ユウボク東京 デイズポーチ レビュー|収納力抜群で倒れないガジェットポーチ [PR]

ユウボク東京|デイズポーチ レビュー


どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ( ichi_MILIBLO)です。

最近はカフェなど会社以外の場所でノマド的に働くことも多く、昔よりガジェットポーチに求めることが多くなりました。

" これだ!と思えるアイテムを長く使いたい "

こう思っても世の中にはテレワーク関連のアイテムが多く、いろんなガジェットポーチがあるので選ぶのもひと苦労。

でも、やっと出会いました。
それがユウボク東京のガジェットポーチ「デイズポーチ」です。

ユウボク東京|デイズポーチ
ユウボク東京|デイズポーチ


この記事では、仕事でも遊びでも同じポーチを持ち歩きたい派の私が愛用するガジェットポーチ、ユウボク東京の「デイズポーチ」を紹介します。

こんな人におすすめ
ユウボク東京 デイズポーチ

  • デザインにもこだわりたい
  • 大容量の収納があるポーチがほしい
  • 狭いスペースでも置ける自立型がいい


5年以上テレワークを続ける中で色々なポーチを使ってきましたが、私のガジェットポーチを探す旅はデイズポーチで終わりました。

機能性でもデザイン面でも長く使えるガジェットポーチなのでぜひ参考にしてみてください。


「デイズポーチ」の良かった点

  • 自立型で狭い場所でも開きやすい
  • 大小9つのポケットで収納力が高い
  • 正方形に近く大容量で一覧性が高い
  • 止水ジップなど細部まで作り込みが丁寧

「デイズポーチ」の惜しい点

  • 外ポケットはマチが狭い


ユウボク東京さまから商品をご提供いただき、レビューしております。

Sponsored Link

デイズポーチはこんなガジェットポーチ

私が使うのはユウボク東京の「デイズポーチ」。

その名の通り、多くのガジェットを持ち歩くノマドワーカーのような人が毎日使うのに最適なガジェットポーチです。

ユウボク東京|デイズポーチ


実はこのデイズポーチ、クラウドファンディング(Makuake)で累計2,000名ほどから支持されて目標の20倍の支援金を獲得した話題商品。


大小9つのポケットがあったり、ファスナー部分に簡易な止水設計がされていたりと嬉しいポイントが色々ありますが、1番のポイントは「自立する」ところ。

デイズポーチが自立してるところ

リモートオフィスやカフェなど狭いスペースにも置くことができてテレワーカー(ノマドワーカー)にピッタリです。


ユウボク東京は2018年に設立され「多様で柔軟な働き⽅を応援し、その⼈らしさを”そっと魅せる”ブランドでありたい」という理念のもと、ノマドワーカーが嬉しくなる製品を開発・販売しています。

私のようなノマド的な働き方をするテレワーカーの味方になるようなメーカーだと思うので、気になる方はチェックしてみてください。


デイズポーチ リモードとの違い

ユウボク東京から出ているデイズポーチには「リモード」という、デイズポーチをワンサイズ小さくしたタイプもあります。


「デイズポーチとどこが違うの?」という疑問に答えるべく、2つの主な違いをまとめてみました。


ショルダーベルトを使ってちょっとしたアイテムを手ぶらで持ち歩けるのが「リモード」のメリット

  • 持ち歩くものが少なく、会社など一定エリアでの移動が多いなら「リモード」
  • 持ち歩くものが多く、カフェなど1つの場所に居座るなら「デイズポーチ」

私ならこんな使い分けをすると思います。


デイズポーチ の良かった点

ここからは実際に触ってみて感じた「デイズポーチ」の良かった点について紹介します。
購入前の参考にしてみてください。

『デイズポーチ』の良かった点

  • 自立型で狭い場所でも開きやすい
  • 大小9つのポケットで収納力が高い
  • 正方形に近く大容量で一覧性が高い
  • 止水ジップなど細部まで作り込みが丁寧


9つのポケットでポーチ内を整理しやすい

「デイズポーチ」は大小9つのポケットがあり、その内2つはファスナー付き。

ガジェットポーチを開いたところ

それぞれポケットの大きさが違うので、入れたいガジェットに合わせたちょうど良いサイズのポケットを選ぶことができます。


内ポケットはどれもしっかりマチが確保してあるので思ってる以上にものが入りました。

ガジェット類をすべて入れても余裕だったので、パソコン作業で持っておきたい目薬などの日用品も入れています。

ガジェットポーチの中身


内ポケットだけでなく外ポケット(特にファスナー付きの1つ)はかなり重宝します。

デイズポーチの外ポケット(ファスナー付き)

