全てのPC2台持ちにおすすめしたいUSB切替器|ABLEWE USB3.0 レビュー


私は Bluetooth接続(マルチペアリング)できるマウスやキーボードを使っていますが、うまくいかないシーンもあってUSB接続派。

テレワーク(在宅勤務)になってデスク上に個人/社用で2台のPCを置く人もいると思いますが、USB接続だとPCを切り替える度にケーブルを差し替える必要がありますよね。

私はこれが本当に面倒で、なるべくPC切り替えの手間を減らしたいと思って導入したのが「USB切替器」。


これのおかげでワンタッチでUSB接続するPCを切り替えられるようになりました。

usb切替器「ABLEWE USB3.0」
マウス・キーボードをワンタッチで切り替え


「PC2台持ちでUSB接続にこだわりたい人向け」というニッチなアイテムですが、私と同じようにBluetooth接続したくてもガジェットとの相性でUSB接続している人もいると思います。

というわけで「全てのPC2台持ちの人に知ってほしい!」という想いを込めて、私が使っているUSB切替器『ABLEWE USB3.0』を紹介します。


『ABLEWE USB3.0』の良かった点

  • USB-Aポートを4つ搭載
  • 値段が手頃
  • ケーブル付属で他に準備がいらない

『ABLEWE USB3.0』の惜しい点

  • ボタン位置が少し押しづらい
  • デザインがイマイチ


それでは、さっそく始めます。

USB切替器『ABLEWE USB3.0』の特徴

私が購入したのは「ABLEWE」というブランドのUSB切替器『ABLEWE USB3.0』。

ワンタッチで接続先を切り替えられるUSB切替器(スイッチャー)です。

ABLEWE USB3.0
USB切替器「ABLEWE USB3.0」


USB-Aポートを4つ搭載

USB切替器は大きく分けるとポート数が「2つ」か「4つ」のものに分けられますが、個人的にはポート数が4つのものをオススメします。

「接続するのがマウスとキーボードだけなら2つでも問題ないんじゃ?」と思うかもしれませんが、空きポートを充電用として使うことができます。

usbハブとしても使えるUSB切替器
空きポートは充電用として使えて便利


値段的な差もないし、今は用途が思いつかなかったとしても「大は小を兼ねる」と思って4ポートにした方が後々助かるシーンも多いはずです。

デスク上に「USB切替器 兼 充電ポート」を確保できると考えれば 1台2役の便利アイテムになりますよ。


ただ、充電ポートとしてのパワーは接続先のPCから給電されるので電力消費の強いガジェットの充電には向きません。

「AirPods」や「iPad」を充電するくらいなら問題ありませんが、Amazonレビューによると外部モニターやヘッドホンを同時充電しながら使うのは難しいみたいなので注意が必要です。


手頃な価格で試しやすい

USB切替器の機能は「接続先を切り替える」だけというかなりニッチなアイテムなので、モバイルバッテリーや充電器とは違ってメーカー間の機能差を感じにくいと思います。

今回は私の独断と偏見でAmazonで1番上に出てきた「UGREEN」のUSB切替器と比較しながらスペックをまとめてみました。


種類ABLEWEUGREEN
サイズ幅12.0cm
奥行12.0cm
高さ2.6cm
幅15.1cm
奥行14.9cm
高さ5.3cm
重さ140g280g
ブラックブラック
I/F規格USB3.0 (5Gbps)USB3.0 (5Gbps)
対応OSWindows 10/8/7/Vista/XP
Mac OS
linux
Chrome 
Windows 10/8/7/Vista/XP
Mac OS
linux
Chrome
外部給電MicroUSB(5V)MicroUSB(5V)
付属品USBケーブル(1.0m) ×2USBケーブル(1.5m) ×2
Amazon
評価
☆3.9(7,368件)☆4.2(516件)
金額2,020円3,199円
※Amazon評価は記事作成時点の結果です


