メニュー
イチ
2016年にテレワーク中心の働き方へシフトしたIT企業の会社員。
在宅勤務で働く傍ら、デスク周りのガジェットやテレワークの働き方について発信。
Yahoo! JAPAN、ライフハッカー日本版などの外部メディアでコンテンツ制作を行なったり、Webライターとしても活動しています。

【アークテリクス マンティス26 レビュー】ビジネスにも旅行にも使える愛用の通勤リュックを紹介

この記事はアフィリエイト広告を含みます

” 仕事も旅行も1つのリュックを使い倒したい―― “

ノートPCを持ち歩くテレワーカーにとって通勤リュックは重要なアイテム。カバン1つで身体への負担は違うし、それが仕事の生産性にも影響します。とはいえ仕事専用のカバンを購入するのはなんかもったいない。

この記事では、そんな私がビジネス~旅行まで持ち歩く愛用のリュック、アークテリクスの「マンティス26 (Mantis26)」をレビューします。

この記事で書いていること

  • マンティス26 の概要
  • 良かった点・惜しい点
  • 口コミや評判
  • この商品をおすすめできる人の条件

家にリュックを複数置くと場所が取られるので、オンオフ兼用できるようなリュックを探し始めて、とうとう見つけたのが「マンティス 26」。

通勤、出張、旅行と利用シーンを問わずに使いやすいデザインとサイズ(容量)があるので、” これだと思える理想のリュックを使い倒したい ” と考えてる人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ARC'TERYX(アークテリクス)
¥27,500 (2024/05/11 19:44時点 | Amazon調べ)

メリット

  • 仕事でも旅行でも使いやすいサイズ感
  • 身体への負担が少ない設計で移動が楽
  • ポケットが多くモノを小分けで収納可能

デメリット

  • 自立しない
  • 防水性に不安がある
  • PCスリーブにクッション性がない
目次

アークテリクス マンティス26 の概要

私が愛用しているのは、ARC`TERYX (アークテリクス) のバックパック「マンティス26 (Mantis26)」。

アークテリクス|マンティス 26
クリックすると商品スペックが見られます
マンティス26 (Mantis26)
サイズ幅29cm・奥行25cm・高さ51cm
重量0.84kg
容量26L
素材420d HD ナイロン
内ポケットジップ付きポケット × 3
PCスリーブ × 1
外ポケットメッシュ地サイドポケット × 2
その他負担軽減になる胸・腰ベルトあり

「マンティス 26」は、カナダ発のアウトドアブランド「アークテリクス(ARC’TERYX)」が日常使い~日帰りハイキングまで幅広く使えるようにデザインしたバックパック。

機能性が高く通勤でも旅行でも使いやすいリュック|アークテリクス「マンティス 26」

アークテリクスでは実際にカナダの雪山で試作品のテストを繰り返していて、その機能性は ” 使えば分かる、いいヤツやん ” という感じでした。ハイキングにも使えるよう作られたリュックなので、通勤や旅行くらいなら必要十分以上の機能性があります。


マンティス26 の使用感レビュー

ここからは実際に「マンティス26」を使ってみて感じた「良かった点」「惜しい点」を紹介します。ぜひ購入する前の参考にしてみてください。


ビジネスにも旅行にも使いやすいサイズ感

マンティス26 の容量は「26L」。1〜2泊の旅行では20〜30Lが目安なので仕事はもちろん旅行でも十分使える「ちょうど良いサイズ感」です。

最近はブログ執筆のために iPad も持ち歩くようになって以前より荷物は多くなりましたが、前に使ってたリュックよりも肩の負担が軽減されたように感じます。

イチ

テレワークで必要なアイテムをひと通り入れてもかなり余裕があります

ビジネスマンのカバンの中身
私の通勤時のカバンの中身はこちら

よくあるビジネスリュックは資料が入れやすい反面、マチが狭くて出張などで衣服を入れるのは難しいモノが多い印象でしたが、アークテリクスは元々アウトドアブランドで、その中でも「マンティス26」は日常使い〜旅行までを想定した商品なので出張にも問題なく使えます。

私はテレワークで働いているので外に持ち運ぶ荷物は多いほうですが、収納力が足りないと思うことは今のところありません。


収納ポケットが多く、探し物も見つけやすい

マンティス26 は大きさの違う3種類のポケットがあり、収納力の高さが特徴のバックパックです。私はノートPCとガジェットポーチ、他にも色んなアイテムを入れていますが1番広いメインコンパートメントを使わなくても十分な収納力があります。

