メニュー
イチ
2016年にテレワーク中心の働き方へシフトしたIT企業の会社員。
在宅勤務で働く傍ら、デスク周りのガジェットやテレワークの働き方について発信。
Yahoo! JAPAN、ライフハッカー日本版などの外部メディアでコンテンツ制作を行なったり、Webライターとしても活動しています。

【2024年】iPad Air 4/5と一緒に揃えたい周辺機器やアクセサリー【おすすめ10選】

この記事はアフィリエイト広告を含みます

” iPadをもっと色んな場面で快適に使いたい ――― “

どんなモノでも快適さを求めたらある程度の出費は必要ですが、1つ1つのアイテムを試していたらお金がいくらあっても足りません。ということでこの記事では、ビジネスシーンでもプライベートでもiPad Airを1年以上使う私が選ぶ「iPad Air 4/5と一緒にあると便利な周辺機器やおすすめのアクセサリー」を紹介します。

イチ

これから iPad を使っていきたい人はぜひ最後まで読んでみてください!

目次

iPad Air 4/5 と一緒に揃えたい周辺機器&アクセサリー

紹介するアイテムは私が実際に使って「なくてはならない」と感じたものばかり。定番~痒い所に手が届くアイテムまでどんなシーンで役立っているかも紹介しているので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。


1. ケースカバー|Smart Keyboard Folio

iPadアクセサリーといえば「Apple Pencil」を想像する人も多いと思いますが、私は Apple Pencil 以上に「Smart Keyboard Folio」をよく使います。

iPad と一緒に Smart Keyboard Folio を使っている写真

薄くて柔らかいキーボードなので画面が傷付く心配はないし、音が出ないのは嬉しいところ。反面、長時間文字を打つには向かないのが難点です。

とはいえ「キーボードはいらないかなぁ」という人でも、iPadの背面カメラは本体から出ているのでケース無しで持ち歩くのはおすすめしません。

iPad Air 4 のレンズの写真
iPad のレンズは本体から飛び出している

キーボートがあればパソコンのように使えるし、ケース自体が本体を守るカバーにもなるので個人的には「Smart Keyboard Folio」をおすすめします。

ただ、iPadで文字を打たない人にとってはキーボード部分が逆に邪魔に感じると思うので、そんな人はサードパーティ製のケースを選んだほうが良いと思います。(Smart Folio は高いので)

イチ

あなたの使い方に合わせてどちらかを選んでみてください!


2. Apple Pencil 第2世代

iPadを使うなら絶対におすすめしたいのが「Apple Pencil」。iPhoneにもMacbookにもない、iPad唯一の個性である「手書き」をしないのはもったいないです。

iPadで手書きしている写真

私はノートの代わりとして iPad を使ったり、写真の画像編集のような細かい作業では必ずApple Pencilを使います。

正直、iPad はタブレットとして使うだけでも十分楽しめますが、もし iPad を使い倒したいと思っているのであればぜひ購入してほしいアイテムです。


3. 小型マウス|MX Anywhere 3

iPadをPCライクに使いたい人にとってマウスは欠かせません。画面タッチで基本的な操作はひと通りできますが、私の場合はドラッグ&ドロップのような操作はマウスを使いたくなります。

そんな私が iPad の身軽さを損なわずにマウス操作をするために選んだのがロジクールの「MX Anywhere 3」です。

MX Anywhere 3とiPadの写真

MX Anywhere 3 はその名の通り、場所を選ばずどんなシーンでも使えるようにと想定して作られたコンパクトなサイズ感と機能性が特徴の小型マウス。

イチ

私はテレワークの外作業でも愛用しています

99gと持ち運びがまったく苦にならないサイズ感なのに、サイドボタンを併用すれば縦横どちらの画面スクロールもできたり、最大3台までペアリング可能なので iPad 以外に持ち歩きPCにも接続して使えます。

長時間利用や複雑な操作をしたいならもう少しハイエンドなマウスのほうが良いですが、iPadをPCライクに使いたいくらいの利用シーンなら困ることはほとんどないので、ぜひ参考にしてみてください。

ロジクール (logicool)
¥8,800 (2024/06/08 18:15時点 | Amazon調べ)


4. USB充電器|CIO NovaPort TRIO 65W

iPad Air だけでなくパソコンの充電器としても使っているのが、CIOのUSB急速充電器「NovaPort TRIO 65W」。

CIOのUSB充電器「NovaPort TRIO 65W」の写真

92gという軽量ボディにUSBポートが3つ(USB-C×2 / USB-A×1)あるので、私はテレワークで使うデバイスをこれ1つで全て充電しています。

iPad+スマホの組み合わせで使うことだけを考えるなら、ポート数と出力を減らした「NovaPort DUO 45W」のほうが価格も抑えられますが、なるべく1つのアイテムを色んな場面で使い倒したほうがお得というのが私の考え方。

イチ

どちらか選ぶなら使えるシーンが多い「NovaPort TRIO 65W」がおすすめ


5. 充電ケーブル|Anker PowerLine III Flow

iPadの充電になくてはならないのが充電ケーブル。触り心地が良く、まったく絡まないのが特徴の「Anker PowerLine III flow」という充電ケーブルを愛用しています。

