『ロジクールMX Anywhere3』レビュー|小型で多機能なハイエンド級マウス。


「コンパクトでどこでも使えるマウスがほしい。」
「高機能なマウスで生産性を上げたい。」
「色んなOSを1つのマウスで快適に操作したい。」


カフェで仕事をしたり、自宅のPC環境で会社PCを使うことが増えて、持ち運びやすく、色んなデバイスと接続できるマウスが欲しいと感じるようになりました。


私はWindowsとMacを両方使うし、ブログは iPad でも書くし、外でもマウスを使って作業したい派。

こんなワガママな使い方にも耐えられるマウスをようやく見つけました。


この記事では、その名の通りどこにでも持っていきたくなる多機能なコンパクトマウス『MX Anywhere3』について紹介します。


『MX Anywhere3』の良かった点

  • 100gを切るコンパクトなサイズ感
  • 快適すぎるマウスホイールの操作性
  • 最大3台ペアリングし、Win/Mac/iPad対応
  • USB-Cポートで充電

『MX Anywhere3』の惜しい点

  • 長時間使っても腕への負担が少ない工夫があれば最高だった


リモートワークが普及して多くの人が会社以外で作業する今だからこそ、どこにでも持ち運べる機能性の高いマウス1つで作業効率は全然変わります。

この記事があなたのマウス探しの終点になれば嬉しいです。



それでは、さっそく始めます。


MX Anywhere3 はLogicoolの中でもハイエンドクラスの機能を持ったマウス。


私が購入した『MX Anywhere3』はLogicool(ロジクール)社が出しているコンパクトマウス。

ロジクール社は1981年にスイスで創業して以降、今までには無いデザイン性と操作性を持ったパソコン周辺機器を多く生み出している会社です。


ロジクールは良い製品を作るだけでなく、快適な作業環境を作ることまで意識しています。



公式ホームページにも健康的な作業環境に関する情報を掲載していて、個人的には「快適性が高まると、効率性も高まる」というコンテンツが好きです。

デスク環境を充実させたい人のヒントになると思うので、ぜひロジクール公式ホームページも覗いてみてください。


MX Anywhere3 のスペック

『MX Anywhere3』のスペック

  • サイズ:幅6.5cm × 奥行10.0cm × 高さ3.4cm
  • 重さ:99g
  • 接続方式:Bluetooth or USBレシーバー
  • 電源ポート:USB-Type C
  • 対応OS:Windows、macOS、iPadOS、chromeOS、Linux
  • 電池寿命:フル充電で最大70日間使用可能
  • 保証期間:2年間
  • その他:USB-C to A のケーブル同梱あり


ロジクール社の数あるマウスの中でもハイエンドクラスの機能を持ちつつ、ここまで小さいサイズ感なのは『MX Anywhere3』だけです。

コンパクトかつ高機能というのは、いつの時代も魅力的ですよね。


MX Anywhere3 for Mac との違い


私は会社用PCがMacbookだったり、iPad でブログを書いたりと普段からApple製品を多く使っています。

購入前にいろいろ迷った部分もあったので「for Mac」との違いだけを切り取ってみました。


種類Anywhere3Anywhere3 for Mac
対応OSWindows
macOS
iPadOS
chromeOS
Linux
macOS
iPadOS
接続Bluetooth
USBレシーバー
Bluetooth
カラーペイルグレー
ローズ
グラファイト
ペイルグレー
同梱物USB-C to A
ケーブル
USB-C to C
ケーブル


個人的に「for Mac」は『MX Anywhere3』からApple製品に必要な機能に特化した印象です。(USBレシーバーが付属していないとか、同梱ケーブルがUSB-TypeC to C とか)

ただ私は Windows も使うので『MX Anywhere3』を選択しました。


Macbook も iPad もストレスなく使えているので「Apple信者だから他製品は絶対使わないぜ」という人以外は『MX Anywhere3』を購入するのが無難です。


