メニュー
イチ
30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
> 詳しいプロフィールはこちら

ロジクール MX Anywhere 3 レビュー|テレワークにおすすめの多機能な小型マウス

テレワークをキッカケに外で作業することが増え、私がマウスに求めることは確実に変わりました。

  • コンパクトで使いやすいこと
  • 高機能でボタン割り当てが多いこと
  • パソコン以外にiPadなども操作できること

カフェやサテライトオフィスなど場所を変えながら仕事をする人にとって、マウスに求めるのは機能性だけでなくサイズや汎用性など様々。

私はなかなか理想のマウスが見つからずにいましたが、やっとテレワークに理想的なマウスに辿り着きました。

ロジクールの小型マウス MX Anywhere 3

この記事では、外で作業する時は必ず持ち運ぶロジクールの多機能な小型マウス「MX Anywhere 3」をレビューします。

この記事で書いていること

  • MX Anywhere 3 の特徴
  • 良かった点・惜しい点
  • MX Anywhere 3 for mac との違い

マウス1つで作業効率は大きく変わります。

MX Anywhere 3 は ” 身軽に移動するために荷物は減らしたい。でも、機能性はこだわりたい ” というテレワーカーにこそピッタリなマウスなので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ロジクール MX Anywhere 3
メリット
  • USB-Cポートで充電できる
  • 100gを切る持ち運びやすいサイズ感
  • 快適すぎるマウスホイールの操作性
  • 3台ペアリング可能でWin/Mac/iPad対応
デメリット
  • 複雑な操作はサイドボタン併用が必須
目次

ロジクール MX Anywhere 3 の概要

私が外作業で愛用するのは、Logicool (ロジクール) から出ている小型マウス「MX Anywhere 3」

「Anywhere」の名の通り、自宅やカフェなど場所を選ばず使えるサイズ感機能性を兼ね揃えたワイヤレスマウスです。

ロジクールのMX Anywhere3

ロジクール社は1981年にスイスで創業して以降、今までには無いデザイン性と操作性を持ったパソコン周辺機器を多く生み出しています。

公式ホームページでも「快適性が高まると、効率性も高まる」というコンテンツも作るほどの健康面に情熱を傾けていて、安心と信頼がおけるメーカーだと感じます。

数あるロジクールのマウスの中でも MX Anywhere 3 は外でマウスを使うことが多い人のために作られたマウス。

サイズ感は片手に収まるほどコンパクトで、ガラス面やソファの上など普通は反応が悪くなるような環境でも利用できるセンサーが搭載されています。

パソコン以外にiPadにも対応しているので、テレワークで持ち歩くであろうデバイスは全てこれ1つで操作できます。


MX Anywhere 3 の良かった点

ここからは MX Anywhere 3 を使ってみて感じた「良かった点」を紹介します。

ロジクール MX Anywhere 3
メリット
  • USB-Cポートで充電できる
  • 100gを切る持ち運びやすいサイズ感
  • 快適すぎるマウスホイールの操作性
  • 3台ペアリング可能でWin/Mac/iPad対応

テレワークをしている方には特におすすめなので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。


重さ100g以下で持ち運びが苦にならない

MX Anywhere 3 は本体サイズがコンパクトで重さはたったの「99g」。

MX Anywhere3とAirPods(第2世代)

仕事中の移動が多い人にとって荷物は1gでも軽くしたいところ。特にテレワーカーはノートPCや充電器などを持ち歩くので「軽い」というだけで十分な魅力です。

持ち歩くモノが多い人ほど機能性よりも本体が軽いことの方がメリットになりますが、MX Anywhere 3 はその点で完璧でした。


横スクロール可能でビジネスにも十分使える

MX Anywhere 3 はただ小さいだけでなく、コンパクトなのにハイエンドマウス並みの機能性を持っているのが凄いところ。その秘密が Logicool Option です。

マウスの操作設定画面(Logicool Option)

ロジクール専用アプリをインストールすることでアプリ毎に「ボタンのアクション割り当て」を自由に変更できるようになります。

同じボタンでも Safari では「新規ブラウザを開く」、Excelでは「戻る」のように使い分けられるので、慣れると作業効率がかなり上がります。

マウスの操作設定画面(Logicool Option)

MX Anywhere3 には横スクロール用ホイール (サムホイール) がありませんが、Logicool Optionの設定で「水平スクロール」を有効にすることでサイドボタンを押しながらスクロールすると水平方向にカーソル移動できるようになります。

仕事でエクセルなど横長の資料を見ることもある人は縦横のスクロールがマウス操作だけで完結するのは本当に助かります。

イチ

ちなみに、MX Anywhere 3 の機能で気に入っているのがマウスホイール

1秒間に1,000行スクロールできるほどスムーズに回転するマウスホイールは、ロジクールのマウスの中でも MX Master 3 のようなハイエンドマウスにしか採用されていない特別製。

