RAVPower RP-PC144レビュー|小型で持ち歩きやすい30W急速充電器 [PR]


どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ( ichi_MILIBLO)です。

最近は iPhone12シリーズやM1 MacBook、iPad Air4など、低パワーでもハイスペック並みのパフォーマンスが出るデバイスが沢山あります。

私が外に持ち運ぶデバイスは iPhone 12miniiPad Air4 なので、低パワーデバイスに最適化したUSB充電器が欲しいと感じていました。

"30Wで急速充電できる小型のUSB充電器がほしい"

そんな私にピッタリなものは無いかなと思って探していたら、良さげな30Wの急速充電器をRAVPowerで見つけました。

この記事では、30W充電に対応した USB Type-A・C搭載の急速充電器 RAVPowerの RP-PC144 をレビューしていきます。

RAVPower|RP-PC144

こんな人におすすめ
RAVPower RP-PC144

  • 充電出力は30Wあれば十分
  • USB Type-AとCの充電器が必要
  • 持ち運びやすい充電器がほしい


実際に使ってみると、USB Type-AとCが両方搭載されているのが想像以上の快適さ。

私のように徐々にType-Cの製品も使い始めているけど、Type-Aの製品も使い続けていきたい人にピッタリなので、ぜひ参考にしてみてください。


「RP-PC144」の良かった点

  • コンパクトなサイズ感
  • 30W出力でタブレットでも急速充電できる
  • Type-A/Cポート搭載で対応デバイスが多い

「RP-PC144」の惜しい点

  • 高出力のデバイス充電には不向き
  • Type-Cで統一してる人は実質1ポート


RAVPowerさまから商品をご提供いただき、レビューしております。

Sponsored Link

RAVPower RP-PC144 の特徴

私が愛用するのがRAVPowerから出ているUSB Type-A/C搭載の急速充電器「RP-PC144」。

RAVPower RP-PC144


RAVPowerといえば「ミニマルで高機能な充電器」を思い浮かべる人が多いと思いますが、例に漏れずこちらも「THE・RAVPower」と言えるデザインと機能です。

RAVPower RP-PC144(USBポート部分)

個人的に黒が好きなこともあって見た目だけで既にかなり心惹かれましたが、充電出力も30Wとしっかりして使えるスペックです。

充電出力30WはUSB Type-C単体利用時のみ。Type-A併用時はType-C 20W・Type-A 10Wの合計30W。


私が「RP-PC144」を使う理由

この製品の魅力を一言で表すと「USB Type-AとC搭載で必要十分なパワーを持つコンパクト充電器」です。

RP-PC144を使う理由

  • 超小型でシンプルなデザイン
  • USB-TypeAとTypeCの同時充電が可能
  • 主要アイテム(iPhone、iPad)をしっかり充電できるスペック


私は iPhone 12miniiPad Air4 をメインに使っていますが、社用スマホはiPhone8で充電ケーブルは「Type-A」。

最近のデバイスの主流はType-Cですが、今だにType-Aを使っている人は多いんじゃないかと思います。(私もそんな1人です)

  • 今のメイン端末はType-Aで今後も使う予定
  • 最近はType-Cのデバイスも持ち始めて、Type-A/C両方で充電したい
  • デバイス充電をType-Cに統一するほどお金はかけたくない

そんな時にこの製品を知り、まさに自分が求めていた充電器だと思いました。


RAVPower RP-PC144 の良かった点

まさに「必要十分だけを残したコンパクト充電器」という感じですが、もう少し詳しく「良かった点」を紹介していきます。

「RP-PC144」の良かった点

  • コンパクトなサイズ感
  • 30W出力でタブレットでも急速充電できる
  • Type-A/Cポート搭載で対応デバイスが多い


テレワーカーに嬉しいコンパクトなサイズ感

まず最初に感じたのが、とにかくコンパクトだということ。

RAVPower RP-PC144
これ1つであらゆるガジェットを急速充電できる
RAVPower RP-PC144(コンセント部分)
コンセントは使う時だけ出せばいい


