メニュー
イチ
2016年にテレワーク中心の働き方へシフトしたIT企業の会社員。
在宅勤務で働く傍ら、デスク周りのガジェットやテレワークの働き方について発信。
Yahoo! JAPAN、ライフハッカー日本版などの外部メディアでコンテンツ制作を行なったり、Webライターとしても活動しています。

【iPadの仕事での活用方法】1年間iPadを使って分かった作業効率化のコツとテレワークで使えるおすすめアプリ7選

この記事はアフィリエイト広告を含みます

” ビジネスシーンでもiPadを使い倒したい ――― “

私はブログ執筆や写真現像のために iPad を購入しましたが、せっかくなので仕事でも使えないかと色々と試行錯誤してみました。今では毎日のようにiPadを使えるようになり、活用シーンが増えた分だけ満足度も上がって元も取れてる気がします。笑

この記事では、テレワークで働く私のiPadの仕事での活用方法とおすすめのアプリについて紹介します。

この記事で書いていること

  • iPadの仕事での活用方法
  • 愛用のおすすめiPadアプリ
  • iPadと一緒に買ってよかったアイテム

iPadを持ってても仕事でなかなか使えていない、これからiPadをビジネス活用していきたいと考えてる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

イチ

この記事は私が愛用する「iPad Air 第4世代」を使って感じた体験談です

目次

iPadの仕事活用方法とおすすめの便利アプリ

iPadはメインで使うより「仕事用PCの補助」として活用するのがおすすめ。iPadをビジネスシーンで使いたい人の中には、” 会社支給のノートPCよりiPadのほうが軽くてスペックも高い ” と感じている人もいると思います。

とはいえ、どんなに仕事が効率化したり便利になったりしても所属会社のルールから逸脱してしまうのはNG。特に情報漏洩などのセキュリティ面は考慮する必要があります。

この記事では、現実的にテレワークで使っても問題ない範囲でのiPad活用方法やおすすめのアプリを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


1. iPadをノート代わりに使う

MacBookにもiPhoneにもない、iPadだけの利点は「手書き」ができるところ。私がiPadを仕事で使い始めて1番良いなと感じたのは、ノートの代わりとして「アイデア出し」や「メモ」として使うときでした。

iPadで「コンセプト」アプリを使っている写真
こんな感じでアイデアをスケッチしてます

私がよく使うのは「コンセプト」と純正の「メモ」アプリ。特に「コンセプト」はノート代わりに使うのに最適で、ノートをかなり大きな幅で拡大・縮小できるのでページを分けずにアイデアの限り描き広げることができます。

特に図面を手書きしたり、私のようにシステム設計のフローを手書きで整理したい人にはピッタリなので、ぜひ試してみてください。

一方で、本格的なアイデア出しのときは「コンセプト」を使いますが、思い立った時にすぐ使うならアプリ起動が早い「メモ」のほうが使いやすいです。

ロック画面でもApplePencilでタッチするだけ

こんな風にロック画面でもApple Pencilでタッチするだけでメモアプリが起動するのはかなり重宝します。使ってなかった人はデフォルトで入ってるアプリなのでぜひ試してみてください。


2. iPadをタスクの管理に使う

別の記事(私の在宅ワークルーティン)でも紹介していますが、私はその日やるべきタスクを整理してから1日の仕事を始めます。

仕事の予定は会社で使っているアプリ(Googleカレンダー)で管理しますが、仕事のことも含めた「タスク管理」は iPad を使うようにしています。

例えば、こんなことをiPad で管理しています
  • 細かい仕事のToDo
  • 個人でやっている活動のToDo
  • 毎日の習慣(筋トレや掃除)
  • プライベートの用事(買い物など)

1日にやるべきことは仕事よりもプライベートなことのほうが多かったりもしますし、土日にタスク追加したいこともあるので、会社のパソコンで管理するよりiPadのほうが便利です。

私は「ticktick」というアプリを使っていて、これはiPhoneとiPadの入力内容を同期できるので、出先でふと思いついたタスクも気軽に登録できます。

細かいタスクなら機密情報を記載しなくても自分が理解できる言葉で書ききれますし、仕事中もデスクの横にiPadを置いておくだけなので、セキュリティの問題(会社PCとiPad間でのデータ連携)の心配もありません。

TickTickでタスク登録している写真
思いついたタスクはすぐ隣のiPadに入力するだけ

ちなみに「ticktick」はアプリ内に「ポモドーロ機能」を搭載しているので、集中したいときに「ポモドーロテクニック」を使うのも簡単です。

ポモドーロ・テクニックとは?

