『ユウボク東京 デイズポーチ』レビュー|大容量で自立もするガジェットポーチ [PR]


「大容量の収納がほしい」
「見た目がなるべくオシャレなものがいい」
「使いやすくないと意味がない」


今はノマド的に会社以外で仕事をするシーンも増えているので、大容量で使いやすく、デザイン性も高いガジェットポーチが欲しいところです。


とはいえ、ガジェットポーチを選ぶポイントは沢山ありますが、全ての希望を満たすものを見つけるのはかなり難しい。

私も愛用していた無印ポーチだと容量が足りなくなり、ずっと新しいガジェットポーチを探していましたが、ついに見つけました。


今回は私がメインで使うガジェットポーチになったユウボク東京の『デイズポーチ』について紹介します。


『デイズポーチ』の良かった点

  • 大小9つのポケットで収納力が高い
  • 自立型で狭い場所でも開きやすい
  • 止水ジップなど細部まで作り込まれている

『デイズポーチ』の惜しい点

  • 少し高価(ただし、機能性がかなり高い)


使ってみて、クラウドファンディング(Makuake)で累計2,000人・目標額の20倍の支援金を獲得したのも納得の機能性とデザインでした。

これから末長く使えるガジェットポーチを探しているのであれば、あなたの期待に応えてくれる可能性はかなり高いので参考にしてもらえると嬉しいです。



それでは、さっそく始めます。


ユウボク東京さまから商品をご提供いただき、レビューしております。

デイズポーチは機能性とデザイン性を両立したガジェットポーチ。


今回紹介する『デイズポーチ』はユウボク東京さんから出ているノマドワーカーを意識したガジェットポーチ


ユウボク東京は2018年に設立され、「多様で柔軟な働き⽅を応援し、その⼈らしさを”そっと魅せる”ブランドでありたい」という理念のもと、ノマドワーカーが嬉しくなる製品を開発・販売しています。



その中でも今回紹介する『デイズポーチ』はクラウドファンディング(Makuake)で累計2,000名ほどから支持され、目標額の20倍の支援金を獲得。

多くの人の「こういうモノが欲しかった!」に応えている証なのかなと思います。



ユウボク東京の考える『デイズポーチのある暮らし』についてYouTubeで動画が公開されてるので、気になる人はこちらもぜひ見てみてください。


製品の外観・デザイン・サイズなど

『デイズポーチ』のスペック

  • サイズ:縦17cm × 横19cm × 厚み8.5cm
  • 重さ:170g ※カラーで素材が違うため要確認
  • ポケット:大小合わせて9つ
  • 素材:ポリエステル or ナイロン繊維
  • 開閉口:ダブルファスナー
  • その他:自立する


大小9つのポケットがあったり、ファスナー部分に簡易な止水設計がされていたりと、まさにノマドワーカーのためのガジェットポーチという印象。

しかもこのポーチは自立するので、カフェなどテーブルが狭い場所で作業したい人にはピッタリだと思います。


『デイズポーチ リモード』との違い


ユウボク東京から出ているデイズポーチには『リモード』という、デイズポーチをワンサイズ小さくしたタイプも販売されています。

「デイズポーチとどこが違うの?」という疑問もあるかなと思ったので、違う部分だけを抜き出してみました。


種類デイズポーチリモード
サイズ縦17cm
横19cm
厚み8.5cm
縦16cm
横19cm
厚み6cm
重さ170g前後95g前後
ポケット数大小9つ大小5つ
ショルダー
ベルト
別売りなし別売りあり

注意:カラーによって重さや素材が違うため確認が必要です。


個人的には、ショルダーベルトを使って少量を持ち歩きつつ移動できるのが「リモード」のメリットに感じました。



  • 持ち歩くガジェットが少なく、会社など一定エリアでの移動が多いなら「リモード」
  • 持ち歩くガジェットが多く、カフェなど1つの場所に居座るなら「デイズポーチ」

