RAVPower『RP-PC150』レビュー|iPhone12に最適な国内最小クラスの20W充電器 [PR]


「もっと早くiPhoneを充電したい。」
「万が一のときにiPadも充電できる充電器がほしい。」
「デスク上にUSB-Cの充電ポートがほしい。」


普段から持ち歩くデバイスが少なければ、充電出力やポート数よりも「とにかくコンパクトで、そこそこ充電できるもの」がベストだったりします。


「1ポートでいいからコンパクトな充電器がほしい...。」

何か良いものはないかなと探していたところ、「RAVPower」から出ている国内最小クラスの20W充電器『RP-PC150』が私の希望にピッタリとハマりました。


この記事では、私が探していた「とにかくコンパクトで、そこそこ充電できる」にピッタリ応えてくれたUSB-C充電器『RP-PC150』について紹介します。


『RP-PC150』の良かった点

  • 国内最小クラスのコンパクトデザイン
  • iPhone12に最適な20W急速充電が可能
  • 汎用性の高いUSB-Cの充電ポート

『RP-PC150』の惜しい点

  • コンセント部分が畳み込めない
  • 高パワーが必要な端末には向かない


私は「大は小を兼ねる」の考え方で買い物をすることも多いんですが、充電器に限っては「高出力でポート数が豊富」というのが最適解ではないと思いました。

  • iPhoneと少数精鋭のアイテムだけを持ち歩く
  • デスク環境にUSB-Cの充電ポートが欲しい

こんなことを考えているのであれば、あなたの充電器選びの候補になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。


RAVPower USB-C急速充電器「RP-PC150」


それでは、さっそく始めます。


RAVPowerさまから商品をご提供いただき、レビューしております。

RAVPower RP-PC150|iPhone12シリーズに最適な20W急速充電器


今回提供いただいたのは、RAVPower(ラブパワー)社が出している20W充電器『RP-PC150』。


RAVPower社は2011年にアメリカで創業した比較的新しい会社ですが、すでに数千万人の利用ユーザーがいるモバイルバッテリーやUSB充電器などを中心とした製品を世界各国で販売しています。(参考:RAVPower社ホームページ

特に超小型で高出力の充電器に採用している「窒化ガリウム(GaN)」を世界に先駆けて導入することで、今まで実現できなかったサイズ感と充電パワーを両立しています。


転載元:RAVPower社ホームページ


リモートワークでは「いかに荷物を必要最低限にするか」で身体への負担が変わってくるので、そういう次世代の技術を採用しているのは機能的にも肩コリ的にも嬉しいところ。

そんな充電機能が高いだけでなく身体にも優しい充電器『RP-PC150』のスペックをまとめてみました。

『RP-PC150』のスペック

  • サイズ:幅4.7cm × 奥行2.8cm × 高さ3cm
  • 重さ:30g
  • 対応ポート:USB-C
  • 出力:最大20W(PD 3.0)
  • 保証期間:30ヵ月
  • その他:付属品(ケーブルなど)は無し


個別にPD/QC対応のUSB-Cケーブルを準備しないと急速充電できない。


『RP-PC150』は最大20Wの充電パワーを持っており、PD(パワーデリバリー)/QC(クイックチャージ)の両方に対応しているので iPhone や Android のスマホ種類に関わらず急速充電することができますし、AirPods・Apple Watch・Switch なども充電できます。

ただ、急速充電に対応したケーブルを使う必要があって、そういったケーブルは『RP-PC150』には同梱されていないので自分で用意する必要があるので注意してください。


RP-PC150を使ってみた感想


使ってみると「良い点」「惜しい点」が両方ありましたが結論から言えば、iPhoneをメインに充電したい人なら買って良かったと思えるはずです。

次からは具体的に「使ってみた感想」や「私の利用方法」を紹介します。


Apple純正品より高コスパ。iPhone12ユーザーなら選んで間違いなし。


iPhone12シリーズからは端末購入時の充電器(ACアダプター)が同梱されなくなりました。

Appleの公式ホームページの言葉を見る限り、将来的にもうiPhoneを購入しても充電器は手に入らず、欲しい人は個別に購入することになると思います。


このような同梱物はすでに多くの人が持っているため、新品のまま使われないことがよくあります。そこでAppleでは、iPhoneファミリー全体で箱に入れるのをやめました。これにより炭素排出量と、貴重な素材の採掘や使用を減らすことができます。

