『iPad Air(第4世代)』レビュー|在宅ワークでの効率的な利用方法を考えてみた。

 

昔はパソコンでしか出来なかったようなことが、今は当たり前のようにスマホで出来る。

 

ブログ=パソコン作業だと考えていたけど、実際は「単純な作業」や「高スペックを必要としない作業」が多いし、パソコン以外のモノに置き換えられるんじゃないか?

例えば、iPadとか。

 

この記事では、そんなことをずっとモヤモヤ考えていた私が実際に「iPad」を購入した理由、使ってみた感想について紹介します。

 

「ipad」の良かった点

  • 持ち運びが楽で、どこでも作業着手しやすい
  • iPhoneと併用することでスキマ時間が有効活用できる
  • クリエイティブな作業に対する可能性を広げるキッカケになる

 

「ipad」のあと1歩な点

  • ノートPCから完全移行するには運用変更が多い

 

「iPadはパソコンの代わりになるのか?」という疑問、私の場合は「代わりになる(ノートPCでやっていたことが全てiPadで出来る)」ことが分かりました。

とは言うものの、iPadにはiPadの良さ、ノートPCにはノートPCの良さがあるので、これからもノートPCは捨てないと思います。

 

なぜこういう結論になったのかも含めて、この記事が「実際、iPadで作業するってどうなの?」と考えている人が「iPadのある暮らし」を始める参考になれば嬉しいです。

それでは、さっそく始めます。

 

より気軽でより身軽。持ち運びできる私の作業環境

これが私の「iPad環境」です。

「より気軽に、より身軽に」をコンセプトに必要最小限のモノだけを購入しました。

 

この記事の主役:iPad Air4

 

パソコンのように使うなら必須:Smart Keyboard Folio

 

ペーパーレス化の最終兵器:Apple Pencil(第2世代)

 

iPad air4を購入した理由

私がiPad air4を購入した理由は3つです。

 

「iPad air4」を購入した理由

  • 持ち運びやすいデバイスが欲しかった
  • よりクリエイティブな作業に挑戦したかった
  • ペーパーレスな仕事環境にしたかった

 

キッカケは「もっと時間を作りたいと思った」こと。

 

ちょっとした旅行先でも作業したいものの、いざ準備するとノートPCはなかなか持って行きにくい。。。

そして、子供が生まれてからはスキマ時間でノートPCを開くのはちょっと腰が重いし、近くで使うにはタイプ音がちょっと気になってしまう。。。

 

ということで、『持ち運びやすくて、もっと気軽に使えるデバイスが欲しくなった』というのが最大の理由です。

 

より気軽に作業を始められたり、より身軽に作業環境を持ち歩けることは「生産性」に直結すると思います。

この投資が少しでも生産性にプラスになればと、思い切って購入を決めました。

 

今までノートPCでも高負荷な作業はしていなかったので、パフォーマンスはそんなに高いモノは不要ありませんでした。

この「ipad air4」は、airの名に相応しい軽さ、USB-TypeC搭載による拡張性、Apple Pencil(第2世代)も使える利便性があって、かなりコスパが良いと感じて選びました。

 

iPad air4を使ってみた感想

一言で言えば、近未来のパソコンを手に入れた感じ。

ガラケーを卒業して、初めて「iPhone」を触ったときの感覚に似てました。

 

まだ操作に慣れていない部分もありますが、購入から約1ヶ月触ってみた感想を紹介します。

 

圧倒的な身軽さ。持ち運びの気軽さが最大の魅力。

パソコンというより、ノートを持ち運んでいる感覚。

 

重さは驚異の458g。

 

今まででは考えられない軽さで、どこにでも気軽に持ち運ぶことができます。

自分の部屋はもちろん、リビング、ソファ、どこにでも気軽に持ち運べることで、かなり身軽になったのを感じます。

 

Touch IDの精度はかなり高いので、ボタンを押したらログインしてる感じです。

作業を始めるまでの時間が短いことは、作業着手の精神的なハードルをかなり下げてくれるんだと感じました。

 

