メニュー
イチ
30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
> 詳しいプロフィールはこちら

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列 レビュー|至極の高級キーボード

純粋に機能性だけを追求して納得できるアイテムを使えるのが在宅ワークのメリットの1つ。

特に「キーボード」は仕事中に1番多く触るデバイス。使いやすさが生産性に直結するので ” これが最高!” と思えるものを使いたいと考えていました。

” 打鍵感が最高のキーボードがほしい “
” シンプルで使いやすいキーボードがほしい “
” 一生モノと思えるくらいのキーボードがほしい “

機能性や使い心地に一切妥協せずに自分に合う最高のキーボードを探した結果、私がこれだ!と思えたキーボードがこれです。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)

この記事では私が求めるすべての条件を満たした愛用のキーボード、HHKB Professional HYBRID Type-S / 日本語配列をレビューしていきます。

この記事で書いていること

  • HHKB Professional HYBRID Type-Sの特徴
  • 良かった点・惜しい点
  • パームレストが必要なのはこんな人
  • HHKB他機種との違いを見分ける方法

私はHHKBの生みの親、和田英一氏の言葉に後押しされてキーボードに投資することを決めました。

アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

東大名誉教授 和田英一

HHKBは仕事などで文字を打つことが多かったり、ものへのこだわりが強い人にこそ使ってほしい高級キーボード。

心地よい打鍵感やシンプルな見た目だけでなく静音性もしっかりしていて、打鍵音が気になるハードパンチャーにもおすすめなので、ぜひ最後まで読んでみてください。

HHKB Professional HYBRID Type-S / 日本語配列 (墨)
メリット
  • 静音性に優れ、家族がいても使いやすい
  • テンキー無×矢印キー有のサイズ感が絶妙
  • Windows/Mac両対応でパソコンを選ばない
  • 心地良い打鍵感で自然とテンションが上がる
デメリット
  • キー配置に慣れが必要
  • Bluetooth接続時はMacOSバージョンに注意
目次

HHKB Professional HYBRID Type-S /日本語配列の概要

私が購入したのはPFUから出ている静電容量無接点方式のキーボード「Happy Hacking Keyboard(通称HHKB)

中でも「HHKB Professional HYBRID Type-S」は有線/無線両対応で静音性を重視したフラッグシップともいえるモデルです。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)正面

「HHKB Professional HYBRID Type-S」のキーボードには「日本語(JIS)配列」と「英語(US)配列」の2つがあり、主な違いは「キーの数」です。

特に日本語(JIS)配列には「矢印キー」があるのが最大の特徴です。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)矢印キーのアップ

私は仕事でもブログでも矢印キーをよく使うので、日本語配列を選びました。

私が購入したキーボードは「墨(すみ)」という色で本体とキーの印字が同系色でまとめられているので、パッと見では無刻印に見えるほどシンプルな見た目です。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)の印字

よくある日本語配列のキーボードはキーにかな文字が刻印されていて見た目がうるさくなりがちですが、HHKBは日本語配列でもかな文字の刻印がありません。

逆に最近発表された真っ白なカラー「雪」は印字を目立たせたようなデザイン。今まであった「白」は少しグレーっぽい色合いだったので白好きの人にとっては待ちに待ったデザインだと思います。


名称で見分ける非Type-S(無印)や他機種との違い

HHKBはどれも名称が長くて覚えにくい。実際はどのキーボードにどんな特徴があって、それぞれの違いが何なのかが分かりにくいと感じていました。

でも実は、この覚えにくい名称だけで各キーボードの特徴を簡単に知ることができます。

機種名特徴を一言でいうと
Professional BTBluetooth接続
Professional Type-S静音設計
Professional JP日本語配列
Professional 2USBハブ機能搭載
HHKB Lite2簡易矢印キー追加
Professional HYBRID有線/無線対応
Professional HYBRID Type-S有線/無線対応+静音設計
*特徴はMILIBLO個人のもので一部偏見を含みます。

非Type-S(無印)と言われる「Professional HYBRID」と「Professional HYBRID Type-S」の違いは、静音設計(Type-S)の有無です。

静音性にどれくらいの違いがあるかは、HHKBの公式Youtubeチャンネルで各機種のタイプ音を紹介しているので参考にしてみてください。

ちなみに HYBRID Type-Sの「HYBRID」は有線/無線の両方で接続できるところからきています。(Professional BT と Professional JP の合体版)

「HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列」は下のHHKBの特徴を兼ね備えています。

機種名Professional HYBRID Type-Sへの
実装有無
Professional BT
Professional Type-S
Professional JP
Professional 2✖(USBハブ機能)
HHKB Lite2
Professional HYBRID

今はBluetooth接続できるデバイスも多いので、USBハブ機能を求めて今から Professional2 を購入する必要性は少ないかなと思います。

3万円超という金額に目をつぶることができるなら「HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列」が個人的なイチ押しです。


HHKB Professional HYBRID Type-S の良かった点

ここからは実際に「HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列」を使って感じた「良かった点」を紹介します。

HHKB Professional HYBRID Type-S / 日本語配列 (墨)
メリット
  • 静音性に優れ、家族がいても使いやすい
  • テンキー無×矢印キー有のサイズ感が絶妙
  • Windows/Mac両対応でパソコンを選ばない
  • 心地良い打鍵感で自然とテンションが上がる

ぜひ購入前の参考にしてみてください。


打鍵感が本当に快適!打ってて楽しくなるから仕事にリズムがつく

今までのどのキーボードとも違うHHKB最大の魅力が、圧倒的に快適な「打鍵感」。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)の打鍵感は最高

新卒から数回転職しながらIT業界で働き続けて10年以上。色々なタイプのキーボードを触ってきましたが、 HHKBは今まで使ったどれよりも打ってて楽しいキーボードです。

HHKBは「静電容量無接点方式」という構造を採用したキーボードで、Macbookのような「ペチペチ」という音ではなく「スコスコ」に近い音。

中でも「HHKB Professional HYBRID Type-S」は、静音性(Silent)と高速タイピング性(Speedy)を向上させた特別な設計です。(打鍵音は従来モデルの30%減)

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)を横から見た高さ
この厚みが静電容量無接点方式の特徴であり、快適さの秘密

私は割と打鍵音が強い方なんですが、気兼ねなく使っても隣の部屋で寝ている娘を起こしたことがありませんが、私はさらに打鍵音がデスクに振動が響かないようにデスクマットを敷いています。

デスク上にデスクマットを敷いて防音効果を上げている

1,500円ほどの合成皮革(PUレザー)のものですが、これだけでデスクへの響き方がまったく違うし、デスク上の見た目も良くなるので、打鍵音が気になる人にはおすすめです。


サイズ感が絶妙!矢印キーあり&テンキーなしで必要最小限のキーが揃っている

「HHKB Professional HYBRID Type-S」は「日本語配列」と「英語配列」の2種類がありますが、私が選んだのは「日本語配列」。

その理由がこの必要最低限のキーで埋め尽くされた絶妙な「サイズ感」です。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)正面

私は仕事でもブログでもそこまで数字キーは使わないので「テンキー」は不要なものの、「矢印(カーソル)キー」は大きいサイズがほしいと考えていました。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)の矢印キー付近
まさにこれ。笑

今もiPadで文字を打つときは下のような上下の矢印キーが半分になったキーボードを使っていますが、個人的にこの上下キーは本当に使いづらい。

スマートキーボードフォリオの矢印キー

せっかく家で使い倒すなら完璧を目指したいと思い、キーボード選びでは下の3つを絶対条件にして探しました。

私がキーボードに求めた3条件
  • テンキーレス
  • 矢印キーが大きい
  • Windows / Mac の両対応

その結果、辿り着いたのが「HHKB Professional HYBRID Type-S」の日本語配列。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)正面

他のキーと同じサイズ感で矢印キーが設計されていてキーボード全体をキレイにキーが埋め尽くしている感じも個人的なツボで即決でした。


キーマップ変更が豊富!Win/Macを問わず使いやすいキー配置にアレンジできる

Shiftキー1つ取っても右手を使う人もいれば左手を使う人もいるように、人によってよく使うキーや打ちやすい場所は違います。

HHKBにはキーマップを変更する仕組みが2つあり、Windows/Macを問わず自分が使いやすいキー配置に変えられるのが大きなメリットです。


キーマッピング変更方法
キーボード裏の設定スイッチ

1つ目がキーボード本体の裏面に内蔵されてる6つの「設定変更スイッチ」です。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)の裏面