MX Master3 との違い


MXシリーズのハイエンドマウスといえば『MX Master3』。

せっかく購入するならハイエンドかな、、、と悩んだ過去の自分に向けて「MX Master3」との違いだけを切り取ってみました。


種類Anywhere3Master3
対応OSWindows
Linux
macOS
iPadOS
chromeOS
Windows
Linux
macOS
サムホイール
(横スクロール)
なし
(代替策あり)
あり
ジェスチャ
ボタン
なし
(代替策あり)
あり
サイズ幅 65mm
奥行 100.5mm
高さ 34.4mm
幅 84.3mm
奥行 124.9mm
高さ 51mm
カラーペイルグレー
ローズ
グラファイト
グラファイト
ミッドグレー


正直言うと「iPadOS」が使えたらMaster3を選んでいたかもしれません。(サムホイールも魅力的だしw)

「横スクロールやジェスチャーを多用したくて iPad は使わないよ」という人は「MX Master3」という選択肢もあります。


とはいえ、Anywhere3 でもサイドボタンを活用すれば横スクロールやジェスチャ機能が使えるので、あなたの作業環境に合わせて決めるのが良いと思います。


私が MX Anywhere3 を選んだ決め手

『MX Anywhere3』を選んだ理由

  • 高機能で持ち運びやすいサイズ感
  • USB・Bluetooth接続に両対応


普段のPC作業以外に iPad を使うこともあり、色々なデバイスを同じマウスで操作できるのが決め手でした。

最初はシンプルな見た目に惹かれて「logicool」のMXシリーズに辿り着きましたが、最終的には機能面でも大満足だったので『MX Anywhere 3』は自信を持ってオススメできます。


見た目も機能性も最高!


Anywhereの名の通り、自宅やカフェなど「どこでも」使えるように作られたマウスなので、ガラス面やソファの上など普通は反応が悪くなるような環境でも利用可能です。

ノマドワーカーにとっては最適解になりえるマウスだと思います。


MX Anywhere3 を使ってみた感想

ここからは私が使ってみた感想(良い点・惜しい点)を書いていきます。

結論から言うと「買って良かった!」の一言なんですが、購入前の参考にしてもらえると嬉しいです。


100gを切るサイズ感。持ち運びが本当に楽。


『MX Anywhere3』は本体サイズがコンパクトで重さも「99g」しかありません。

外に持っていく負担が少ないこのサイズ感はリモート(ノマド)ワーカーには嬉しいポイントです。


小さいのにハイエンドクラスの機能性。

『MX Anywhere3』はただ小さいだけでなく、コンパクトな中にハイエンドクラスの機能性を持っているのが凄いところ。

その秘密が「Logicool Option」です。


各ボタンに好きなアクションを割り当て可能


ロジクール専用アプリをインストールすることでアプリ毎に「ボタンのアクション割り当て」を自由に変更できます。

同じボタンでも Safari では「新規ブラウザ立ち上げ」、Excelでは「戻る」のように使い分けられるので、慣れると多くの作業がマウス上で完結して作業効率がかなり上がります。


快適すぎるホイールの操作感。設定次第で水平スクロールも可能。


個人的に『MX Anywhere3』で1番気に入っているのがこのマウスホイールです。

1秒間に1,000行スクロールできるほどスムーズに回転するマウスホイールは1度使うと他のマウスに戻れなくなるレベル。


スクロールの強さや方向はロジクール専用アプリの「Logicool Option」で自由に変更できます。


ポインタ速度やスクロール方向も変更可能


『MX Anywhere3』はMX Master3と違ってサムホイール(横スクロール用ホイール)が付いていませんが、設定で「水平スクロール」を有効にすることで、サイドボタン(前)を押しながらスクロールすると水平方向に画面スクロールできます。