押した瞬間、ログイン。そんな感じ。

 

ちょっと作業したい、、、そんな時にiPadは最高の相棒になってくれます。

 

iPhoneとのデータ同期でスキマ時間を最大限活用できる。

私が使っているノートPCが「Windows」ということもありますが、iPhoneとiPadで「データが同期できる快適さ」は、1度味わったら元には戻れない魅力です。

 

今更ですが、Airdrop最高。

 

軽くて使いやすいiPadですが、それすら開けない状況はあります。

  • 電車の中
  • トイレの中
  • 布団の中

 

そんな時でも、iPhoneでちょこちょこっと作業できますし、それをiPadにもすぐ同期できるので、続きの作業をiPadで始めるのも簡単です。

今まで以上にスキマ時間を有効活用することができるので、かなり助かります。

 

直感的な作業の幅(可能性)が広がる。

私は今までカメラで撮った画像の現像(加工)はiPhoneやノートPCの画像アプリでやっていましたが、iPadだと細かい調整がかなりやりやすいのを感じました。

 

「ほんの少し」が調整しやすい

 

まだまだこれからですが「Apple pencil」を使うことで、パソコンだけでは出来ない「書く」に対する可能性も感じているので、画像デザインなどの方面にも自分の可能性があるか、これから挑戦してみたいと思っています。

 

でも、、、パソコンの代わりにはならない。

iPadは限りなくパソコンに近い使い方はできるし、私の場合はパソコン作業を全てiPadに置き換えられましたが、ノートPCを捨てるのは「まだ早い」と感じました。

今時点で私が使っているノートPCの方が使いやすいなと感じたところを挙げてみます。

 

「ノートPC」の方が優れていると感じたところ

  • 外部機器(モニターなど)と接続しやすい
  • 細かい作業がしやすい
  • 誤操作が起きにくい

 

画面をタッチする操作が増えるので、細かい作業がしにくかったり、誤操作が出てしまうのも気になりますが、慣れの問題もあると思うので、そこは大した問題ではありません。

でも、外部接続用のポートが「USB-TypeC 1つしかない」のはちょっと困りました。

 

長時間の作業する時は、外部モニターに接続して本腰を入れて作業したいんですが、そのためには「拡張用のUSBハブ」を購入する必要があります。

また、iPadは外部モニターに接続するとアスペクト比が違うからか、全画面表示ができません。

これはアプリを使えば解決するみたいなんですが、iPadをノートPCに切り替えるために必要な運用変更が多いのはネックだなと感じました。

 

ちなみに、これは「私の場合は」なので、最初からMacBookを使っている人や、外部モニターに接続する必要性がない人はデメリットにはならないと思います。

 

最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、私がiPadを購入した理由や感想を紹介しました。

 

「ipad」の良かった点

  • 持ち運びが楽で、どこでも作業着手しやすい
  • iPhoneと併用することでスキマ時間が有効活用できる
  • クリエイティブな作業に対する可能性を広げるキッカケになる

 

「ipad」のあと1歩な点

  • ノートPCから完全移行するには運用変更が多い

 

iPadを購入したことで、1番求めていた「気軽で、身軽な作業環境」を手に入れることはできました。

ただ、iPadのコンパクトさが仇になって、広い作業画面が失われてしまうこともあるので、これまで通り、ノートPCを使った広い作業環境も状況に応じて使い分けていこうと思います。

快適なリモートワークのために作ったデスク環境を紹介【2020年版】

続きを見る

 

今は必要最低限の装備を整えたかなという状況なので、自分の暮らしに合わせたカスタマイズを研究していくつもりです。

これから初めてiPadを購入するという人にも、下の3つは最初に揃えておくと「iPadのある暮らし」を楽しめると思うので、参考にしてみてください。

 

▼iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ (第4世代)

 

▼iPad Air(第4世代)用Smart Keyboard Folio - 日本語

 

▼Apple Pencil(第2世代)

 

それでは!


Sponsored Link

関連記事



新着記事- NEWPOST -



カテゴリ- CATEGORY -



記事を探す- SEARCH -


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.