普段から持ち物はなるべくミニマルに、1つにまとめたい、と考えているような人には「たまらない」と思います。

今はUSB Type-AもType-Cも充電器自体がかなり小さくなってきていますが、それでもモノが2つあればかさばるし、取り出すときも2つ探す分だけ手間がかかる。

RAVPower RP-PC144とApple純正充電器の比較

これなら、2in1の機能性を持ちつつサイズ感もコンパクトなので、より気軽に取り出して充電できます。


Type-A / C 搭載であらゆるガジェットに対応可能

この充電器はUSB-TypeAとTypeCの出力ポートが1つずつあるので、大概のガジェットに対応できます。

RAVPower RP-PC144の充電ポート

TypeA(10W)、TypeC(20W)ともに決して「高パワー」とは言えませんが、最大30Wまで充電できるので、iPhone12シリーズやM1 MacBook Air、iPad Airはもちろん、SwitchやGalaxy Note20など、これからの主流になるアイテムは一通り充電できます。

今あるガジェットを大切に使い続けつつ、これから買うであろうガジェットにも対応した充電器がほしい…そんな要望も満たしてくれるのは嬉しいですね。


コンセントが折り畳みできて持ち運びやすい

使うガジェットがどんどん軽くなる中で、充電器周りでモノが増えていくのは、、、なんか違う。

" 必要最小限のモノだけをポーチに入れて身軽に出かけたい "

この充電器は、そんな人の「最適解」になり得ると思います。

RAVPower RP-PC144を無印の小型ポーチに入れているところ
無印の小ポーチにも入るサイズ感
RAVPower RP-PC144を無印の袋ポーチに入れているところ
無印の袋ポーチにも入ります


コンセントを使わないときは折りたたんでしまえるので、持ち運ぶポーチ(入れもの)に引っかかってしまうこともないのが嬉しい設計でした。

RAVPower RP-PC144
コンセントを使わないはしまっておける


注意!RAVPower RP-PC144 は高パワー充電に不向き

この充電器は、あらゆるガジェットに対応できる充電器だと思いますが、「〜 Pro」のような高パワーを必要とする機器にはパワー不足なのも事実。

MacBook Proを始めとしたノートPCでは少なくても「45W」はパワーが必要なので、そういう人には向かない製品だと思います。


また、最近の製品は最初から「Type-C」ポートを前提にしているモノも多いので既に身の回りがType-Cで統一されている人にも向きません。

そういう人には、同じRAVPowerの製品で「GaN(窒化ガリウム)」を使った別製品があるので、そういったモノの方が合っていると思います。

詳しくは、RAVPower社のホームページから選んでみてください。


RAVPower RP-PC144 レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では、ミニマルなデザインに必要十分な機能を詰め込んだ、RAVPowerのUSB Type-C急速充電器「RP-PC144」を紹介しました。

「RP-PC144」の良かった点

  • コンパクトなサイズ感
  • 30W出力でタブレットでも急速充電できる
  • Type-A/Cポート搭載で対応デバイスが多い

「RP-PC144」の惜しい点

  • 高出力のデバイス充電には不向き
  • Type-Cで統一してる人は実質1ポート


実際に使い始めて、外での作業がより身軽に、自分の持ち物がよりコンパクトになり、自分に合ったミニマルな暮らしに近づいたのを感じます。

同じようにUSB-TypeAとTypeCの2種類を持っていて、2in1な急速充電器を探している人は、ぜひ選択肢の1つとして検討してみてください。


他の記事では私が愛用しているUSB Type-Cの充電ケーブルやガジェットポーチの中身を紹介しているので、ぜひ見てみてください。

愛用のUSB Type-C充電ケーブルはこちら

続きを見る

ガジェットポーチの中身
私のガジェットポーチの中身を紹介

続きを見る


それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。