マンティス26 の正面ポケットは使いやすくガバッと開く
正面ポケット(上)
マンティス26 の正面ポケットはそれぞれ独立している
正面ポケット(左右)
マンティス26 のサイドポケットはそれぞれ独立している
サイドポケット(両側)
イチ

私は用途に合わせて入れる場所を固定化しています

  • 正面ポケット(上)
    ペンや除菌シートなど頻繁に出すモノ
  • 正面ポケット(左右)
    ガジェットポーチや財布など汚したくないモノ
  • サイドポケット
    傘やショッピングバッグなど汚れるモノ

見た目は黒一色というデザインですが、中の生地がグレーになっているので探し物が見つけやすいのも嬉しいポイントでした。

マンティス26の中の生地はグレー

その場でモノを取り出したいときに暗くてよく見えない…ということがないので、1つのポケットに複数のアイテムを入れても使いやすいと思います。


体感で2割減!荷物を軽く感じる肩パッド

実際に背負うと分かりますが、マンティス26 は実際の重さよりも荷物が軽く感じます。私の体感では重さ2割減くらい。この負荷分散のヒミツが肩パッドと背中のプレートです。

マンティス26の肩パットはかなり肉厚
マンティス26は背面にプレートが入っている
背面部に固いプレートが入っている

ノートPCを持ち運んで仕事していると1日の終わりには肩が痛くてたまらなかったのが、このリュックに変えてから痛みが消えました。テレワーカーにとって移動が身軽になるのは何より価値があります。その意味でマンティス26 はテレワークのQOLを上げてくれたアイテムNo.1です。

普段から重い荷物を持って移動している人はぜひ1度背負ってみてほしいです。その時点で購入が確定します。笑


自立しない(負荷分散を重視している)

マンティス26 は背中に沿うようなデザインなので、床に置いても自立しない構造です。

マンティス26は自立しない設計

これはテレワーカーには痛い欠点です。リュックが自立すれば狭い座席でも場所をとらなくて済みますから…。ということで私は「Clipa (クリッパ)」というバッグハンガーを使っています。

バッグハンガー|Clipa (クリッパ)
バッグハンガー|Clipa (クリッパ)
バッグハンガーを使えばリュックをデスクにぶら下げられて便利
こんな感じでぶら下げる

小さな金属が輪になってるだけの簡単な作りなのにこれ1つで耐荷重が15kgあるので安心してリュックをぶら下げられます。外につけっぱなしでも問題ないデザインなので、普段は取っ手の部分にひっかけています。

リュックの取っ手部分にClipa(クリッパ)をつけています

カフェなど狭い場所で作業することが多い人は持っていて損しないアイテムなので、ぜひチェックしてみてください。


防水性に若干の不安あり (小雨OK・大雨NG)

リュックの耐水性について公式ページに記載が見つからなかったので私の感想ですが大雨や長時間の雨はNGです。リュックの素材はナイロン製。シッパーは止水加工されてますが濡れれば水が染み込んでしまいます。

マンティス26の表面はナイロン素材
表面はナイロン素材
マンティス26のジッパーは止水加工がついています
ジッパー部分は止水加工つき

とはいえ、元々がハイキングでも使えるバックパックなので小振りの雨なら問題なく使えています。

” 多少の雨ならへっちゃらだけど、なるべく濡らさないようにしようね ” くらいの心持ちで使うのがおすすめです。


PCスリーブにクッション性はほとんどない

正直、私はあまり気にしないんですが、マンティス26 のPCスリーブにはクッション性がありません。

マンティス26のPCスリーブはクッション性なし

ただ、正直リュックを落とすことなんでほぼ無いと思うので私にとってPCスリーブのクッションは「あれば嬉しいけど無くても困らないもの」です。今まで5年以上テレワーカーとして外にノートPCを持ち出していますが、座る直前までリュックは背中にあるし、座った後はすぐテーブルの上に出すのでノートPCを落としたことはありません。

万が一のリスクが怖い人は360度しっかり守ってくれる専用のPCスリーブを購入するのがおすすめです。


マンティス26 の口コミや評判

Twitterで「マンティス26」に関する口コミや評判を集めてみました。

イチ

ポジティブな意見だと、収納力背負いやすさを挙げてる人がいました


イチ

ネガティブな意見だと、偽物を販売している業者に注意が必要だと言っている人もいました


マンティス26 によくあるQ&A

ここでは、アークテリクス マンティス26 によくある質問に一問一答形式で回答しました。

購入前に気になるところに回答したつもりなので、ぜひ参考にしてみてください。

マンティス26 の本物と偽物の見分け方は?