正直、私の場合は「機能が同じなら安い方がいい」というのが『ABLEWE USB3.0』を選んだ最大の決め手。笑

機能差分がないなら「値段で選ぶ」というのも1つの選び方だと思うので、参考にしてみてください。


ABLEWE USB3.0 の使用感

ここからは実際に使って感じた「良かった点」「惜しい点」を紹介していきます。

購入前の参考にしてみてください。


本体サイズはかなりコンパクト

「デスク上に置くものだし、なるべく小さい方が嬉しい」と思っていましたが、想像以上にコンパクトなサイズ感で驚きました。

このサイズ感なら存在感が出ることもないので、デスク上をスッキリしておきたい人にも使いやすいんじゃないかと思います。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」のサイズ
大きさはざっくり AirPods 2つ分


ただカラー展開が「黒」のみなので、身の回りのアイテムを他の色で統一している人は注意が必要。

本体にセンサーなどが付いているわけではないので、USBポート穴などを塞いだうえでスプレーなどで色を変えてしまうのもアリかもしれませんね。


切り替えに遅延を感じることはない

USB切替器でポイントになるのは「切り替えた後、すぐに使えるのか?」かと思いますが、切り替え速度に不満を感じることはありません

  1. USB切替器のボタンを押す
  2. モニターの接続先を切り替える

私はこの順序で切り替えていますが、画面が切り替わった時にはマウスやキーボードの切り替えは完了しているので、すぐに作業を再開できます。


本体に点いたランプを見れば接続先もすぐに分かるので「使いにくい」と感じることはないです。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」の点灯ランプ
接続先のランプが点灯する


付属ケーブルが使いやすい

個人的には 1.0mのUSBケーブルが2本付属するのは好ポイントでした。

私のデスクは横幅が140cmで、デスク下にあるノートPCからUSB切替器までの距離がちょうど1.0mくらい。


デスク周りをスッキリ見せるには「ちょうど良い長さのケーブルを使う」というのが意外と重要なんですが、この「1.0m」というのがピッタリでした。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」をデスク上に置いた時
「ノートPCからデスク下を経由してUSB切替器」が1.0mくらい


切替ボタンが少し押しづらい

『ABLEWE USB3.0』は本体上部についている切替ボタンが少し押しにくいのが残念ポイントでした。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」の切り替えボタン
切替ボタン位置はライトの上辺り


USB切替器はデスク上に置いて使う人が多いと思うのでボタンは本体正面の方が押しやすい。

とはいえ使いにくさを感じるレベルの話ではないし、正直、慣れれば同じなんですが、正面に切り替えボタンがあった方が使用感としては満足度が高いと思います。

ちなみに上で比較対象として紹介したUGREENのUSB切替器は本体正面にボタンがついてるので、プラス1,000円が払える人はボタン位置を理由にUGREENを選ぶのもアリだと思います。


デザインがイマイチ

これはUSB切替器全体に言えることですが、デザインがイマイチなものが多い印象です。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」のロゴ
本体に入った大きなロゴが、、、邪魔w


デスク上のアイテムは見た目にもこだわりたいと思うので、本当に気になる人は何かしらの対策が必要かもしれませんね。

ちなみに私はロゴ部分にマスキングテープを貼ってます。簡単な対応ですが、これだけでも座って見たときの見た方が全然違うのでオススメです。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」のアップ
近くで見ると目立つけど
USB切替器「ABLEWE USB3.0」を遠目から撮影
遠目だとテープが分かりにくい


最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、私がデスク上で使っているUSB切替器『ABLEWE USB3.0』を紹介しました。


『ABLEWE USB3.0』の良かった点

  • USB-Aポートを4つ搭載
  • 値段が手頃
  • ケーブル付属で他に準備がいらない

『ABLEWE USB3.0』の惜しい点

  • ボタン位置が少し押しづらい
  • デザインがイマイチ


USBポート4つ搭載でUSBハブ(充電器)としても使えるし、2,000円ほどで値段も手頃なので試しに導入するにしてもハードルは低いと思います。

特にPCが2台もあるとケーブルがごちゃごちゃしがちだと思うので、配線整理のアイテムとしても活用してみてください。


それでは!


USB切替器以外にデスク周りをスッキリさせるための「配線整理アイテム」や「デスク紹介(デスクツアー)」も別の記事で書いているので、合わせて参考にしてみてください。

ケーブル配線整理のコツ

続きを見る

デスクツアー

続きを見る



Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.