充電ケーブルを「黒」で揃えて持ち歩く。|Anker『PowerLineシリーズ』レビュー


外でスマホの充電が切れるのは致命的。
家の充電環境がワイヤレスになっても、一歩外に出れば「充電ケーブル」はマストアイテムですよね。


最近はコンパクトで安い急速充電器やモバイルバッテリーが本当に多いので、徐々に「急速充電対応の充電ケーブル」を購入する人も増えているんじゃないかと思います。

私も以前はiPhoneに付属しているケーブルを使っていましたが、全ての充電ケーブルを急速充電対応の「黒いケーブル」に揃えました。


この記事では、私が愛用するAnkerの急速充電対応ケーブル『PowerLine』シリーズを紹介します。


『PowerLine』シリーズの良かった点

  • 急速充電(PD)対応で充電切れした時に早く充電できる
  • 充電専門ブランドだから品質に安心感がある
  • PowerLine Ⅲ flowシリーズの触り心地は最高

『PowerLine』シリーズの惜しい点

  • PowerLine Ⅲ flow は傷が目立ちやすい



「急速充電に対応したケーブルを見てみたい。」
「高出力に対応した充電ケーブルが欲しい。」
「使い心地の良いケーブルを探している。」

こんな方はぜひ参考にしてみてください。
それでは、さっそく始めます。


充電ケーブルを黒で揃えて統一感アップ|Anker『Power Line』シリーズ

私が購入したのは、Anker から出ている急速充電可能な充電ケーブル『Power Line』シリーズです。


私が持ち歩く「PowerLine」シリーズ


Anker(アンカー)は2011年の創業から「Empowering Smarter Lives(よりスマートな暮らしを)」をミッションに、充電領域で「こういうの欲しかった!」に応えているハードウェアメーカー。(参考:Anker社ホームページ


Ankerと聞くと「充電器」や「モバイルバッテリー」を連想する人もいると思いますが、充電領域のリーディングブランドとして「充電ケーブル」も多く販売しています。

今回紹介する「PowerLine」シリーズの充電ケーブルはいくつもありますが、特に『Power Line III flow』は別名「絡まないケーブル」として最近話題の充電ケーブルです。


1番のお気に入り「Power Line III flow」


充電ケーブルは新しいものが次々に登場していますが単純に最新のケーブルを買えばよいというものではなく、スペックや必要なケーブル種類によってどのケーブルを購入するか選ぶのが重要だと思います。


次からは私が愛用している「PowerLine」シリーズの充電ケーブル(3種類)について紹介します。


USB-A to Lightning(PowerLine II)

まずは「PowerLine II(USB-A to Lightning)」ケーブルです。

これは私がAnkerの急速充電対応モバイルバッテリーを購入したときに合わせて買ったもので、Ankerの充電ケーブルの中では比較的古いモデル。


PowerLine II(0.9m)


今は「Anker PowerLine+ III ライトニングケーブル」というナイロンを編み込んで、より耐久性の上がったモデルも出ています。

せっかくなので私の持っている「PowerLine II」と、USB-A to Lightning の最新モデル「Anker PowerLine+ III」を比較してみました。


種類PowerLine IIPowerLine+ III
端子種別USB-A to LightningUSB-A to Lightning
長さ0.3 / 0.9 / 1.8 / 3.0m0.9 / 1.8m
カラーブラック
ホワイト
ブラック
シルバー
レッド
耐久性
(折り曲げ)
12,000回クリア35,000回クリア
耐久性
(耐荷重)
80kgクリア80kgクリア
PowerIQ
対応
PD
対応
値段(0.9m990円(税込)2,000円(税込)
保証期間18~24カ月18~24カ月


時代がUSB-Cに流れていることもあり、個人的には USB-A to Lightning だと耐久性以外には今も昔も大きな差はない印象です。

古いモデルの「PowerLine II」も12,000回の折り曲げテストにクリアしていて、これは一般的なケーブルの12倍以上の耐久性なので、普段使いには十分だと思います。


