エルゴトロン LX レビュー|モニターアーム設置の感想と組み立て時の注意点を解説

どうも、こんにちは。
在宅勤務サラリーマンのイチ( ichi_MILIBLO)です。

家で働き始めてすぐはPCスタンドを使っていましたが、画面が低いので猫背になりがち。終日デスクに座りっぱなしだと夕方には体がバキバキでした。

" 少しでも楽な姿勢で作業したい "
" 首や肩に負担をかけずに作業したい "
" デスク上に作業スペースを確保したい "

こんな思いが積もりに積もって、とうとうモニターアームを導入。

モニターアーム|エルゴトロン LX

この記事では、愛用のモニターアーム「エルゴトロン LX」をレビューしていきます。

この記事で書いていること

  • エルゴトロンLX の特徴
  • OEM製品との違い
  • 良かった点・惜しい点
  • デスクへの取り付け方法と注意点

モニターアームのおかげでデスク周りはすっきり快適になったし、首や肩のコリも軽減して、今となっては壊れたらすぐに再購入するマストアイテム。

この記事には実際に使って感じたメリット・デメリットだけでなく、デスクへの取り付け方法と注意点も解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ここが良かった!

  • 自分に合わせた楽な姿勢で作業できる
  • モニターが浮いて机の利用面積が増える
  • アームにケーブルが隠せて机がスッキリする

ここが惜しい…

  • VESA規格対応モニターのみ設置可能
  • 説明書だけでは組み立て手順が分かりにくい
Sponsored Link

モニターアーム「エルゴトロン LX」の特徴

私が購入したのは、エルゴトロン(Ergotron)社から出ているモニターアーム「エルゴトロン LX」

白のモニターアーム|エルゴトロンLX

エルゴトロン社は1982年の創業から「人々がアクティブに動ける環境を構築すること」を目的に、人間工学に基づいた使いやすいモニターアームや昇降デスクを開発・販売している会社です。

公式ホームページには健康的に働くための姿勢や定期的に運動することがどれだけ健康に良いかを語ったページがあって、これが面白い。

例えば、下のページでは自分の体に合ったデスク環境(モニターやキーボードの配置など)を確認できるのでぜひ見てみてください。(私も結構参考にしてます)

エルゴトロン社ホームページのデスク位置測定結果
転載元:エルゴトロン社ホームページ

それまでノートPCをスタンドに立てて仕事していたのでそもそもの快適さが違いますが、確かにページの通りにしたら姿勢が楽になって体の負担が減りました。

モニターアーム導入前のデスク環境
モニターアーム導入前
モニターアーム導入後のデスク環境
モニターアーム導入後

モニターアームを導入するのに合わせて、ぜひあなたになって最適なモニターの位置や高さを確認してみてください。


OEM商品との違い

エルゴトロンのモニターアームには他社からの委託で製造している「OEM製品」もあります。(HPやAmazonベーシックです)

ということで、ここでは私が購入したシングルタイプのモニターアームについて純正品とOEM製品の違いを比較してみました。

OEM商品といっても製造元は全てエルゴトロンなので品質は同じで、むしろ値段は純正品より安く設定されています。それでも私は2つの理由からエルゴトロン社の純正品を選びました。

  • 10年間という保証期間
  • 唯一、白のカラー展開をしている

本体の値段だけならOEM製品(HP・Amazon)の方が3,000円ほど安いですが、保証期間10年を3,000円で買えるので私は純正品を即決でした。(長く使うものだからこそ保証は長いに越したことはない)

白壁に馴染むホワイトのモニターアーム

また、インテリア的に「ホワイトのモニターアームが欲しい」と思っていたのも正直なところ。笑

色に統一感が出る分、デスク上もスッキリ見えるし、ディスプレイの後ろ(壁とブラインド)が同じ系統の色合いなのでディスプレイが浮いて見えるのがお気に入りです。


エルゴトロン LX の良かった点

まずは実際に使って感じた「良かった点」を紹介します。結論からいうと本当に買って良かったです。

ここが良かった!