1番確実なのは「正規販売店かどうか?」を確認したうえで購入するのがベストです。

簡単に見分けたい人へ

ARC`TERYX (アークテリクス) の公式Instagramでも広報がありますが、検索するのが面倒な人は、商品のロゴをインスタの画像と比べるのが簡単です。

偽物は正規品と比べてロゴデザインが粗悪なケースが多いので、始祖鳥の足先や手先の裁縫が荒くなっているようです。(ただ、偽造品も年々品質が上がっているようなので、正規販売店かを調べるのが確実です)

マンティス26 の新作との違いは?

機能性やデザインに違いが出ましたが、注目すべきは「通気性」「サイドポケット」「素材」の3点です。

さらに詳しく
  • ショルダー・背面素材を通気性がより良いものに変更
  • サイドポケットにドローコード追加 (落下防止)
  • 素材をリサイクルポリエステル100%に変更 (撥水加工)

ほかにもデザイン的な部分が多いので好みの問題かなと思います。

新旧の違いを丁寧にまとめているサイトがあったので参考にしてみてください。

マンティス32との違いは?

違いは容量の1点だけだと言っても過言ではありません。

2つの製品の比較結果はこちら
マンティス 26マンティス 32
サイズ幅29cm
奥行25cm
高さ51cm
幅32cm
奥行30cm
高さ53cm
重さ0.84kg1.01kg
容量26L32L
素材420d HD ナイロン
収納(中)ジップ付ポケット×3
PCスリーブ×1
収納(外)メッシュポケット×2
その他胸・腰ベルトあり

「マンティス26」よりひと回り大きいのが「マンティス32」。

私も購入時に迷いましたが、2つのバックパックに大きな違いはないので、正直、私が選んだ理由もそこまで深いものではありません。

私が「マンティス26」を選んだ理由
  • リュックの重さが1kg以下と軽い
  • 普段使いにちょうどいいサイズ感
  • 旅行用としても1泊2日で使えれば十分

32Lというと2泊3日の旅行でも余裕で使えるサイズ感。

私の場合、仕事で持ち歩く大きなものはノートPCくらいで、家族旅行にはスーツケースを使うので26Lの容量があれば十分でした。

逆に15インチ以上のノートPCやカメラ機材のような重くてかさばる荷物を多く持ち歩きたい人は「マンティス 32」がおすすめです。

マンティス26をビジネスシーンで使うときの注意点は?

スーツに合わせるのはやめた方がいいです

詳しくはこちら

実際に使ってみて、マンティス26は日帰り旅行からタウンユースまで幅広く使えるバックパックだと感じました。

私は通勤リュックとしても使っているので会社に行くときもマンティス26を使っていますが、リュック正面にロゴがあったりと見た目はカジュアル寄りなので、スーツに合わせるのは難しいと思いますし、スーツを必要とするビジネスシーンでは相応しくないのかなと思います。

マンティス26を背負っている写真

私は普段、社内の人間としか会わないため上のような服装で出社しています。


マンティス26 はこんな人におすすめ

実際に使ってみて感じた マンティス26 をおすすめできるのはこんな人です。

マンティス26 はこんな人におすすめ
  • 荷物が多く、なるべく肩の負担を減らしたい
  • 仕事でも旅行でも使えるリュックがほしい
  • 本格的なアウトドアには使わない

ARC`TERYX (アークテリクス) という有名アウトドアメーカーが出しているリュックですが、マンティス26はどちらかと言えばタウンユース向け。本格的な登山ではなく普段使い~カジュアルなビジネスシーンで使いたい人に選んでほしいアイテムです。

特に私のようにノートPCやガジェットポーチなどを持ち歩くテレワーカーなら「買っても後悔しないリュック」なので、ぜひ参考にしてみてください。


アークテリクス マンティス26 レビューまとめ

この記事では、仕事でも旅行でも愛用するバックパック、アークテリクス「マンティス 26」をレビューしました。

マンティス26 (Mantis26)
メリット
  • 仕事でも旅行でも使いやすいサイズ感
  • 身体への負担が少ない設計で移動が楽
  • ポケットが多くモノを小分けで収納可能
デメリット
  • 自立しない
  • 防水性に不安がある
  • PCスリーブにクッション性がない


マンティス26 を使って1番良かったのは「通勤や移動時の身体の負担が減ったこと」でした。私のようなテレワーカーやオンオフで兼用できる使いやすいリュックを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは!

ARC'TERYX(アークテリクス)
¥27,500 (2024/05/11 19:44時点 | Amazon調べ)


▼この記事の中で紹介した参考記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!
目次