これを使うことでスイッチ1つでWin/Macのモード変更や、簡単なキーマッピングの変更が可能です。ちなみに私のおすすめは「SW1」と「SW2」をONにする設定。

おすすめの設定
  • SW1 ON:Macモード
  • SW2 ON:左下Fnキー → Control

他にも「BS(バックスペース)」を「DEL(デリート)」にしたりと細かい変更ができますが、私は全体的なキー配置の変更は「キーマッピング変更ツール」で一元管理しています。


キーマッピング変更方法
PFU公式のキーマッピング変更ツール

2つ目はPFUの公式サイトからダウンロードできる「キーマッピング変更ツール」を使う方法。

HHKB Professional HYBRID Type-Sのキーマッピングツール

こちらの設定も簡単で変更したいキーをドラッグ&ドロップするだけで、キーボードにあるほとんどのキーを好きなキーに変更できます。私は「Caps キー」を「Control キー 」に変更しています。

このキーマッピングツールを使うことであなたのパソコンがWindowsでもMacでも、HHKBを完全に自分仕様のキーボードにすることができます。


HHKB Professional HYBRID Type-S の惜しい点

ここからは使ってみて「もっとこうだったら…」と感じた「惜しい点」を紹介します。

HHKB Professional HYBRID Type-S / 日本語配列 (墨)
デメリット
  • キー配置に慣れが必要
  • Bluetooth接続時はMacOSバージョンに注意


キー配置が独特。キーマップ変更ツールで使いやすく変更するのがおすすめ

HHKBは他のキーボードにはないシンプルデザインをしているがゆえに、 キー配置が少し独特です。

上で紹介したキーマップ変更ツールを使えば大抵の違和感はなくなりますが、私の場合は独立した「Fキー(F1~F12)」が無いのになかなか慣れませんでした。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)の上部
F1~12キーは「Fn」と数字キーを同時押し

正直「慣れ」の問題ですし、それ以外のキーについては全く問題ないと言えるくらい快適。

キーボードがコンパクトなことに加え、キーが全てキーボードの中心を向くように配置されているので、腕を動かさず手首の動きだけで全てのキーを押すことができます。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)を横から見た高さ

肌感覚ですがタイピングスピードが速くなったように感じました。


会社貸与PCがMacの人は要注意!?無線接続する場合はOSバージョンに注意

HYBRID Type-Sは日本語配列と英語配列でBluetooth接続可能なmacOSのバージョンが違います。

日本語配列英語配列
対応OS
Bluetooth接続
Windows 8.1/10
macOS 10.15以降
Android 4.4以降
iOS 11.4以降
iPadOS 13.0以降
Windows 8.1/10
macOS 10.14以降
Android 4.4以降
iOS 11.4以降
iPadOS 13.0以降

個人パソコンの場合はシンプルにバージョンアップすれば解決する問題ですが、会社貸与PCだと勝手にバージョンアップできない場合もあるので注意が必要です。

私はまさにこの状態にハマり、バージョンアップまではUSBケーブルで接続していました。(ちなみにmacOS 10.15以前のバージョンで無線接続したら”@”が打てませんでした)

デスク周りのガジェットやインテリア

有線接続の場合、HHKB側のポートは「USB Type-C」になります。

私はプライベートでWindowsのPCを使っているので、接続するPCを変える度にUSBケーブルを抜き差しする手間をなくすため「USB切替器」を経由していました。

USB切替器(USBスイッチ)

一緒に使っていたマウス(MX Anywhere3)もUSBレシーバーで接続していたので、同じキーボードとマウスを使いつつ、ワンタッチで接続するPCを切り替えられるようにしていました。

