iPhone 12 mini レビュー|軽くて小さいサイズ感はそれだけで正義

iPhone 12mini


どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ(ichi_MILIBLO)です。

移動しながら色々な場所で働く私のようなテレワーカーにとって「軽くて小さい」ことはそれだけで正義。

" 肩が痛い…。荷物が少しでも減らせれば…。"

こんな悩みから少しでも逃げるために、私は軽くて小さいアイテムを選びがち。

そんな中、片手で扱える iPhoneSE2 の進化版として登場した「iPhone 12mini」。
これは買っちゃいますよね。笑

iPhone 12mini
Apple|iPhone 12mini


こんな人におすすめ
iPhone 12 mini

  • 少しでも軽くて小さなモノを持ちたい
  • 片手でiPhoneを操作したい
  • iPhoneはLINEやTwitterで使えればいい


iPhoneって長く使うアイテムだからこそ、気になるところは色々あると思います。

  • iPhone 12 miniって小さすぎない?
  • なんで mini を選んだの?
  • iPhone SE2と比べてどうなの?

私がiPhoneを買い替えるときに気にしたポイントについて自分なりの答えも書いているので、これから購入する人は、ぜひ参考にしてみてください。


「iPhone 12mini」の良かった点

  • コンパクトなサイズ感で扱いやすい
  • 小さくても主な機能はProと遜色ない
  • シンプルに顔認証は指紋認証より便利

「iPhone 12mini」の惜しい点

  • 屋外利用が多い人はApple Watchが必須
  • 電池容量が小さい


Sponsored Link

iPhone 12 mini はこんな商品!

私が購入したのは、iPhone12シリーズで1番のコンパクトモデル「iPhone 12mini」。

iPhone 12miniを持っているところ


時代的に顔認証だけは微妙とか、米国ではiPhone SEの方が売れているとか、色んなマイナス情報も出ているのは事実。

でもやっぱり ” 軽くて小さいのは正義だな ” と実感したし、選んで良かったと思いました。

iPhone 12miniを選んだ理由

    • 何にも勝るコンパクトなサイズ感
    • 画面にボタンがない(顔認証)端末への憧れ
    • マスク着用時のロック解除方法が見つかった


これまでもずっと iPhoneを使っていて、ブログの記事執筆では iPad Air4 とAirdropしながら作業するのが染みついてるので、買い替えは当然 iPhone一択。

とはいえ、どんどん巨大化する筐体サイズには正直うんざりだったので、コンパクトさが魅力の SE2 と 12mini の2択で最終的には見た目で決めました。笑

iPhone 12miniの側面
側面に丸みがないデザインが好き


初代 iPhoneSEみたいな角ばった筐体・ボタンレスなシンプルデザインが完全にツボでした。

唯一、指紋認証(Touch ID)から顔認証(Face ID)に変更されるのが心配なところ。

iPhone 12miniにはTouch ID(指紋認証)のためのホームボタンがない
ホームボタンが無いのはメリットでもデメリットでもある


マスク着用 × 顔認証は相性が悪いものの、私は在宅勤務がメインなので外に出る機会が少なく、子供が生まれたことで外でスマホを開く機会はさらに軽減。

” ロック解除のストレスは多くなさそう ”

購入に納得感を持てたこともありますが、最終的には ” 自分の好きだと思えるモノを持ちたい!” という欲求が決め手で「iPhone 12mini」を購入しました。


iPhone 12mini の特徴:良かった点

ここからは実際に「iPhone 12mini」を使ってみて感じた「良かった点」を紹介します。

私は iPhone8 からの買い替えなので記事内容が「対iPhone8」に偏ってるところもありますが、購入前の参考にしてみてください。

「iPhone 12mini」の良かった点

  • コンパクトなサイズ感で扱いやすい
  • 小さくても主な機能はProと遜色ない
  • シンプルに顔認証は指紋認証より便利


片手で操作できるコンパクトなサイズ感

何と言っても、やはり最大の良さは「サイズ感」。

iPhone 12miniは片手でしっかり握れるサイズ感
掴んだときに指先が引っかかる安定感は最高


スマホを持つときに1番大きさを感じやすい「幅」を見ると、iPhone 12mini は 64.2mm。

最近のiPhoneではダントツのコンパクトさで、12miniより小さいモノだと初代iPhoneSE まで遡る必要があります。


スマホがPCやタブレットより優れているのは片手でも気軽に操作できる点。

このメリットを最大限に使い倒すうえで iPhone 12mini は現実的に持てる機種のうち、片手で操作できる最適のサイズ感です。


小さくても普段使いならPro並みの機能性

サイズが小さい分だけ機能も減っているのかといえば、そうではないのが iPhone 12mini の良いところ。

画像転載元:Apple公式ホームページより


iPhone 12mini は 12 Pro と同じA14 Bionicチップを搭載しています。

コンパクトな iPhone が欲しい人の中には値段が安い iPhone SE2 と迷う人もいると思いますが、チップの性能が1世代古くなってしまうのが注意点。

私はスマホでゲームをほとんどしませんが、写真を撮ったりアプリで加工することもあります。

MX Anywhere3とMX ERGO
露光を変えたり
iPad Air(第4世代)とMX Anywhere3
コントラストを変えたり
Soundcore Life Q35 と iPad Air4 と iPhone 12mini
彩度を変えたり


