メニュー
イチ
30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
> 詳しいプロフィールはこちら

プロフィール

MILIBLO(ミリブロ)を読んでいただき、ありがとうございます。

このページでは、ブログの概要や私のことについてまとめています。ぜひ最後まで読んでみてください。


運営者について

イチ
会社員 / ブロガー / Webライター

1987年生まれ、静岡県出身。
2016年からテレワーク中心の働き方にシフトして、今は在宅勤務をメインに働くIT企業の会社員。

テレワークになって仕事と適度な距離感ができたのをキッカケに、会社員の肩書きなしで何かを成し遂げたいと思い立ち、ブログを開始。

好きなこと・興味があること

  • マイペースに働くこと
  • 快適なデスク作り
  • 写真(カメラ)
  • のんびりと散歩する時間


MILIBLO – ミリブロ – について

MILIBLOは「リモートワークを、快適に。」をコンセプトにした個人運営のブログメディアです。

” 限りある暮らしを好きなモノやコトで満たしたい ” という想いを込めて「Minimal Life Blog」の頭文字からブログ名をつけました。

リモートワークで働くなかで経験した「良かったこと」「悪かったこと」をメインに会社以外でも快適に仕事をするために役立つ情報を発信しています。


イチ

記事の更新ペースは月2~4本とゆっくりですが、その分ていねいな執筆を心がけています


メディア掲載実績


PR実績

メーカー様からお声がけいただき、商品レビューした記事の一部をご紹介します。


お仕事のご依頼・ご質問

商品紹介や記事執筆のお仕事、広告掲載などのご依頼など随時受け付けています。
まずはお気軽にご連絡ください。


巻末:なぜブログを運営しているのか?

ここからは私がブログ運営をしている経緯について書いていきます。

私がブログを運営している目的は2つあります。

私がブログを運営する目的
  • 自分の力だけで何か形に残るモノを作るため
  • 自分と似た境遇の人との繋がりを作るため

このことについて書いているので、少しでも私自身に興味を持ってくれた方は最後まで読んでもらえると嬉しいです。


ブログを選んだ理由

私は大学を卒業してからずっと会社員として働いています。ブラック企業で朝から晩まで土日も休みなく働いたり、大規模なシステム開発を任せてもらえたり、尊敬できる先輩と楽しく仕事をしたり。

2度の転職をしながら10年以上の期間で色々な経験をさせてもらいました。

そんな中、子供の誕生をキッカケに今までよりもプライベートの時間が取りたいと思い、通勤のないテレワークをメインとした働き方にシフトしたことで私の仕事に対する価値観も変わりました。

仕事は人生の一部でしかない。会社員としての自分が全てではない。

それまで言葉として何度も聞いたことがあった台詞ですが、自分の中でハッキリと理解できたのはこの時が初めてだったと思います。

父親が自営業だったこともあり、漠然と「自分の看板で稼いで暮らす」ことに憧れはありましたが、自分には向いてないものだといつの間にか忘れていました。

そんな当時の憧れを思い出したものの、これまで会社にある仕事をこなすだけだった自分には何をすればいいか分からない。

そんな自分にできること、形に残るものを考えた結果、ブログに辿り着きました。


ブログを続ける理由

まだ自分で何かを成し遂げたと思えるところまでブログをやれてないのが1番の理由です。でも、もう1つ理由があります。

それが「仲間探し」です。

テレワークになったことで少し客観的に自分を見られるようになり、会社員になってからの知り合いが会社の人しかいないことに違和感を感じ始めたのがキッカケです。

自分と似た境遇の人と一緒に何かをやってみたい!

これは私が密かに企んでいる野望です。それが仕事になれば万々歳だし、仕事にならなくても会社以外で自分が何かをできたということが、自分の自信にも繋がるような気がしています。

具体的なことはまだ何も考えていませんが、ブログやSNSを通して多くの方と知り合うことができました。

最近では個別にDMをしたり、zoomで座談会をしたりと少しずつ行動の幅も広がってきたので、これからも野望の実現に向けて、色々な人と繋がりを持てたらと考えています。


気になることは気軽に話しかけてほしい

この考えに少しでも共感を持ってくれたり、もっと話をしてみたいと思ってくれたら気軽に連絡してもらえると嬉しいです。

また最近では、ブログ運営や働き方について相談をいただくことも増えてきていて、私としてもそういった話ができることは自分自身の経験になると感じているので、こちらもお気軽にご連絡ください。

▼ TwitterのDMを開放しています


これからも私とMILIBLOをどうぞよろしくお願いします!