私ならこんな使い分けをすると思います。


『デイズポーチ』をメインのガジェットポーチとして使う理由

『デイズポーチ』を選んだ理由

  • 大容量で大小9つのポケットに収納できる
  • 自立設計だから省スペースでも置ける
  • 止水ジップやファスナーなど嬉しい工夫が多い


収納が大容量で自立するポーチ、、、正直これだけなら他にも選択肢はあります。

でも、個別収納できるポケットが豊富で、シンプルなデザインで、止水ジップやファスナーのアクセントなど細部にもこだわっている。



こういう「あったら良いな」が多く揃っているのが『デイズポーチ』の最大の良さだと感じました。


デイズポーチ を使ってみた感想

ここからは実際に触ってみて感じた『デイズポーチ』の良い点・惜しい点について紹介します。

購入前の参考にしてもらえたら嬉しいです。


大小9つのポケットでガジェットをしっかり収納できる。


『デイズポーチ』は大小9つのポケットがあり、その内2つはファスナー付き。

それぞれポケットの大きさが違うので、入れたいガジェットに合わせてちょうど良いサイズのポケットを選ぶことができます。


私がデイズポーチに入れているガジェット類

  • モバイルバッテリー(Anker PowerCore Fusion 5000)
  • 充電器(RAVPower RP-PC144)
  • USBケーブル 2本
  • Lightning SDカードリーダー(Apple)
  • メガネの曇り止め(フォグストップ缶)
  • 目薬や常備薬など


内ポケットはどれもしっかりマチが確保してあるので想像以上に入ります。

実際、普段使うガジェットを全て入れても余裕があったので、パソコン作業で持っておきたい目薬などの日用品も入れられました。


逆に外ポケットはマチが狭く、モノが落ちてしまうのが心配で私は使っていません。

ただ、3つある外ポケットのうち1つがファスナー付きで、ここはかなり重宝します。



外のファスナーポケットもある程度の広さがあるので、すぐに取り出したいけどガジェット類とは分けておきたいもの(例えば、目薬とか印鑑とか)を入れるのに最適です。


正方形に近い大容量デザイン。これが自立するから嬉しい。


見ての通り、このポーチは自立します。

ポーチを立てて置けると両手でモノを探せるので、カフェみたいな狭いテーブルの上でもスムーズにガジェットを取り出すには最適です。

これ、ノマドワーカーにはかなり嬉しいポイントですよね。


開閉口が「がま口」みたい。ガバっと開くから一覧性も高い。


開閉口の周りにワイヤーが入っているので「がま口」のようにガバっと開きます。

これだけしっかり開いてくれれば、大容量だからとガジェットを詰め込んだとしてもすぐに欲しいモノを手に取ることができます


収納力だけでなく一覧性にも配慮されたポーチってあんまり無いので、「あー、分かってるなー」ってニヤけました。


別売りのマグネットクリップをつければ開閉口を「開けっぱなし」にできる。


『デイズポーチ』には別売りのマグネットクリップを装着することができます。

これを付けると、ポーチの開閉口を開けっぱなしにしておけるので、ペン立てのような感覚でポーチを使うこともできます。



こうすればガジェットポーチをペンケースとしても使えるし、ついでに印鑑や社員証なんかも入れてしまえば、仕事道具をポーチ1つにまとめることもできそうです。


シンプルに使いやすい。そう感じる細かな設計の工夫が至るところに。


『デイズポーチ』はファスナー付きポケットがあるだけでなく、開閉口に簡単な止水設計がなされています。(多分、完全防水ではなく耐水くらいの強度)

完全防水でないとはいえ、元々ポーチ自体が縫製品で濡れないように気を付けるものなので、何かの拍子に飲み物をこぼしちゃった、、、みたいなシーンでポーチを拭くまでの時間を稼いでくれれば個人的には十分です。


また、メインの開閉口のファスナーに指を引っ掛けられるアクセサリーが付いています。



もちろんアクセサリーが付いてなくでもファスナー自体がスムーズに動くのに、それに加えてアクセサリーを付けている。

こういう「こだわり」を感じられるデザインって使ってるだけで若干テンション上がります。


最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では私のメインガジェットポーチに確定した、ユウボク東京『デイズポーチ』を紹介しました。


『デイズポーチ』の良かった点

  • 大小9つのポケットで収納力が高い
  • 自立型で狭い場所でも開きやすい
  • 止水ジップなど細部まで作り込まれている

『デイズポーチ』の惜しい点

  • 少し高価(機能性がかなり高いため)



このサイズ感と収納力があれば、ノマドワーカーに訪れるほとんどのシーンはこれ1つで対応できると思います。

どこにでも同じポーチを持って出歩きたい人には特にオススメです。


決して安くない値段ですが、使い心地や止水ジップなどの細かい作り込みを考えれば、長く使えるガジェットポーチとして費用対効果は高いと思います。

常に持ち歩くからこそ、良いモノを使うと満足度の高い買い物になると思うので、ぜひ選択肢に入れてみてください。

それでは!



Sponsored Link

関連記事



新着記事- NEWPOST -



カテゴリ- CATEGORY -



記事を探す- SEARCH -


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.