外のファスナーポケットもしっかりした広さが確保されているので、すぐに取り出したいもの(例えば、目薬や印鑑)を入れるのに最適です。


自立するから狭いスペースにも置ける

見ての通り、このポーチは自立します。

デイズポーチが自立しているところ
大容量なのに倒れない


会社と違ってカフェやリモートオフィスのデスクは狭いので、ノートPCがスペースの大部分を占有してしまうもの。

でもポーチが自立してくれれば、狭いスペースにも置けるし、両手でモノを探せるので場所によらずスムーズにガジェットなどを取り出せます


大容量で一覧性が高い

デイズポーチは大容量なだけでなく、開閉口の周りに入っているワイヤーのおかげで「がま口」のようにガバっと開いて使えます。

デイズポーチを開いたところ
中身が全て見渡せる


これだけしっかり開いてくれればガジェットを詰め込んでもすぐに欲しいモノを手に取れる

収納力だけでなく一覧性にも配慮されたポーチってあんまり無いので「あ、これは使いやすい!」って感動しました。


ちなみに「デイズポーチ」には別売りのマグネットクリップがあります。

ユウボク東京デイズポーチの別売りマグネットクリップ
ロゴ付きで見た目もおしゃれなマグネットクリップ


これを装着することでポーチを開けっぱなしにして固定できるのでペン立てのような感覚でポーチを使えます

デイズポーチをマグネットクリップで止めたところ

仕事中はポーチを開きっぱなしにできた方がすぐにものを取り出せて便利。

会社やリモートオフィスみたいなある程度仕切られた場所ではマグネットクリップが重宝します。


デザイン性が高い

「デイズポーチ」は至るところにこだわりが見られるガジェットポーチです。

例えば、ポーチの開閉口は簡単な止水ファスナーになっています。

デイズポーチのジップ部分

完全防水ではありませんが、何かの拍子に飲み物をこぼしちゃった!みたいなシーンでポーチを拭くまでの時間を稼いでくれれば個人的には十分です。


また、メインの開閉口のファスナーに指を引っ掛けられるアクセサリーが付いています。

デイズポーチのファスナーについてるアクセサリー

もちろんファスナー自体がスムーズに動きますが、そこにこういうひと手間があることで使いやすさは格段に上がります。

こういう「こだわり」が感じられるものって使ってるだけでテンション上がるので、せっかくならこういうアイテムを持ちたいですね。


デイズポーチ の外ポケット(ファスナーなし)は少し狭いので注意

外ポケットは正面に2つ・裏面に1つありますが若干マチが狭めです。

デイズポーチの外ポケット(正面)
外ポケット(正面)
デイズポーチの外ポケット(裏面)
外ポケット(裏面)

外ポケット(ファスナーあり)は小物を入れるのに最適ですが、他2つはマチが狭くものが落ちてしまうのが心配で普段は使っていません。

とはいえ、ポケットの「深さ」はしっかりしているのでフリスクのようなものを入れるにはちょうど良いサイズ感です。


ユウボク東京 デイズポーチ レビュー まとめ

この記事では、私のメインガジェットポーチに確定したユウボク東京の「デイズポーチ」を紹介しました。

「デイズポーチ」の良かった点

  • 自立型で狭い場所でも開きやすい
  • 大小9つのポケットで収納力が高い
  • 正方形に近く大容量で一覧性が高い
  • 止水ジップなど細部まで作り込みが丁寧

「デイズポーチ」の惜しい点

  • 外ポケットはマチが狭い


デイズポーチのサイズ感と収納力ならノマドワーカーが持ち歩くものは大体収納できるはずです。

4,000円ほどと安くない値段も使い心地や止水ジップなどの細かい作り込みを考えれば、長く使えるガジェットポーチとして十分元が取れるレベル。

仕事道具をポーチ1つに入れて持ち歩きたい人におすすめなので、ぜひチェックしてみてください。


ガジェットポーチに入れているものやカバンの中身なども別の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

ガジェットポーチの中身
ガジェットポーチの中身紹介

続きを見る

カバンの中身紹介

続きを見る


それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。