こういう写真系アプリを快適に使うためにチップ性能はかなり重要

ここが「iPhone SE2」は1世代前のiPhone 11時代のモノをそのまま使っているのがネックでした。


とはいえ、全てがProと同等ではなく、カメラの望遠機能だったり、ビデオ撮影が60fpsだったり、細かい部分で12Proよりもスペックは落ちます。

それでも、チップ性能や広角・超広角のカメラレンズ搭載などは普段使いであれば iPhone 12mini のスペックで十分だと思います。


スマホを構えた瞬間に開いている。顔認証は本当に快適。

スマホを手に取って画面を上にスワイプする。
この自然な動作で画面が開けるので顔認証のほうが自然に iPhoneが使える感覚です。

iPhone 12シリーズは全画面でボタンがないデザインが本当にミニマル
画面から完全にボタンが消えたデザインもミニマル


外でマスクをしたままだと iPhoneでの支払い(Apple Pay)が手間だと思いませんか?
私は思ってました。

ただこの点は、外での支払いをエクスプレスカード設定したモバイルSuica を使うことでクリアしました。

設定>WalletとApple Pay>エクスプレスカードで設定


自分の持っているモバイルSuica をエクスプレスカードとして登録すれば、改札やレジで顔認証なしで支払いを済ませられます。

とはいえ、マスクをしている時は顔認証が効かないことには変わりなく、指紋認証でないことが手間に感じるのも事実

外でスマホを触る機会が多い人は、顔認証よりも指紋認証がついている「iPhone SE2」の方が使いやすいと思います。


iPhone 12mini の特徴:惜しい点 

ここからは実際に「iPhone 12mini」を使って感じた「惜しい点」を紹介します。

どんなガジェットにも良いところ/惜しいところがありますが、例にもれず iPhone 12mini にも ” あれ? ” と感じる部分がありました。

「iPhone 12mini」の惜しい点

  • 屋外利用が多い人はApple Watchが必須
  • 電池容量が小さい


屋外利用が多い人はAppleWatchが必須

iPhone 12mini に限らず顔認証(Face ID)搭載の iPhoneは全て同じですが、外出時は Apple Watch があったほうが確実に楽です。

iPhone 12miniとApple Watchはセットで持つべきアイテム
私は iPhone 12miniにしてから Apple Watchを購入


マスクをつけていると顔の半分以上が隠れるので認証が通りません。

スマホを出す → 顔認証NG → 暗証番号入力 → 開く

このサイクルから抜け出してストレスなく iPhoneを使うために Apple Watch は必須レベルで重要なアイテムになります。

顔認証(Face ID)ではApple Watchが欠かせない
Apple Watchがあればマスクをしてても顔認証が通過できる


私が使っている iPad Air4 にもあるような、電源ボタンに指紋認証がつけてほしいところですが、Appleはどうしても Apple Watch を売りたい模様…。

Apple Watch自体は iPhone のロック解除以外にも Suica機能やタイマー機能などが日々暮らす中で意外と便利なので、顔認証の iPhone を屋外で使うなら購入をおすすめします。


電池容量は2,2227mAhと少なめ

iPhone 12mini の電池容量は「2,227mAh」と他の iPhoneと比べても少ないです。

機種電池容量
iPhone 12 mini2,227mAh
iPhone 122,815mAh
iPhone 12 Pro2,815mAh
iPhone 12 Pro Max3,687mAh
iPhone 13 mini2,406mAh
iPhone 133,227mAh
iPhone 13 Pro3,095mAh
iPhone 13 Pro Max4,352mAh
参照元:iPhone Mania 記事


私は在宅勤務がメインなので日中はほとんど充電スタンド(BelkinのMagSafe対応3-in-1ワイヤレス充電器)に置いていて、” 電池が切れそう… ” みたいなシーンはありません。

belkin|MagSafe対応3in1ワイヤレス充電器
家で使うならワイヤレス充電器はかなり便利


日中ずっと外にいる人にとっては(使い方によるので何とも言えないところですが)不安になる電池容量。

私は念のために外出時は Ankerのモバイルバッテリー PowerCore Fusion 5000 を常に持ち歩いています。

Ankerのモバイルバッテリー|PowerCore Fusion 5000
万が一のため、モバイルバッテリーは必須アイテム


終日外にいることはほとんどないので、iPhone 12miniでもモバイルバッテリーが必要になったことはありません

とはいえ、ガジェットにとって電池が無くなることは死活問題なので、ワイヤレス充電器もモバイルバッテリーも持っていて損はないアイテムです。


belkin|MagSafe対応3in1ワイヤレス充電器
Belkin ワイヤレス充電器のレビュー記事はこちら

続きを見る

Anker モバイルバッテリーのレビュー記事はこちら

続きを見る


iPhone 12mini レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では、私が長い付き合いになることを確信している iPhone12 mini について紹介しました。

「iPhone 12mini」の良かった点

  • コンパクトなサイズ感で扱いやすい
  • 小さくても主な機能はProと遜色ない
  • シンプルに顔認証は指紋認証より便利

「iPhone 12mini」の惜しい点

  • 屋外利用が多い人はApple Watchが必須
  • 電池容量が小さい


キーボードなどと違ってガジェットの中でも特にスマホは進化が早く、数年前と今では全く別物。

常に最新のスマホを買うことが正解ではないですが、定期的な買い替えは暮らしを変えるキッカケになると思うので、ぜひ参考にしてみてください。


iPhone にまつわるアイテムは別の記事で紹介しているので、気になるものはぜひチェックしてみてください。

belkin|MagSafe対応3in1ワイヤレス充電器
家で使えるワイヤレス充電スタンド

続きを見る

ガジェットポーチの中身
ガジェットポーチの中身紹介

続きを見る


私にとっての「iPhone 12mini」と同じように、この記事があなたの iPhone ライフを変えるキッカケになれば嬉しいです。

それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。