このケーブルの耐久性については、Ankerの公式YouTubeから出ている耐久テストの様子が面白く分かりやすかったので紹介しておきます。

半分ギャグみたいなテストですが、丈夫なのは伝わってきましたw


「PowerLine II」「PowerLine+ III」のいずれもAnker独自の急速充電技術である「PowerIQ」に対応しています。

急速充電=PowerDelivery(PD)として表現されてることもありますが、PDは「USB-C」の充電規格なので「USB-A」ケーブルは全て非対応です。

ただ、Ankerのように独自の急速充電規格を開発しているものも多くあるので、ケーブルを購入するときは「どの規格の急速充電ができるのか?」をチェックすることをオススメします。


USB-C to USB-C(PowerLine III・III flow)

次に紹介するのは「PowerLine III(USB-C to USB-C)」ケーブルです。

これは私が iPad Air4 を購入したタイミングで購入したもので、その後「PowerLine III flow」という別モデルも追加購入しました。


PowerLine III(0.9m)
PowerLine III flow(0.9m)


ぱっと見はほとんど同じですが、2本はかなりの違いがあるので「PowerLine III」シリーズのケーブル2本について比較してみました。


種類PowerLine IIIPowerLine III flow
端子種別USB-C to USB-CUSB-C to USB-C
長さ0.3 / 0.9 / 1.8 / 3.0 m0.9 / 1.8 m
カラーブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
ミントグリーン
ラベンダー
耐久性
(折り曲げ)
25,000回クリア25,000回クリア
PowerIQ
対応
PD
対応
充電速度最大60W最大100W
値段(0.9m999円(税込)1,790円(税込)
保証期間18~24カ月18~24カ月

PowerLine III flowのカラー名は略称記載


「PowerLine III」は最大充電速度が「60W」まで対応しているので「MacBook Pro 13」でも満足いく速度で充電できる機能性がありますが、私のオススメは「PowerLine III flow」。

その理由がこれです。


「PowerLine III flow」最大の特徴は、ぐにゃぐにゃケーブル


「PowerLine III flow」の最大の特徴がこの「柔らかさ」で、普通のケーブルに起こりがちな「まとめていた時の跡」が全く残りません

私は勝手に「”非”形状記憶」と呼んでますが、特に外に持ち運ぶときに充電ケーブルを丸めてポーチに収納しても取り出すとまっすぐ伸びてくれるので本当に扱いやすいケーブルだと思います。


PowerLineシリーズ。私はこう使い分けています。

ここからは実際に「PowerLine II」「PowerLine III」「PowerLine III flow」の3種類に感じた使い心地と、『私はこう使い分けています』という用途を紹介していきます。

ちなみに私の充電関連アイテムを全部出すとこれだけです。


充電関連のアイテムはこれで全部


外で作業するときは iPhone、iPad、Macbook と色々なデバイスを持ち歩くので、1つでも同じデバイスがある人はぜひ参考にしてみてください。


外でスマホを充電する時は「PowerLine II」

外にいて「iPhoneの充電が切れそう…!」と気付いた時や旅行先で iPhoneを充電する時に使うのが「PowerLine II(USB-A to Lightning)」です。

最近は外に出ることも減ったので使用頻度はかなり減りましたが、このケーブルは今も必要不可欠な存在。


PowerLine II(0.9m)


このケーブルは入力ポートが「USB-A」なので急速充電(PD)には対応できないんですが、Anker独自の急速充電技術「PowerIQ」に対応しています。(参考:PowerQIについて

私が外出時や旅先で使うモバイルバッテリーは「PowerCoreFusion5000」で充電ポートは「USB-A」ですが、同じAnker製品なので「PowerIQ」による急速充電(最大15W)に対応しています。


私のiPhone充電セット


今は「USB-C」ポートの急速充電器やモバイルバッテリーも出ているし、正直「USB-C」ポートに統一したい気持ちもあるんですが、買い替えるほどの不満もないので今もモバイルバッテリーと一緒に「PowerLine II(USB-A to Lightning)」を愛用しています。