MX Anywhere3のマウスホイール

このマウスホイールを使ったあとに別のマウスを使うと、画面スクロールは遅いし指は疲れるしでストレスを感じるレベルです。


最大3台までペアリングでiPadまで操作可能

最大3台のデバイスまで接続できるマウスは多いですが、MX Anywhere 3 は iPad接続にも対応しています。この点はロジクール MX Master 3 にもない機能。

MX Anywhere3とiPad Air4

ハイエンドマウスにもない機能が付いているのは、MX Anywhere 3 が外で使うことを想定したマウスである1つの証拠だと思います。(テレワークで iPad を使う人も多いですからね)

私は個人PC(Windows) の他に会社PC(Macbook)とタブレット( iPad Air 4) を接続して使っています。

最大3台まで登録したデバイスは背面のボタンで簡単に接続先を切り替えられるし、切り替え速度も早いので問題なく使えています。

MX Anywhere3の接続先切り替えボタン

Unifyingレシーバーと Bluetooth接続は併用可能なので、” これは絶対に接続遅延させたくない ” というデバイスにUnifyingレシーバーを挿しておくのがおすすめです。


USB Type-Cで充電できる

最近の流行に遅れを取ることはなく、MX Anywhere 3 の充電ポートは汎用性の高い「USB Type-C」。

MX Anywhere3の充電ポート(USB-C)

今は Macbook や iPad などの充電ポートも「USB Type-C」なので、マウス充電のために余計な充電ケーブルを持つリスクも減ります。

MX Anywhere 3 はフル充電で70日間使えるので充電切れで困る人は少ないと思いますが、万が一のときも 1分間の充電で3時間使えるのは Type-Cで急速充電できるからこそのメリットだと感じました。


複雑な操作にはサイドボタン併用が必須…

MX Anywhere 3 はロジクールのハイエンドマウス MX Master 3 と同様に「横スクロール」や「ジェスチャ」機能が搭載されています。

ただし、横スクロールやジェスチャといった機能を使うにはサイドボタンを同時操作する必要があることに注意が必要です。

MX Anywhere 3MX Master 3
サムホイール
(横スクロール)
あり
(サイドボタン併用)
あり
ジェスチャボタンあり
(サイドボタン併用)
あり

ショートカットの割り当てボタンもMX Anywhere 3 より多いですが、その分 MX Master 3 は本体が若干重く(141g)なってしまうのがネック。

とはいえ、作業中の横スクロールが多い人はサムホイールがついた MX Master 3 を使うほうが楽だと思うので、参考にしてみてください。


MX Anywhere 3 for Mac との違い

私は会社用PCがMacbookだったり、iPad でブログを書いたりとApple製品の愛用者。

ただ「for Mac」を買うべきか迷う部分もあったので、2つの違いをまとめてみました。

Anywhere 3Anywhere 3 for Mac
対応OSmacOS
iPadOS
Windows
chromeOS
Linux
macOS
iPadOS
接続方式Bluetooth
Unifyingレシーバー
Bluetooth
カラーペイルグレー
ローズ
グラファイト
ペイルグレー
同梱物USB-C to AケーブルUSB-C to Cケーブル

「for Mac」は MX Anywhere 3 よりMacとの接続性能を向上させた製品で「Unifying(USB)レシーバーが付属していない」「対応OSがApple製品のみ」という2点が大きな違い。

とはいえ、私が使う限りでは Macbook も iPad もストレスなく接続できていて、Windowsなどの他OSにも使えてることを考えると MX Anywhere 3 をおすすめします。


MX Anywhere 3 レビュー まとめ

この記事では、私が外で作業する時は必ず持ち運ぶロジクールの多機能な小型マウス「MX Anywhere 3」をレビューました。

ロジクール MX Anywhere 3
メリット
  • USB-Cポートで充電できる
  • 100gを切る持ち運びやすいサイズ感
  • 快適すぎるマウスホイールの操作性
  • 3台ペアリング可能でWin/Mac/iPad対応
デメリット
  • 複雑な操作はサイドボタン併用が必須


MX Anywhere 3 のサイズ感と機能性ならノマドワーカーとして働く人のあらゆるシーンで快適に作業できます

MX Anywhere3 は1万円以上しますが2年間の無償保証もついた使いやすいマウスなので、ぜひ参考にしてみてください。


マウス以外にも外作業で必ず持ち歩く「カバンの中身」や毎日のように触る「デスク周りのアイテム」を別の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。


▼この記事の中で紹介した参考記事


それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!

コメント

コメントする

目次