々なガジェットを置くようになりました。

「大画面で作業したいから外部モニターを置こう。」
「部屋が暗いからデスクライトを置こう。」
「座りっぱなしは止めて電動昇降デスクにしよう。」


あなたもこんな風にデスクの上に「PC以外のモノ」を置いています、、、よね?笑


デスク周りにモノが増えるほど、デスクの下にはケーブルが増えていきます。

そんなケーブルまみれの汚デスクから卒業して、スッキリしたデスク環境で作業するために積年の「ケーブル配線問題」に手をつけました。

この記事では、私が実際に自分のデスク周りで気を付けている「ケーブル配線整理のコツ」を紹介します。


配線整理で大切な3つのポイント

まずは私がデスク周りをスッキリ見せるために気を付けている「3つのポイント」について紹介します。


配線整理で大切な「3つのポイント」

  • 普段から触らないものは「隠す」
  • 大きなものは一ヵ所に「集める」
  • 同じものは「まとめる」


もう本当にこれだけです。

個人的には、ケーブル配線の整理って「大変」というより「面倒」という意識のほうが強い気がします。

正直、私は細かい作業が好きではないんですが、実際に配線整理を始めると「細かい作業をどこまでやり切れるか?」でデスク環境の見え方は変わってくるのを実感しました。


これから紹介するコツは基本的にはシンプルなことですが、中には細かい作業もあります。

そこは「ケーブルが垂れてごちゃごちゃしたデスクで作業するのは嫌だ!」という気持ちを支えになんとかやれるものに絞っているので、ぜひ参考にしてみてください。


実際にデスク周りのケーブルを整理した

ケーブル配線の整理に入る前に、まずはケーブル配線を整理する前のデスク周りをお見せします。


ケーブル配線を整理する前のデスク下
作業前のデスク下はケーブルでひどい状態


デスク周りで大きなアイテムを買うと、電源タップまでケーブルを伸ばしたり、他ガジェットのACアダプタが邪魔になったりしてデスク下がぐちゃぐちゃになることってよくありますよね。。。

このケーブルたちを上で紹介した「配線整理で大切な3つのポイント(隠す・集める・まとめる)」に沿って整理していきます。


STEP1:普段から触らないものは「隠す」

普段触ることはないけど、なんとなくデスク上に置いてしまっているものってありませんか?


例えば「ACアダプタ」とかって個人的にはデスク上に要らないものNo.1だと思うし、外部モニターを使っていればノートPCも閉じっぱなしで触らない、という人もいると思います。

デスク周りをスッキリ見せる1番のコツはこういう「普段は触らないもの」をデスクの上から隠してしまうことです。


こんなデスクだったら、どんな人が見ても「スッキリしてるな」って印象を抱きますよね?

  • 浮いたように見えるディスプレイ
  • 必要なものだけが置かれたデスク上
  • 他には何もモノがない
スッキリしたデスク環境
デスク上に「必要なものだけ置く」のが1番のコツ


まだまだ私のデスク環境も理想には遠いですが、極力「普段使わないもの」はデスク上から隠すようにしています。

ちなみに私がデスク上に置かないと決めた(=天板裏に隠した)ものがこちらです。


私が天板裏に隠したモノ

  • ACアダプタ
  • 電源タップ
  • ノートPC
  • USBやHDMIのケーブル


こうやってまずは「デスク上に置かないもの」を決めるのが大切です。

次では「デスク上に置かないと決めたものをどう隠すか?」について紹介していきます。


STEP2:大きなものは一ヵ所に「集める」

デスクの上に置かないものは「デスクの横」か「デスクの下」に収納することになります。

デスク横にセンス良く「見せる収納」として整理している人もいますが、私はそういうセンスが全くないので「デスクの下」に集めています。


デスクの上にモノが少なくてもデスク周りも含めて「スッキリ感」がないとあんまり意味がないので、見せる収納に自信のない人は私のように「デスクの下」に隠したいものを集めてしまうのがオススメです。