空きポートは充電用としても使えて地味に便利なので、気になる人は確認してみてください。


パームレストが必要な人/不要な人の特徴

HHKBに限らず全ての静電容量無接点方式のキーボードは同じですが、構造上どうしても「高さ」が出ます。

HHKB Professional HYBRID Type-S/日本語配列(墨)の高さ比較
HHKB と AirPods の高さを比べてみた

高さのあるキーを使うと常に手首が返った状態になるので、HHKBと一緒に「パームレスト」をおすすめしている人もいます。

HHKBをパームレストなしで使うと手首が返った状態になる

個人的にはキーの押し方(クセ)次第でパームレストの要否は変わるというのが私の考えです。私はパームレスト無しで使っています。

というのも、私はキーを指先で叩くように打鍵するクセがあってキーボードの高さに関わらず、手首を返す形でキーボードを使っていました。

逆に、キーを撫でるように打鍵する人は今まで通りの腕の形でキーボードを使うためにもパームレストがあった方が良いと思います。

スマートキーボードフォリオを打ってる時の手首
普段からこういう手首の形の人はパームレスト必要

せっかくパームレストを買ったのに使わなくなってしまった…ではもったいないので、購入前の参考にしてみてください。


Bluetooth接続時のペアリング手順を解説

HHKB はBluetooth接続先を最大4つまで登録することができ、接続先の切り替えはキーボード上で完結するのはかなり便利です。

PFUの公式サイトや取扱説明書にもペアリングの手順は紹介されていますが、下に写真付きで簡単にまとめたのでさらっと知りたい人は参考にしてみてください。


STEP
接続モードにする

ペアリングの前にHHKBの「接続モード」を起動します。起動は簡単で「Fnキー」と「Q」の同時押しです。

HHKB Professional HYBRID Type-S のペアリング方法を解説

接続モードが起動すると本体右上のインジケーターが青に点滅するので、そこで確認できます。


STEP
ペアリング待機モードにする

接続モードになったら「Fnキー」「Controlキー」と「1」~「4」の好きな数字を同時押しすることで、ペアリング待機モードを起動します。

HHKB Professional HYBRID Type-S のペアリング方法を解説
「Fn」「Control」と「1」~「4」を同時押し
HHKB Professional HYBRID Type-S のペアリング方法を解説
インジケーターの点滅が早くなる

ペアリング待機モードが起動すると、本体右上のインジケーターが接続モードに比べてより早く点滅するようになるので、そこで確認できます。


STEP
デバイス側からBluetooth接続する

ペアリング待機モードになったら接続したいデバイス(パソコンやタブレット)のBluetooth設定画面から「HHKB」を選択します。

選択した「HHKB」が ”接続済み” になったら登録完了です。(ペアリング待機モードで押した1~4の数字が「HHKB-Hybrid_X」の ”X” 部分に入ります)

以降は「Fnキー」「Controlキー」と「1」~「4」の同時押しすることで複数台のデバイス接続を切り替えることができます。


購入前に触りたい人は「タッチ&トライスポット」へ

HHKBを実際に使ってみて、3万円以上する高級キーボードが売れ続けている理由に「今は」心の底から納得しています。

でも購入前は ” もし自分に合わなかったらどうしよう… ” という気持ちでいっぱいでした。気軽に出せる金額ではないですからね。笑

その上、HHKBは量販店での販売がないので購入前に本体を触れる場所は限られています。

東京・大阪・名古屋・金沢に数ヵ所しかないため、場所的に遠いという人は「レンティオ」というサイトでレンタルすることもできます。

私は過去に食洗機をレンタルしてそのまま買い取りました。高価なものを購入する前に触っておきたい人にはおすすめなので参考にしてみてください。


HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー まとめ

この記事では、私が求めるすべての条件を満たした愛用のキーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S / 日本語配列」をレビューしました。

HHKB Professional HYBRID Type-S / 日本語配列 (墨)
メリット
  • 静音性に優れ、家族がいても使いやすい
  • テンキー無×矢印キー有のサイズ感が絶妙
  • Windows/Mac両対応でパソコンを選ばない
  • 心地良い打鍵感で自然とテンションが上がる
デメリット
  • キー配置に慣れが必要
  • Bluetooth接続時はMacOSバージョンに注意


「HHKB Professional HYBRID Type-S」は筆記用具でいう万年筆、イヤホンでいうAirPods Proのようなもの。使用感や機能(性能)に標準以上のこだわりを求める人のためのキーボードだと思います。

自分の満足できる一生モノのアイテムを使いたいという人にとっては、生涯のパートナーになる可能性があると思うのでぜひ試してみてください。


キーボード以外にも毎日触る「こだわりのアイテム」を別の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


▼この記事の中で紹介した参考記事


それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!

コメント

コメントする

目次