PC2台で同じマウス/キーボードを使いたい人へ「USB切替器」をおすすめしたい


どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ(ichi_MILIBLO)です。

在宅ワークになって個人/社用でPC2台をデスクに置くことになり、マウスやキーボードを切り替える度にケーブルを挿しかえることに。

これが本当に面倒でした…。

” パソコン2台で同じマウス/キーボードを手軽に共有したい ”

こんな思いから導入したのがUSB切替器「ABLEWE USB3.0」。

usb切替器「ABLEWE USB3.0」
USB切替器|ABLEWE USB3.0


この記事では「全てのパソコン2台持ちの人に知ってほしい!」という想いを込めて、おすすめのUSB切替器「ABLEWE USB3.0」を紹介します。

こんな人におすすめ
USB切替器 ABLEWE USB3.0

  • PC2台にUSB接続したい
  • ワンタッチで接続先を切り替えたい
  • USBハブ(充電ポート)としても使いたい
  • 手間もお金もかけたくないw


これは「PC2台持ちでUSB接続にこだわりたい人向け」というニッチなアイテムです。

でも私と同じようにBluetooth接続したくてもガジェットとの相性でUSB接続している人もいると思うので、ぜひ参考にしてみてください。


「ABLEWE USB3.0」の良かった点

  • 本体サイズは想像以上にコンパクト
  • 切り替えの遅延もなくストレスがない
  • ケーブル付属で他に準備がいらない
  • 値段が手頃

「ABLEWE USB3.0」の惜しい点

  • デザインがイマイチ
  • ボタン位置が少し押しづらい
Sponsored Link

USB切替器 はこんな商品!

私が購入したのは「ABLEWE」というブランドのUSB切替器「ABLEWE USB3.0」。

USB切替器とはワンタッチで接続機器の接続先を切り替えられるスイッチャーのことです。

ABLEWE USB3.0


USB切替器はポート数が2つか4つのものが多いですが、個人的にポート数は4つがオススメ

usbハブとしても使えるUSB切替器

「接続するのがマウスとキーボードだけなら2つでも問題ないんじゃ?」と思うかもしれませんが空きポートは充電用として使えます。

値段的な差は小さいし、デスク上に「USB切替器 兼 充電ポート」を確保できると考えれば 1台2役の便利アイテムです。


ただ、充電ポートとしてのパワーは接続先のPCから給電されるので電力消費の強いガジェットの充電には不向きです。

iPhone 12 miniiPad Air4 をくらいなら充電できましたが、Amazonレビューでは外部モニターなどを充電するのは難しいみたいなので注意してください。


ABLEWE USB3.0 の特徴:良かった点

ここからは実際に「ABLEWE USB3.0」使ってみて感じた「良かった点」を紹介していきます。

『ABLEWE USB3.0』の良かった点

  • 本体サイズは想像以上にコンパクト
  • 切り替えの遅延もなくストレスがない
  • ケーブル付属で他に準備がいらない
  • 値段が手頃


本体サイズはかなりコンパクト

” デスク上に置くからなるべく小さい方が嬉しい ” とは思っていたものの、想像以上にコンパクトなサイズ感で驚きました。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」のサイズ

このサイズ感なら存在感も出ないので、デスク上をスッキリしておきたい人にもおすすめです。


ただカラー展開が「黒」のみなので、身の回りのアイテムを他の色で統一している人は注意が必要。

本体にセンサーなどが付いているわけではないので、USBポート穴などを塞いだうえでスプレーなどで色を変えてしまうのもアリかもしれませんね。


切り替えに遅延を感じることはない

USB切替器でポイントになるのは「切り替えた後、すぐに使えるのか?」かと思いますが、切り替え速度に不満を感じることはありません

  1. USB切替器のボタンを押す
  2. モニターの接続先を切り替える

私はこの順序で切り替えていますが、画面が切り替わった時にはマウスやキーボードの切り替えは完了しているので、すぐに作業を再開できます。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」の点灯ランプ

本体に点いたランプを見れば接続先もすぐに分かるので「使いにくい」と感じることはないです。


付属ケーブルが使いやすい

個人的には 1.0mのUSBケーブルが2本付属するのは好ポイントでした。

私のデスクは横幅が140cmで、ノートPCから天板裏を通してUSB切替器までの距離がちょうど1.0mくらい。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」をデスク上に置いた時

デスク周りをスッキリ見せるには「ちょうど良い長さのケーブルを使う」というのが意外と重要なんですが、この「1.0m」というのがピッタリでした。


手頃な価格で試しやすい

USB切替器は「接続先を切り替える」くらいの機能しかないので、モバイルバッテリーや充電器とは違ってメーカー間の機能差を感じにくいです。

今回は私の独断と偏見でAmazonで1番上に出てきた「UGREEN」のUSB切替器と比較しながらスペックをまとめてみました。


やっぱり、機能はほとんど同じ。笑

デザイン的には「UGREEN」が好みでしたが、” 機能が同じなら安い方でいいか ” というのが「ABLEWE USB3.0」を選んだ最大の決め手です。

機能差分がないなら「値段で選ぶ」のもアリだと思うので、参考にしてみてください。


ABLEWE USB3.0 の特徴:惜しい点

ここからは使ってみて感じた「惜しい点」を紹介していきます。

『ABLEWE USB3.0』の惜しい点

  • デザインがイマイチ
  • ボタン位置が少し押しづらい


デザインがイマイチ

これはUSB切替器全体に言えることですが、デザインがイマイチなものが多い印象です。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」のロゴ
本体に入った大きなロゴが、、、邪魔w


私はロゴ部分にマスキングテープを貼ってます。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」のアップ
近くで見ると目立つけど
USB切替器「ABLEWE USB3.0」を遠目から撮影
遠目だとテープが分かりにくい

簡単な対応ですが、これだけでも座って見たときの見た方が全然違うのでオススメです。


切替ボタンが少し押しづらい

「ABLEWE USB3.0」は本体上部についている切替ボタンが少し押しにくいのが残念ポイントでした。

USB切替器「ABLEWE USB3.0」の切り替えボタン
切替ボタン位置はライトの上辺り


USB切替器はデスク上に置いて使う人が多いと思うのでボタンは本体正面の方が押しやすい

とはいえ使いにくさを感じるレベルの話ではないし、正直、慣れれば同じですが、正面に切り替えボタンがあった方が使用感は使いやすいです。

ちなみに上で比較対象として紹介したUGREENのUSB切替器は本体正面にボタンがついてるので、プラス1,000円が払えるならUGREENを選ぶのもアリ。


USB切替器 ABLEWE USB3.0 レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では、私がデスク上で使っているUSB切替器「ABLEWE USB3.0」を紹介しました。

「ABLEWE USB3.0」の良かった点

  • 本体サイズは想像以上にコンパクト
  • 切り替えの遅延もなくストレスがない
  • ケーブル付属で他に準備がいらない
  • 値段が手頃

「ABLEWE USB3.0」の惜しい点

  • デザインがイマイチ
  • ボタン位置が少し押しづらい


USBポート4つ搭載でUSBハブ(充電器)としても使えるし、2,000円ほどと値段も手頃なのでお試しに導入するにもハードルは低いと思います。

2,000円でケーブルの抜き挿しがなくなるなら全然アリだと思うので、ぜひ参考にしてみてください。


USB切替器以外にデスク周りをスッキリさせるための「配線整理アイテム」や「デスク紹介記事」なんかも書いているので、ぜひ読んでみてください。

ケーブル配線整理のコツ

続きを見る

デスクツアー

続きを見る


それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。