集中力を最大化するために、1980年代にフランチェスコ・シリロにより開発された人気の高い時間管理テクニックです。

「25分間の作業」と「5分間の休憩」を交互に繰り返し、作業・休憩のサイクルを4回繰り返したら、長い休憩を取ります。

短時間で集中的に作業することで生産性を高めつつ、モチベーションを維持できます。

Asana社ホームページより抜粋

タスク管理以上のこと(スケジュール管理や資料作成)を iPad でやろうとするとデータやファイルを連携したくなりますが、そうなるとセキュリティ面での課題が出てくるので、個人的には「タスク管理のみ」に絞るのが会社員にとって現実的な活用方法だと感じています。


3. iPadを音楽プレイヤーとして使う

実際に在宅ワークで1年間iPadを使ってみて、活用方法を仕事に限ったことに限定するのはもったいないと感じるようになりました。その結果今1番よく使うのは「音楽プレイヤー」としてのiPad活用で、集中して考えたい時や電話会議の時を除いてほぼ1日中音楽をかけています。

iPadでSpotifyを使っている風景
ticktickとSpotifyの組み合わせがほとんど

私は音楽視聴に「Spotify」を使っていますが、他にもAmazonMusicなど無料で音楽を楽しめるアプリを何か1つはiPhoneに入れていると思うので、それを使うのが良いと思います。

iPhoneよりもiPadのほうがバッテリー容量が多いのでスマホのバッテリーを消費せずに済むので、同じように音楽を楽しむならiPadを使うのが個人的にはおすすめです。


4. iPadを情報収集に使う

仕事というより自己投資として Kindle Unlimited を使った情報収集をすることもよくあります。

私はブログを運営する中でメディア運営やデザイン・お金に関する本を読むこともあり、購入した本は iPad で読むことが多いです(たまに iPhone でも読みます)。

iPad Airで本を読んでいる写真

私は記事執筆や画像編集などもするので10.9インチの「iPad Air4」を使っていますが片手で持つには少し大きいので、持ち運ぶときの身軽さを考えるなら「iPad mini6」くらいコンパクトなほうが良いと思います。

上で紹介してきた活用方法(ノート代わり、タスク管理など)に比べると利用頻度は減りますが、1つのデバイスで情報収集~実作業にまで使えるのは iPad ならではの利点だと感じています。


5. iPadを個人の活動管理に使う

副業解禁の流れもあり、私と同じように本業とは別に個人で活動している人も少なからずいるんじゃないかと思います。

私はこのブログ「MILIBLO」の運営・記事執筆のほかに外部メディアでのコンテンツ制作を行なうこともあり、こういった一連の個人での活動管理はすべて iPad で行なっています。

iPadでNotionを使っている風景

使っているアプリは「Notion」で、記事執筆やブログ内の記事管理に使っています。iPadだけでなくiPhoneにもアプリを入れているので通勤中に執筆することもありますが、デバイス間での更新内容を同期してくれるので内容をコピーする手間がなく本当に重宝してます。

iPadとiPhoneの写真
どちらのデバイスでも同じファイルを操作できる

他にも自分の欲しいものリストを一覧にしたり、最近は家計簿としての利用も模索していて、これが無料で使えるのは本当にありがたい限りです。まだ使ったことがない人はぜひ試してみてください。


6. iPadをWEB会議 (オンライン面談) に使う

最後は日々の仕事ではなく、私が2022年の12月頃に転職した時の話。その際に本当に役立ったのが「iPadを使ったオンライン面接」でした。

もちろんパソコンやスマホでもZOOMは使えますが、パソコンのインカメラよりも画質がよく、自分の前に画面設置できるのはiPadならではだと感じました。

iPadをZOOMで使っている風景
こんな風に設置してWEB面談を行なっていました

この時はWEBカメラを持っていませんでしたが、iPadがあったおかげで転職のWEB面談を乗り切ることができました。個人的にもブログ仲間とのオンラインミーティングなどでも使っていて、iPad がなかったらスマホの小さい画面を使うかWEBカメラを購入するしかなかったので、本当に iPad を持っていて良かったと思います。


iPadの仕事活用にあると便利なアクセサリー

ここでは私が実際に使ってみて、” iPadを仕事で活用するならこれがあると便利だな ” と思うアクセサリー(周辺機器)を3つだけ紹介します。

それ以外にも iPad の周辺機器としてあると便利なアイテムは別の記事でまとめて紹介しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。


1. Apple Pencil 第2世代

iPadを使うなら絶対におすすめしたいのが「Apple Pencil」。iPhoneにもMacbookにもない、iPad唯一の個性である「手書き」をしないのはもったいないです。

iPadで手書きしている写真

私はノート代わりに iPad を使ったり、写真の画像編集のような細かい作業では必ずApple Pencilを使います。正直、iPad はタブレットとして使うだけでも十分楽しめますが、もし iPad を使い倒したいと思っているのであればぜひ購入してほしいアイテムです。

Apple
¥19,077 (2024/03/02 00:21時点 | Amazon調べ)


2. ペーパーライクフィルム

iPad は Apple pencil を使うことでパソコンでは出来ない「手書き」ができるのが最大の特徴。私はノート代わりにiPadを使うことも多いので、JPフィルター専門製造所の「ペーパーライクフィルム」を貼っています。

紙のような書き心地、、、というと言い過ぎですが、Apple Pencilの先端はゴム素材になっているのでフィルムがあるとないではペンの滑りがまったく違います。

ペーパーライクフィルムの写真

Apple Pencilの先端に付いているゴムは割と固めなので画面保護の意味でもフィルムは貼っておいた方が長く使えるし、書き心地も上がるので一緒に使った方が満足して使えるはずです。