AnkerのUSB充電ケーブル「PowerLine III Flow」の写真

急速充電に対応したケーブルは他にも多くあって正直いって機能性はどれも同じですが、その中でこのケーブルをおすすめする理由は「使い心地」。

イチ

触ったらすぐ分かる「ええやつ」です

ケーブルが柔らかいのでまとめやすく解いたときに跡もつかないので、ちょっと高いですが長く使うことを考えると全然元がとれる使用感だと思っています。


6. ワイヤレスイヤホン|Soundcore Life P3

今まで色々なイヤホンを使ってきましたが、やはり iPad と1番相性が良いのは「AirPods Pro」だと思います。

AirPods Pro の写真

iPhone ~ iPad 間の切り替えでストレスがなく、音量やノイズキャンセリングの操作も iPad 上で簡単に行えるのは本当に快適ですが、AirPods Pro はかなり高価なので、iPad と一緒に揃えると余裕で10万円を超えてしまいます。

そんな人に私がおすすめするのが、Ankerの完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P3」。

Anker|Soundcore Life P3

これは私が「AirPods Pro」の前に使っていたイヤホンで、今でも “ ノイキャン搭載のイヤホンでおすすめは何? “ と聞かれたら、これをおすすめします。

しっかりしたノイキャン性能があってワイヤレス充電対応、それでいて1万円を切る価格帯なので、相当なこだわりがない限り、満足できるはずです。

イチ

イヤホンが苦手という人には同じAnkerから出ているヘッドホン「Soundcore Life Q35」もおすすめ

イヤホンよりも若干値段は高いですが、ヘッドホンという構造上イヤホンよりも遮音性が高いので、その分 iPad での動画視聴なども楽しめると思います。


7. ペーパーライクフィルム

Apple pencil を使うことでパソコンでは出来ない「手書き」ができるのが iPad の最大の特徴。私はノート代わりにiPadを使うことも多いので、JPフィルター専門製造所の「ペーパーライクフィルム」を貼っています。

ペーパーライクフィルムの写真

紙のような書き心地、、、というと言い過ぎですが、Apple Pencilの先端はゴム素材になっているのでフィルムがあるとないではペンの滑りがまったく違います。

Apple Pencil 第2世代の先端の写真

Apple Pencilの先端に付いているゴムは割と固めなので画面保護の意味でもフィルムは貼っておいた方が長く使えるし、書き心地も上がるので一緒に使った方が満足して使えるはずです。


8. クリーニングクロス|エレコム

iPad は指で触ることの多いデバイスなので特に夏場などは画面が指紋で汚くなりがちですが、そんなときに画面をすっきりキレイにしてくれるのが「クリーニングクロス」です。

エレコムのクリーニングクロスの写真

私は超極細繊維を使用したエレコムのクリーニングクロスを使っていて、厚手なのでゴシゴシ使えるし、クロスが汚れたら水洗いして繰り返し使うことができるので重宝しています。

クリーニングクロスでiPadを拭いている写真

これ1枚でiPadのほかにスマホやパソコンの画面もガンガン拭けるので、1枚持っていれば身の回りの掃除は事足りるはずです。


9. ガジェットポーチ|TOFTPOUCH+

ここまで iPad と一緒におすすめしたいモノをいろいろ紹介してきましたが、これらのアイテムを持ち運ぶためにガジェットポーチは欠かせません。テレワークで働くようになってマウスやUSB充電器も持ち歩くようになり、今は「TOFTPOUCH+」を愛用しています。

TOFTPOUCH+の写真
今のガジェットポーチ(TOFTPOUCH+)

これはasoboze (アソボーゼ) というメーカーから出ているガジェットポーチで、防水性にも優れていてカフェなどで万が一飲み物をこぼしてしまっても安心できるような止水ジッパーまで備わっています。

防水設計がバッチリなのは嬉しい

TOFTPOUCH+はS/M/Lの3サイズで展開していて、私が使っているのはMサイズ。それでも小型マウスを含めてテレワークで必要なものはひと通り入る収納力もあるので、かなりおすすめです。

asoboze (アソボーゼ)
¥4,860 (2024/06/11 10:06時点 | Amazon調べ)
イチ

手頃なところだと「無印良品」を選ぶのもありです

実際に手で触ってみてポーチを選びたい人は無印良品の化粧ポーチが使いやすく価格も手頃でおすすめです。

無印良品の化粧ポーチをガジェットポーチとして使っている写真
イチ

私が最初に使い始めたガジェットポーチが「無印良品」でした

ガバっと開きやすく、中に小分けポケットも付いているので、しっかりとアイテムを整理して収納することができます。無印良品の化粧ポーチはほとんどの店舗で取り扱っている人気商品だと思うので、ぜひ最寄りの店舗で探してみてください。


10. PCスタンド|OBENRI

iPad は平置きすると意外と場所を取るので、iPad はノートPCのようにスタンドに縦置きするのがおすすめです。

OBENRIのPCスタンドの写真

私はOBENRIのPCスタンドを使っているのですが、これが iPad Air 4 + Smart Keyboard Folio の厚みとシンデレラフィットします。

PCスタンドにiPadを縦置きしている写真

OBENRIは立てるデバイスの厚みに合わせて14~42mmまで幅を変えることができるので、iPad~Mac mini まで縦置きすることができます。

最大2台を縦置きできるので、私のようにデスク周りで iPad を使うことを想定している人はノートPCと合わせて置き場所を作ってあげるとデスクが広く使えるのでおすすめです。


iPad Air 4/5 と一緒に揃えたい周辺機器&アクセサリー まとめ

この記事では、iPad Air 4 を1年以上使ってきたガジェットブロガーが選ぶ「iPadと一緒にあると便利なおすすめのアクセサリーや周辺機器」を紹介しました。

今回は、” これさえあれば快適な iPad ライフが送れる ” と思えるアイテムだけを厳選して選びました。

最初から全てを揃えるのは大変だと思いますが、気になったものから少しずつ集めるのも楽しいと思うので、ぜひ参考にしてみてください。それでは!


▼ この記事に関連する参考記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!
目次