とはいえ、USB-Aケーブル自体が消えようとしているので今から「PowerLine II(USB-A to Lightning)」を購入するのは微妙です。

ただ、使い勝手は本当に良いので、個人的に「この人にならオススメできる」という条件をまとめてみました。

  • すでにAnker製の充電器やモバイルバッテリーを持っている(充電ポートはUSB-A)
  • 急速充電のためにケーブルを買おうか、充電器などと一緒に買い換えようか迷ってる
  • できるだけお金はかけたくない


「上の条件、完全に自分じゃん!」と思ったら、ぜひ参考にしてみてください。


外でiPad・PCを充電する時は「PowerLine III flow」

iPhone の充電は Lightning ケーブルですが、iPhone以外のガジェット(iPad、PC)は全て「PowerLine III flow」で充電します。


PowerLine III flow(0.9m)


以前使っていた「PowerLine III(USB-C to USB-C)」は最大60Wまでの急速充電(PD)に対応していて普段使いに十分な機能性でしたが、上でも書いた通り「PowerLine III flow」の取り回しの良さに惹かれて普段使いは「PowerLine III flow」です。


「PowerLine III」と比べると「PowerLine III flow」は見た目も少し太くなっていて、素材にシリコンを採用したことで色合いもマット(つや消し)な感じがします。


←:PowerLine III   
   PowerLine III flow:→


「PowerLine III flow」の触り心地は本当に素晴らしくて、私の身の回りにあるアイテムで例えると「Apple純正のシリコンケース」「Smart Keyboard Folio」の触り心地が近い気がします。

ケーブル自体も柔らかいので、ガジェットポーチの中に丸めて収納してもかさばることはありません。


ガジェットポーチの中に丸めて収納


1点だけ「PowerLine III flow」の注意ポイントを言えば、「傷がつきやすい(目立ちやすい)」という点。

シリコン素材で柔らかい分、傷も目立ってしまうんだと思います(これは仕方がない。。。)


表面のキズが少し気になる。。。


「PowerLine III flow」には「クラウドホワイト」や「ミントグリーン」など薄い色のカラー展開もあるので、気になる人は傷が目立ちにくい色を選んだほうが良いと思います。


ちなみに「PowerLine III」は自宅のデスク環境に設置しているノードPCの充電ケーブルとして使っています。

ノートPCをデスク天板裏に設置していて、電源アダプタのような大きなモノはケーブル配線の大敵なのでUSB-Cポート付きの電源アダプターから直接USB-Cケーブルを繋いでいます。


天板裏のノートPCは「PowerLine III」を使って充電


自宅のデスク環境用としてUSB-Cケーブルを必要とする人は少ないかもしれませんが、参考にしてもらえると嬉しいです。


「いや、普通に外で使いやすいUSB-Cケーブルがあればいいよ」という人は断然「PowerLine III flow」がオススメ。

「PowerLine III」と比べれば値段は高いですが、最大100Wまでの急速充電に対応しているので大抵のガジェットは最速で充電できますし、普段から使うものの触り心地が良いと満足度を上がると思うのでぜひ検討してほしいアイテムです。



最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、私が愛用しているAnkerの急速充電対応のケーブル『PowerLine』シリーズについて紹介しました。


『PowerLine』シリーズの良かった点

  • 急速充電(PD)対応で充電切れした時のリカバリーが早い
  • 充電専門ブランドだから品質に安心感がある
  • PowerLine Ⅲ flowシリーズの手触りは他にはない気持ちよさ

『PowerLine』シリーズの惜しい点

  • PowerLine Ⅲ flow は傷が目立ちやすい


正直、機能的に条件を満たしたケーブルを持っているのならデザイン(見た目)を理由にケーブルを買い足すのは微妙かなとも思いますが、数千円で普段の使用体験が良くなるなら悪くない買い物かもと感じました。

ただ、何気なく持っているケーブルが「実はPD対応していなかった」のように充電器の機能を十分に活かせていない場合もあるので、この機会にチェックしてみてください。



今回はガジェットポーチの中にある「充電ケーブル」にスポットを当てて紹介してみました。

こちらの記事『ガジェットポーチの中身紹介|社会人ブロガーがいつも持ち歩くモノ。』では私が持ち歩くガジェットポーチの中身を紹介しているので、興味のある方はぜひ覗いてみてください。


それでは!


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.