Apple Pencil 第2世代の先端の写真

画面保護フィルムとしての役割も果たしてくれることを考えると、iPadを裸で持ち歩きたい人を除いてほぼ全員に必要なアイテムだと思うので、今は使う予定がなくても今後、Apple Pencil にも挑戦してみたいという人は最初から購入しておいたほうがお得だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

JPフィルター専門製造所
¥2,410 (2024/02/27 21:06時点 | Amazon調べ)


3. ケースカバー|Smart Keyboard Folio

iPadアクセサリーといえば「Apple Pencil」を想像する人も多いと思いますが、私は Apple Pencil 以上に「Smart Keyboard Folio」をよく使います。

iPad と一緒に Smart Keyboard Folio を使っている写真

薄くて柔らかいキーボードなので画面が傷付く心配はないし、音が出ないのは嬉しいところ。反面、長時間文字を打つには向かないのが難点です。とはいえ「キーボードはいらないかなぁ」という人でも、iPadの背面カメラは本体から出ているのでケース無しで持ち歩くのはおすすめしません。

iPad Air 4 のレンズの写真
iPad のレンズは本体から飛び出している

キーボートがあればパソコンのように使えるし、ケース自体が本体を守るカバーにもなるので個人的には「Smart Keyboard Folio」をおすすめします。

ただ、iPadで文字を打たない人にとってはキーボード部分が逆に邪魔に感じると思うので、そんな人はサードパーティ製のケースを選んだほうが良いと思います。(Smart Folio は高いので)ここはあなたの使い方に合わせてどちらかを選んでみてください。


初心者向けにおすすめの用途別 iPad 機種

ここでは実際に1年以上テレワークで iPad を使ってみて感じた「こんな人にはこの iPad がおすすめ」という機種を紹介します。

紹介しているのは、上で紹介した「iPad活用術」を実践するための機種を探している人を前提にしているので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。


iPadをPCライクにも使うなら「iPad Air 5」

上で私が紹介した iPad活用方法を ” 全てやりたい! ” という方には「iPad Air 第5世代」がおすすめです。

これは私が愛用している「iPad Air 4」の後継機で、必要な機能が一通り揃っているライトユーザー向けにはかなり使いやすいiPad だと思います。

iPad Air 5 はこんな人におすすめ
  • Apple Pencil を使いたい
  • 文字も打ちたいからキーボードも使いたい
  • メインとは別にサブデバイスとして使いたい

Apple Pencil 第2世代対応で純正のキーボードも提供されているので、これが1番無難な選択だと思います。

Apple Pencil 第2世代対応
PCライクにも使えるサイズ感

iPad初心者の方であれば特に最初からサードパーティ製のアイテムを選ぶのは難しい部分もあると思うので、純正のアイテムで揃えておくのが個人的にはおすすめです。

Apple (アップル)
¥92,800 (2024/03/01 02:45時点 | Amazon調べ)


文字を書くことが少ないなら「iPad mini 6」

私はブログ執筆や画像編集もするため少し大きめの「iPad Air 4」を使っていますが、ノート代わりや情報収集で使うのがメインの人であれば「iPad mini 第6世代」もおすすめです。

iPad mini 6 はこんな人におすすめ
  • Apple Pencil を使いたい
  • なるべく身軽に持ち運びたい
  • メインとは別にサブデバイスとして使いたい

iPad Air はキーボードをつけてもパソコンよりは軽いですが、持ち運ぶには少し重ため(キーボードとApple Pencilをつけて約800g)なので、私も文字を書くことがなければ、iPad mini を買っていました。

iPad Air 4 の重さを測っている写真
800gを持ち運ぶのはまぁまぁしんどい

実際に使っているわけではないですが、” iPhoneよりもう少し広い画面が欲しい。Apple Pencil を使ってみたい “ という人であれば、私なら Air よりも mini をおすすめします。

mini なら Air よりも定価で1万円ほど安くなりますし、コンパクトな分だけ身軽に持ち運ぶことができるので、例えば営業職など出先で使いたいことが多い人はぜひ参考にしてみてください。

Apple (アップル)
¥78,799 (2024/02/25 19:16時点 | Amazon調べ)


イチ

上で紹介したiPad機種以外購入を検討してみたい人へ

過去のiPad端末と比較しながら、用途に合わせたおすすめの機種をかなり詳しく紹介しているサイトがあったので、こちらで探してみてください。


iPadの仕事活用方法とおすすめアプリ まとめ

この記事では、テレワークで働く私の「iPadの仕事への活用方法」「おすすめのアプリ」について紹介しました。

実際に1年間テレワークで iPad を使ってみてiPad は良くも悪くも「大きいiPhone」「小さいMacbook」だと痛感しました。明確な使い方を考えずに買い物してしまうと銭失いになってしまう一方で、しっかり使えば普段の仕事を効率化してくれる本当に便利なアイテムだと思います。

これからiPadをビジネスシーンでも活用していきたいと考えてる人は、ぜひ参考にしてみてください。


▼この記事に関連する参考記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!
目次