メニュー
イチ
2016年にテレワーク中心の働き方へシフトしたIT企業の会社員。
在宅勤務で働く傍ら、デスク周りのガジェットやテレワークの働き方について発信。
Yahoo! JAPAN、ライフハッカー日本版などの外部メディアでコンテンツ制作を行なったり、Webライターとしても活動しています。

【Anker 521 Power Bank レビュー】iPhone/iPadで使いやすい1台2役のモバイルバッテリー兼USB充電器

この記事はアフィリエイト広告を含みます

“ 万が一、外でiPhone / iPadの充電が切れたら ― ”

こんな心配が頭をよぎってモバイルバッテリーを持ち歩く人はおそらくUSB充電器も持ち歩いているはず。万が一のために使わないかもしれないアイテムを2つも持ち歩くのは正直微妙…ですよね?

この記事ではそんな2つのアイテムを1つにまとめた、Ankerのモバイルバッテリー兼USB充電器「Anker 521 Power Bank」をレビューします。

この記事で書いていること

  • Anker 521 Power Bank の概要
  • 良かった点・惜しい点
  • 口コミや評判
  • この商品をおすすめする人の条件

特にiPhoneやiPadだけを持って身軽に出かけたい時や旅先で活躍してくれるアイテムだと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

メリット

  • 屋内/屋外どちらでも十分な充電出力
  • 1つ持ち運ぶだけでOKの1台2役
  • iPhone ~ MacbookAir まで使える

デメリット

  • 終日使うにはバッテリー容量が少ない
目次

Anker 521 Power Bank の使用感レビュー

今回紹介するAnker 521 Power BankはモバイルバッテリーとUSB充電器の両方の機能を持つ1台2役のアイテム。

Anker 521 PowerBank
クリックすると商品スペックが見られます
Anker 521 Power Bank
サイズ幅71mm・奥行31mm・高さ60mm
重量約200g
バッテリー容量5,000mAh
出力AC接続時:MAX:45W
モバイルバッテリー利用時:MAX:20W*
カラーブラック含めて計5種類
その他ケーブルやポーチは付属なし
*2ポート利用時は最大18W
※詳細はAnker公式ホームページをご確認ください

Ankerと言えば「モバイルバッテリー兼USB充電器」ブームの火付け役とも言えるメーカー。今回の 521 Power Bank は初代モバイルバッテリー兼USB充電器「PowerCore Fusion 5000」と同じバッテリー容量(5,000mAh)なことから初代モデルの進化版のように感じました。

イチ

バッテリー容量は同じでも機能性はまったくの別物…!

特に充電出力が「45W」とかなりの高出力なので、iPhoneやiPadはもちろんMacbook Airくらいならフルスピードで充電できるパワーがあるのは大きな進化ポイントで、これ1つあれば外作業で困ることはないと思います。


屋内・屋外どちらでも十分使える充電出力

Macbookはたまに会社に出社する時(半日程度)に持っていくだけなので、基本的にはiPhoneとiPadがメイン。Anker 521 Power Bank はコンセント接続時に最大45W・モバイルバッテリーとしての使用時に20Wの充電出力があってテレワーカーの私には十分な充電出力です。

ちなみに私が外で使うのは下の3つのデバイス。

  • iPhone 12mini
  • iPad Air4
  • Macbook Pro(13インチ)

Macbook Pro はフルスピードとはいきませんが半日なら充電なしでもいけるくらいなので、45Wでもまったく困りません。

特にモバイルバッテリーとして使う時に20Wの充電出力が出るのはかなり重宝しています。ケーブルを繋いで少し放置しておけば十分バッテリーが回復するのでモバイルバッテリーを繋いだままずっと使い続けるようなこともなく快適です。


最小限の持ち歩きであらゆるシーンに対応可能

モバイルバッテリー兼USB充電器を持つ最大のメリットは、1つのアイテムを2つの用途で使える「2-in-1」であるということ。書くと当たり前のように聞こえると思いますが、このメリットは絶大です。

USB充電器と 521 Power Bank を並べた写真

テレワークで働く人のなかには1つの場所に留まらず転々としながら作業する人もいると思いますが、そんな人にとって「持ち歩くモノが少ないこと」はかなりのアドバンテージ

iPadやMacbookといったデバイスの他に持ち歩くアイテムが 521 Power Bank と充電ケーブルだけならガジェットポーチを用意せずカバンにそのまま入れて持ち歩いてもケーブルが他のモノと絡むことを気にせずに移動できます。