私はACアダプタ・USBやHDMIケーブルを「IKEA」のケーブルオーガナイザー『シグヌム』の上に乗せています。


ケーブル配線を整理した後のデスク下
ケーブルトレーに載せるだけで違いますよね


これは天板にネジで固定するタイプのもので他にもデスク天板に挟むタイプ、台の部分がネットになっているタイプなど色々あります。

私は「台に乗せるだけで良い」という収納の手軽さと、3,000円を切るコスパの良さに惹かれてこのケーブルトレーを選びました。



ただ、このケーブルトレーは収納スペースが「台の上」だけになるので多くのものを載せるのは向きません。

ちなみに私が「シグヌム」に載せているモノはこちらで、これくらいがごちゃごちゃしない限界だと思います。

  • ACアダプタ ×2個
  • USBとHDMIのケーブル ×1本ずつ
  • 電動昇降デスクのケーブル ×1本


以前はこのケーブルトレーの上に「電源タップ」も置いていたんですが、トレーの上がパンパンになってしまったので天板裏に強力両面テープで固定するようにしました。


電源タップの裏面に両面テープ加工
電源タップの裏に両面テープを貼る
天板裏に貼り付けた電源タップ
あとは天板裏に貼りつけるだけ


私が使っている電源タップはAnkerの『PowerPort Strip PD3』というものでコンセントの他に「30W出力のUSB-Cポート」も搭載されています。

このUSB-CポートからノートPCを充電できるおかげで「ADアダプタ」が1つ不要になったし、コンセントも十分な数(3つ)付いているので、これ1つでデスク周りのアイテムを全て充電できるようになりました。

個人的にはかなりオススメです。



『PowerPort Strip PD3』 はサイズ的にもコンパクトなので100均で購入した強力両面テープを使っていますが、電源タップが大きくて落ちるのが心配という場合は「3M」のようなしっかりしたブランドのものを使った方が良いと思います。

特に天板が木材で凹凸があるなどテープが貼りにくい素材の場合はしっかりしたものを使うことをオススメします。



ACアダプタや電源タップを天板裏に収納するのは「ケーブルトレーに載せるだけ」だったので楽でしたが、私は「ノートPC」も天板裏に隠しています。

これが割と大変だったんですが、その分だけ完成した後の満足感も大きかったので紹介します。


デスク天板裏に設置したノートPC
天板裏にノートPC用の台をDIY


私は在宅勤務が多いので会社貸与のノートPCもデスク上に置いていて、今回デスク下に収納したのは「外部モニターに繋ぎっぱなしで外に持ち出すこともない」個人用のノートPCです。

以前は2台ともPCスタンドに立てかけていたんですが、テレビ会議では会社用PCを開くこともあったので、取る時に邪魔な個人PCはデスク下に移動しました。


PCスタンドに縦置きした2台のノートPC
個人用PCがあると会社用PCが取りにくい


PCスタンドを導入する前は2台のノードPCを平積みしていたので、それに比べればだいぶ改善されたんですが「やはり触らないものはデスク上から無くしてしまおう」ということで天板裏に隠しています。

これは完全に素人DIYなんですが、100均で購入したアイアンをネジで天板裏に打ちつけて棚を作りました。


100均で購入したアイアン材
全てアイテムは100均で購入
デスク天板裏に設置したアイアン材
アイアンを天板にドリルで固定


ちなみに、シグヌム(ケーブルトレー)も同じですがデスク周りのアイテムを組み立てるときは「電動ドリル」が必須アイテムです。

特に私がやっているような「天板にネジで固定して使うアイテム」をDIYするときにネジを手回しするのはかなりの力仕事になるし非効率なので、安くて低パワーなもので良いから用意しておくことをお勧めします。


私は「IKEA」で購入した電動ドリルを使っていますが、これはドリル部分が短くて本体とネジの距離が近すぎるので取り付けるものによっては斜めに固定するしかなくなります。