仕事でエクセルなど横長の資料を見ることもあるので、縦横のスクロールがマウス操作だけで完結するのは本当に助かります。


最大3台のペアリングが可能。iPadも対応するのが嬉しい。


最大3台のデバイスまで接続できるのは「MX Master3」と同じですが、iPadとの接続は『MX Anywhere3』にしかありません

Logicoolのハイエンドマウスである「MX Master3」にすらない機能が付いているのは、かなりの注目ポイントだと思います。


このセットで外でも快適に作業できる


気軽に持ち運ぶことを想定したAnywhere3だからこそ、iPad のような外に持ち出すようなデバイスとの接続も可能にしているんだと思います。


USB-C充電で他デバイスとケーブルを共有しやすい。


正直、物理的な充電ケーブルを全て揃えたいと思うくらい「USB-C」は万能です。

「USB-C」ケーブルさえ持っていれば、あとは変換アダプタで「USB-A」にも「micro-USB」にも変換することができます。


私がデスク周りで使う充電ケーブル


将来的に「USB-A」や「micro-USB」は無くなっていくと思うので、将来的に生き残るであろう「USB-C」で充電できるのは嬉しい点でした。

すでに身の回りを「USB-C」で統一している人にとっては、余計なケーブルや変換アダプタを購入する必要がないので、そういう人にとってはかなり嬉しいんじゃないかと思います。


Anywhere3 がオススメできないのはこんな人。

私は普段は会社員として会社やカフェや自宅で働きつつ、休日はブログ執筆をしています。

私くらいの使い方であれば『MX Anywhere3』は最適解になりえるマウスですが、「強いて言えば、こんな人にはオススメできないかな?」という人について考えてみました。


水平スクロール作業が頻発する人


動画編集をしたり、横長のエクセルを触ることが多い人は、Anywhere3よりもMaster3のようにサムホイールがついたマウスが良いと思います。

Anywhere3でも横スクロールはできますが、サイドボタンと同時使用する必要があるので、横スクロールが頻発する人には手間に感じるかもしれません。


自宅でしかマウスを使わず、できる限り腕の負担を減らしたい人

MX Anywhere3が腕への負担が大きいという意味ではありません。

ただ、できる限り負担を減らすことを優先するのであれば、私ならロジクールの「Ergoシリーズ」をオススメします。



人間工学(Ergonomics)の頭文字を冠にしているこの「Ergoシリーズ」は、利用時の腕や身体への負荷がより少なくすることを意識して開発されています。

特に腱鞘炎に悩んでいる人は「MX Ergo」のようなトラックポールマウスが良いとされていて、私も気になる製品です。


最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、どこにでも(anywhere)持っていきたくなる多機能なコンパクトマウス『MX Anywhere3』について紹介しました。


『MX Anywhere3』の良かった点

  • 100gを切るコンパクトなサイズ感
  • 快適すぎるマウスホイールの操作性
  • 最大3台ペアリングし、Win/Mac/iPad対応
  • USB-Cポートで充電

『MX Anywhere3』の惜しい点

  • 長時間使っても腕への負担が少ない工夫があれば最高だった


『MX Anywhere3』のサイズ感と機能性があれば、ノマドワーカー(在宅ワーカー)として働く人のあらゆるシーンで快適に作業できると思います。

特にマウスホイールの快適さは中毒性すら感じるレベルなので、1度手に取ってほしいです。


私のようなパソコン仕事の人にとってマウスは多く使う生産性に直結するものなので、操作性や機能性は気にしたいところ。

品質の良いものは値段も「それなり」ですが『MX Anywhere3』には2年間の無償保証もついているので月400円ほどのコストでガッツリ使い込めることを考えれば、満足のいく快適な作業環境が手に入るんじゃないかと思います。

ぜひマウス選びの参考にしてもらえると嬉しいです。それでは!



Sponsored Link

関連記事



新着記事- NEWPOST -



カテゴリ- CATEGORY -



記事を探す- SEARCH -


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.