  • 自分に合わせた楽な姿勢で作業できる
  • モニターが浮いて机の利用面積が増える
  • アームにケーブルが隠せて机がスッキリする

デスクに向かうだけでシンプルにテンションが上がるし、仕事の面でもデスク上がスッキリした分だけ集中できるようになりました。


正しい姿勢をとりやすい!ディスプレイは最大44cmの高さまで上昇可能。

モニターアーム最大のメリットが正しい姿勢をキープしやすいこと。これは言い換えれば、疲れにくい姿勢をキープできるということです。

エルゴトロンLXを横から見る

エルゴトロン社のホームページにも載っていますが、座ったときの理想的なディスプレイの高さは「目線の高さ」です。

エルゴトロン社ホームページのデスク位置測定結果
転載元:エルゴトロン社HPのワークスペースプラン

エルゴトロンは34インチのディスプレイまで対応していて、一般的な34インチディスプレイ(縦横比16:9のもの)の高さは 42.3cm。(参考:インチ数一覧表)

モニターアームが持ち上げられる高さは最大 44cmなので、34インチディスプレイなら大体65cmくらいまで上がります。

私が使っているLGの27インチディスプレイ(高さ33.6cm)は17cm+44cm=61cmなので、理想的な高さでディスプレイを使えています。

エルゴトロンLXを横から見る

また、モニターアームを使うことでデスクの奥にディスプレイを設置することができます。(50~76cmくらいの距離を確保するのが理想)

こうやって正しい姿勢で作業するだけで首や肩のコリがかなり改善されました。

デスクの奥行が短い場合でもディスプレイとの距離を確保しやすくなるので、特に小さいデスクを使ってる人におすすめです。


デスク周りがすっきり。アームの中にケーブルを隠せる仕組みあり。

エルゴトロン LXはアーム内にケーブルを隠しつつ、アームの支柱部分までケーブルを伸ばせる構造です。

つまり、ディスプレイの裏からデスク上にケーブルが垂れることはありません。

モニターアームの中にケーブルを隠している

モニターアームにすることでディスプレイの下に空間ができますが、この空間を活用するとデスク周りのスッキリ感がかなり変わります。

モニターアームで支えたディスプレイの下

ディスプレイ下に置いているもの

アームの中にケーブルを隠すと自然とまとまるので、結束バンドを使う箇所も減って楽にケーブル配線を整理することができました。

私のデスクで実践しているケーブル配線整理術は別の記事で紹介しているので、コード類の整理に困っている方は参考にしてみてください。

デスク周りのケーブル配線整理について

続きを見る


エルゴトロン唯一の「ホワイト」カラー。モニターが浮いて見える?

エルゴトロンはHPやAmazonでもOEM製品を購入できますが、カラー展開に「ホワイト」があるのはエルゴトロン社の純正品だけ。

モニターアームを導入したデスク環境

白のモニターアームをカラー展開しているメーカーは少ないので、その中で品質的にも安心なモノと考えると問答無用でエルゴトロンLX(純正品)の一択になると思います。


エルゴトロン LX の惜しい点

ここからは使ってみて感じた「惜しい点」を紹介します。

ここが惜しい…

  • VESA規格対応モニターのみ設置可能
  • 説明書だけでは組み立て手順が分かりにくい

使い心地は最高ですが、使えるようになるまでにいくつか準備が必要なので購入前の参考にしてみてください。


モニターとの相性に注意!VESA規格対応ディスプレイのみ設置可能。

エルゴトロンLX はVESA規格「MIS-D」に対応していて、ディスプレイ裏の穴は「75x75㎜」「100x100㎜」の2つが設置できます。

VESA規格対応を謳っていてもHDMIポートとVESAマウントが近すぎて干渉してしまうモニターもあるので、ディスプレイは出来るだけ有名どころのものを購入するのがおすすめです。

ちなみに私が使っているのはLGのディスプレイ(27インチ)で、これなら自信をもって設置できると言えるのでよかったら参考にしてみてください。


組み立てが少し難しい。設置はクランプ式一択?

エルゴトロン LXの設置方法は説明書に記載がありますが、説明書の内容だけではちょっと分かりにくい。。。

私はエルゴトロンの公式Youtubeチャンネルで解説されているモニターアームの設置方法を見ながら設置したので、組み立てる際はこちらを参考にしてみてください。


ちなみにデスクへの設置方法は2種類あって、どちらを選んでも購入金額は変わりません。

種類クランプ式グロメットマウント
設置方法デスク天板に挟んで固定デスク天板に穴をあけて固定
対応デスクの厚さ10~60mmまで対応可能 ~57mmまで対応可能
メリット設置や移動が簡単デスク天板の厚みに関係なく設置可能
デメリットデスク天板に1cm以上の厚さが必要デスクに8~51mmの穴が空く