出典元:Apple公式ホームページ

この調子でLightning端子もなくなれば嬉しいんですけどね(ボソッ)。


iPhone12シリーズを持っている人の中には今までの充電器をそのまま使っている人もいるかもしれませんが、それはもったいないです。

今まで付属していた充電器の出力は「5W」ですが、iPhone12は最大「20W」で充電できるので、付属の充電器だと必要以上の時間をかけて充電してることになります。


転載元:RAVPower社ホームページ


その点で『RP-PC150』は20Wの充電出力があるので、30分で50%くらいの充電が可能です。(ちなみに、5W充電器だと30分で17%くらい)


それでいて、充電器は既存の充電器とほぼ同サイズ。

同じ収納スペースを使うなら充電能力が高いものにした方が得だと思います。


Apple純正の充電器とほぼ同サイズ


iPadとの併用もできるけど、iPad専用で購入するのはおすすめしない。


Appleで iPad を購入したときに同梱されているのは「20W充電器」なので、そういう意味では『RP-PC150』でも十分 iPad を充電できます。


でも、iPadはそれぞれの端末で充電できる上限値が違うのでフルパワーで充電しようと思ったら、20Wだと少しパワー不足です。

iPad Air 4約 30W
iPad Pro 11 inch約 30W
iPad Pro 12.9 inch約 45W


とはいえ、iPad は iPhone よりも電池容量が大きいのでよっぽどヘビーな使い方をしていない限りは充電器を持ち歩く必要はないかもしれません。

「メインは iPhone の充電だけど、念のために iPad でも使えるくらいの出力がほしい。」

こんな用途であれば『RP-PC150』でも十分だと思いますが、iPad 専用の充電器がほしいのであればあなたの持っている iPad に合った充電器を購入するのがオススメです。


コンセント部分が「折りたたみ式」だと最高だった...のか?


正直、Apple純正の5W充電器と同じサイズ感で4倍の充電出力があるというだけで、普段から持ち歩くガジェットが少ない人にはかなり魅力的。


しいて言えば「コンセント部分が折りたたみ式」だともっとコンパクトになったのかなと思うんですが、本当に折り畳みできたほうが良いかと言われると少し微妙な気もしてます。

というのも、本体がかなり小さいのでコンセント部分を立てにくいんじゃないかとも思うんです。


これくらい大きい方が折り畳みしやすい


特に今まで Apple純正の充電器を使っていた人にとっては「折りたたみできないストレス」みたいなものはないと思うので、折り畳みできないことがデメリットかと言われると、そこまででもないのかなと思います。


ちなみに私はこう使う=デスク周りにUSB-Cの充電ポートを作る。


私は手元に30WのUSB-C充電器があるので、今回紹介している『RP-PC150』はデスク周りにUSB-Cの充電ポートを作るために使ってます。


USB-Cポートは接続するケーブル次第で「USB-C」以外にも「USB-A」や「micro-USB」の端末を充電することができるのでデスク周りにUSB-Cの充電用ポートが欲しかったんです。

ちょっと不格好なんですが、先が「USB-C」「USB-A」「micro-USB」の3種類に対応しているケーブルを差して、デスク上で iPad や AirPods や マウスを充電するのに活用してます。



この使い方だと「コンセント部分が折りたためない」という設計もまったく気にならないので「デスク上に1つでいいからUSB-Cの充電ポートが欲しい」と考えてるのであれば、参考にしてもらえると嬉しいです。


最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、私が探していた「とにかくコンパクトで、そこそこ充電できる」USB-C充電器『RP-PC150』について紹介しました。


『RP-PC150』の良かった点

  • 国内最小クラスのコンパクトデザイン
  • iPhone12に最適な20W急速充電が可能
  • 汎用性の高いUSB-Cの充電ポート

『RP-PC150』の惜しい点

  • コンセント部分が畳み込めない
  • 高パワーが必要な端末には向かない


「すでに手元に充電器があるのに、わざわざ充電器を購入する必要があるのか?」と考えるかもしれませんが、急速充電できる/できないで暮らしは変わります。


電池が半分くらいになった頃から充電切れが気になることが多いんじゃないかと思いますが、そんな時はカフェに入って充電しますよね。

  • 30分で満タンまで充電できる → 20W充電器
  • 1時間経っても満タンにならない → 5W充電器

これだけ違いがあると、その後の行動範囲が全然違ってきます。


どんなに良いデバイスも充電がなければただの荷物でしかなくなるので、そんなときにたった30gの充電器を持ってるだけで気兼ねなく行動できるなら良い買い物になると思います。

ぜひこれからの充電器選びの参考にしてもらえると嬉しいです。


RAVPower USB-C急速充電器「RP-PC150」


それでは!


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.