HALFDAYPACKに Anker 521 Power Bank を入れている写真

私はiPadを持ち歩くときはカバン (HALFDAYPACK) にそのまま Anker 521 Power Bank と充電ケーブルを入れて出掛けていて、取り出しが簡単なので本当に快適です。


iPhone~Macbook Air まで幅広く使える

実は私は Anker 521 Power Bank の前に1つモバイルバッテリー兼USB充電器を持っていました。しかもバッテリー容量も5,000mAhとまったく同じものを。それでもわざわざ買い替えたのは「充電出力」が決め手でした。

旧型(PowerCore Fusion 5000)と新型の「521 Power Bank」では充電出力に圧倒的な差があります。

521 Power BankPowerCore Fusion 5000
USBポートUSB-C ×2USB-A ×2
AC接続時45W (20V=2.25A)10.5W (5V=2.1A)
モバイルバッテリー使用時20W (9V=2.22A) ※15W (5V=3A)
※2ポート使用時はMax18W

正直、特にAC接続時に45Wのパワーが出るのはかなり魅力的で、これなら会社で使うノートPC(Macbook Pro)~個人で持っているデバイスまで問題なく充電することができます。

イチ

Macbook Pro は充電出力が61W~ですが、45W充電でも半日外出のテレワーカーなら十分な延命になります


1日外出だとバッテリー容量に不安あり

Anker 521 Power Bank はちょっとした外出時に持ち歩くならかなりおすすめできるアイテムですが、終日外出していて屋外でがっつりノートPCを使い倒したい・モバイルバッテリー機能をメインに使いたい人にはバッテリー容量不足に感じると思います。

というのも上でも書いている通り Anker 521 Power Bank のバッテリー容量は「5,000mAh」。一般的にモバイルバッテリーの電池容量は表示数値の60~70%くらいが実際の充電容量(その他は本体制御や充電時の放熱で消費されてしまう)ので、iPhone13以降だとminiシリーズ以外はフル充電できません

イチ

60%使えるとすると、実際に使えるバッテリー容量は3,000mAhくらい

iPhone 機種バッテリー容量
iPhone 13 mini2,406mAh
iPhone 133,227mAh
iPhone 13 Pro3,095mAh
iPhone 13 Pro Max4,352mAh
iPhone 143,279mAh
iPhone 14 Pro3,200mAh
iPhone 14 Pro Max4,323mAh
iPhone 14 Plus4,325mAh
参照元:Sizeinfo 記事

私のようなテレワーカーで半日の外出作業をiPadやiPhoneの持ち歩きのお供として使いたい・フル充電できなくても半分充電できれば問題ないという人にはハマると思います。ぜひ参考にしてみてください。


Anker 521 Power Bank の口コミや評判

私の意見の他にTwitterでも「Anker 521 Power Bank」に関する口コミや評判を集めてみました。

イチ

ポジティブな意見としては、充電出力(パワー)やコンパクトさ、カラー展開の豊富さが良いという意見が多い印象

イチ

ネガティブな意見はほとんど見当たりませんでしたが、バッテリー容量が10,000mAhあると嬉しいという意見がありました

Anker 521 Power Bank はこんな人におすすめ

実際に使ってみて感じた Anker 521 Power Bank をおすすめできるのはこんな人です。

Anker 521 Power Bank はこんな人におすすめ
  • 外出時の持ち歩きはiPhone/iPadが多い
  • 高出力充電はいらない(30Wで十分)
  • バッテリー容量よりコンパクトさ重視

私の場合iPhoneやiPadだけを持って出かける休日や旅行先に持って行くことが多いアイテム。521 Power Bankと充電ケーブルさえ一緒に持ち歩けば安心して出歩けるので “ モノは多く持ちたくないけど万が一にも備えたい “ という人はぜひ参考にしてみてください。


Anker 521 Power Bank レビューまとめ

この記事では、Ankerのモバイルバッテリー兼USB充電器「Anker 521 Power Bank」をレビューしました。

Anker 521 Power Bank
メリット
  • 屋内/屋外で十分な充電出力
  • 1つ持ち運ぶだけでOKの1台2役
  • iPhone ~ MacbookAir まで使える
デメリット
  • 終日使うにはバッテリー容量が少ない

外出時の荷物はなるべく減らして身軽に動きたいけど、万が一のためにしっかり備えておきたい。そんな人にとって、2-in-1のモバイルバッテリー兼USB充電器は最適のアイテム。特にiPhoneやiPadのような小~中型のデバイスを持ち歩く人はぜひ参考にしてみてください。それでは!


▼ この記事に関連する参考記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!
目次