個人的には「クランプ式」がおすすめです。

クランプ式ならデスクに穴をあける必要がないし、何より1回で設置が成功しなかったときのリスクが計り知れないので、こだわりがない限りは「クランプ式」をおすすめします。


エルゴトロン LX の組み立て 5STEP|注意点も解説

モニターアームの設置は「組み立ての順序」を失敗すると大変なことになります。

実際に私が組み立ててみて感じた ” これが1番楽だった ” と思う負担の少ない組み立ての順序を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


step
1
クランプ部分をデスクに設置する

まずはモニターアームの台座になるクランプ部分をデスクのどこに設置するか決めます。

何度か修正する可能性があるので最初は軽めに」設置するのがポイントです。

モニターアーム「エルゴトロン LX」の支柱を設置する

また、天板は中身が詰まった構造のものを選ぶようにしてください。(ちなみに私はIKEAの「ヒルヴェル」という竹製の天板を愛用)

安い天板は薄い板を繋ぎ合わせただけで「中身がスカスカ」というものもあって、そういう天板だとクランプを設置したときに天板が割れてしまう可能性があります。

不安な人は「モニターアーム補強プレート」をクランプと天板の間に挟んだ方が無難です。


step
2
アームを組み立ててクランプに繋げる

アーム部分を繋げて先端(ディスプレイ設置部分)がデスクの真ん中にくるよう調整します。

モニター部分がデスクの真ん中にくるように設置
モニターがデスクの真ん中に来るように設置
モニターアーム設置では奥行が必要なことに注意
特にモニターアーム設置は「奥行き」が必要なので注意

モニターアームを自由に動かすためにデスク周りの障害物(壁など)とアームが当たらないように取り付けるのがポイントです。

クランプの位置を微調整して周りのモノと干渉しない場所を探します。


step
3
アームをディスプレイに接続する

アーム部分を一度クランプから外してディスプレイに接続します。

モニターアームとディスプレイモニターを接続

アーム接続のネジはモニターアームには付属していません。モニターを購入すればモニター側の付属品として付いてくると思うのでそちらを使います。

このとき、ディスプレイがVESA規格対応のものでないとモニターアームが設置できないので注意してください。


step
4
ディスプレイをクランプに接続する

ディスプレイ+アームをクランプに接続します。接続する前にクランプがしっかり締まっていることを確認するのを忘れないように気をつけてください。

モニターアーム+ディスプレイを設置
モニターアーム+ディスプレイを設置
モニターアーム+ディスプレイを設置
最後にアームのキャップを締める

ディスプレイの大きさによってはクランプ接続が大変なので、できれば2人で設置するのがおすすめです。(1人でも設置できたので2人は必須ではない)


step
5
モニターにケーブルを接続する

モニターに電源ケーブルやHDMIケーブルを接続します。この時、モニターアームの結束バンドはゆるめにしておくのがポイントです。

結束バンドをきつく締めてしまうと、モニターを動かしたときにケーブルにゆとりがなくなってしまい、モニターを動かすたびにケーブルが抜けてしまいます。


また、モニターアームを使うとディスプレイをデスクに直置きする時に比べてディスプレイとPCまでの距離が長くなるので、HDMIケーブルの長さが足りなくなる場合があります。

デスク上にノートPCを畳んで置くなら「1.0m」、天板裏に隠すなら「2.0m」はあった方がケーブル配線が上手くいくので、参考にしてみてください。


エルゴトロン LX レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では私のデスク環境をすっきり快適にして、さらに身体の負担も減らしてくれたモニターアーム「エルゴトロン LX」を紹介しました。

ここが良かった!

  • 自分に合わせた楽な姿勢で作業できる
  • モニターが浮いて机の利用面積が増える
  • アームにケーブルが隠せて机がスッキリする

ここが惜しい…

  • VESA規格対応モニターのみ設置可能
  • 説明書だけでは組み立て手順が分かりにくい


私にとってモニターアームは「健康器具」です。自分にちょうど良い高さにディスプレイを持ってくるだけでコリがかなり改善しました。

純正品でも10年保証だと考えれば毎月ジュース1本我慢するくらいの値段で、大満足の使い心地を得られるはずなのでぜひチェックしてみてください。


モニターアーム以外にも快適な在宅ワーク生活をするための「デスク環境」や「買ってよかった便利グッズ」について別の記事で紹介しています。ぜひ読んでみてください。

デスクツアー

続きを見る

在宅ワークの便利グッズ

続きを見る


それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。