IKEAの電動ドリル
私が愛用するIKEAの電動ドリル
デスク天板裏に設置したアイアン材
ドリルと本体が近いから斜めに打ち込むこともあり、失敗するとこうなる。


下のようにドリルを延長できるアダプタが付いているタイプ方が使いやすいと思うので、これから電動ドリルを購入する人にはこちらをオススメします。(私はこれに買い換える予定です)



デスク周りの印象をスッキリ感じさせる上で「デスク上のモノの量が多いか少ないか?」はかなりの重要なポイントになるので、普段触らないものは極力デスクの上から隠してしまうのが1番です。

ノートPCはともかく、ACアダプタは確実に触る必要のないものだと思うので、まずは「ケーブルトレー」の導入だけでも始めてみることをオススメします。


STEP3:同じものは「まとめる」

最後の仕上げとして、デスクの上やデスク下からチラチラ見えているケーブル類を「結束バンド」や「テープ」でまとめていきます。


上で紹介した「STEP1:普段から触らないものは隠す」「STEP2:大きなものは一か所に集める」を実践するとデスク上の変化も大きいので、やっていて達成感を感じやすいんじゃないかと思いますが、最後に紹介する 「STEP3:同じものはまとめる」は細かい作業です。

ただ、「神は細部に宿る」という言葉もある通り、こういう細かな整理がどこまでやれているかでデスク周りの印象はかなり変わります。

例えば、ここ。

デスク天板裏の電源タップ(ケーブル整理前)
Before
デスク天板裏の電源タップ(ケーブル整理後)
After


これは電源タップに挿すケーブルの向きをL字のアダプタを使って変えただけですが、垂れているケーブルを台の中にしまうことでデスク下の印象が結構変わると思いませんか?

こうやって自分の気になるところをなるべくケーブルトレーの上などにまとめるとスッキリ見えます。

▼ちなみに使ったL字アダプタはこれです


私はデスク周りのアイテムの位置を頻繁に入れ替えるので、ケーブルの配線整理には「マジックテープ」を使うことが多いですが、アイテムの入れ替えが少ない人は結束バンドなどでまとめるのが簡単だと思います。


ケーブルを結束バンドでまとめる
デスク下のケーブルを結束バンドでまとめる
ケーブル配線をデスク天板裏に固定する
ケーブルをデスク脚に固定


ただ、結束バンドだとケーブル同士をまとめることはできても、デスク脚などに固定することができないので注意が必要です。

場所に応じて必要なアイテムは変わってきますが、別々で揃えようとすると「何を買えばいいか分からない」という風になると思うので、最初はケーブル配線整理のアイテムがセットになったものを探すのがオススメです。

私は「IKEA」のケーブルマネジメントツールを使っています。


IKEAのケーブル配線整理キット
私が使っているケーブル配線整理キット


「結束バンド」や「マジックテープ」の他にもケーブル固定アイテムが割と多めに入っているので、デスク周りでガンガン使ってもなくなる心配がなくてオススメです。


デスク周りの配線整理【まとめ】

今回の記事はここまでです。

この記事では、そんな私の「ケーブル配線整理のコツ」と「使っているアイテム」について紹介しました。


配線整理で大切な「3つのポイント」

  • 普段から触らないものは「隠す」
  • 大きなものは一か所に「集める」
  • 同じものは「まとめる」


ケーブル配線を整理する前は、作業中に「あ、ここのケーブルぐちゃぐちゃになってる」とか余計なことが一瞬よぎることがありました。

自分にとってはそれが割とストレスというか集中力が途切れる原因にもなっていたようで、ケーブル配線を整理してからは集中力が少しだけ途切れにくくなったように感じます。


今回紹介したアイテムはどれも数百円~数千円で買えるアイテムなので、それで作業中のストレスが減るなら個人的にはコスパ的にも良い買い物になりました。

スッキリした環境で作業するとテンションも違うので、これからも自分にとって快適に感じるデスク環境を作っていくつもりです。


今は在宅勤務が増えている人もいると思うので、この機会に自分の家を1番集中できる環境に変えてみるのはいかがでしょうか?

それでは!


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.