メニュー
イチ
30代会社員 / テレワーク歴5年。
IT企業で会社員として働きながら、デスク周りの愛用品やテレワークで働くコツを発信。
デスクいじりが趣味で、自宅を最高の仕事場にしています。

XROUND VOCA レビュー|聴こえる・伝わるに注力した完全ワイヤレスイヤホン[PR]

サテライトオフィスやカフェなどいろいろな場所で働くテレワーカーにとって「電話会議」は避けて通れません。そして、常に電話向きの静かな環境とは限らないのが悩みの種だったりします。

” 周囲の雑音を相手に聞かせたくない “
” 相手の声はしっかり聴きとって応えたい “
” 移動中も雑音を消して音楽を楽しみたい “

音楽を楽しむためのイヤホンとしてだけではなく、テレワークに必要な機能を備えたイヤホンとして紹介できる商品を見つけたので紹介します。

この記事では、XROUNDのノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン「VOCA」をレビューします。

この記事で書いていること

  • XROUND VOCA の概要
  • 良かった点・惜しい点
  • 初期設定方法や専用アプリの設定方法
  • XROUND VOCA をおすすめする人の条件

他のイヤホンにはないXROUND独自の面白い機能が「TailorID (テーラーアイディー)」というAI分析による聴覚体験最適化の機能。

音の聞こえ方が人それぞれ違うところに着目し、使用前に音の聴こえ方を測定して自分に合った音質に仕上げてくれるイコライザー機能です。

12月8日からMakuake (マクアケ) で公開された新製品ですが、今回は特別にXROUNDさんから事前にご提供いただいたので、実際の使用感や使って感じたメリット・デメリットを紹介します。

ぜひ購入前の参考にしてみてください。

XROUND VOCA
メリット
  • 音が1つ1つクリアに聴こえる
  • ノイズキャンセリング性能は高水準
  • マルチペアリングでテレワークに最適
デメリット
  • イヤホンが取り出しにくい


イチ

XROUND様から商品をご提供いただき、レビューしております。

この記事の目次

XROUND VOCA の概要

今回紹介するのは、XROUNDのノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン「VOCA」

XROUNDの完全ワイヤレスイヤホン「VOCA」の写真
クリックすると商品スペックが見られます
XROUND VOCA
サイズ*幅6.5cm・奥行2.7cm・高さ4.5cm
重さ*約52g
Bluetooth規格Bluetooth 5.3
対応コーデックSBC / ACC / LDAC / LC3
再生時間イヤホン単体 : 約9時間
ケース併用 : 約36時間
USB充電USB Type-C
ワイヤレス充電Qi充電に対応
防塵防水性能IP55
最大通信距離15m ※障害物なしで80m
同梱物イヤホン本体
充電ケース
USB-Cケーブル (15cm)
各種イヤーピース
取り扱い説明書
*MILIBLO調べ

見た目の高級感・ノイズキャンセリング・ワイヤレス/USB-C充電・LDAC対応と申し分ない機能があるなかで、特に目立ったのが「聴きやすさへの配慮」

XROUND独自の聴覚体験最適化機能(TailorID)が「TailorID 2.0」にバージョンアップして搭載されているほか、イヤーピースも全部で7種類同梱されています。

XROUND「VOCA」の同梱物の写真

「TailorID 2.0」はXROUNDの専用アプリ「MyTune」から5分程度の聴覚テストを行なうことで自分の耳に最適化された音質で聴くことができるようになる機能。

XROUND専用アプリ「MyTune」の設定画面の写真

正直5分は少し長いですが、設定前後で音質がかなり変わるので、購入した人はぜひ試してみてください。


XROUND VOCA の使用感レビュー

ここからは XROUND VOCA を実際に使ってみて感じた「良かった点」「惜しい点」を紹介します。

ぜひ購入前の参考にしてみてください。


音が1つ1つクリアで聴きやすい

TailorID 2.0 によって自分に最適化されているからか、AirPods Pro (第2世代) と比べた時に音が近く、1つ1つがはっきり聴こえるように感じました。

XROUND「VOCA」を装着している写真

これは純粋にイコライザーのあり・なしによる差かもしれませんが、音が聴こえやすいのはシンプルに良いなと感じました。

” 音楽を楽しみたいけどヘッドホンは持ち歩きたくない ” という人にとってXROUND VOCA の聴きやすさは、それだけでも選ぶ理由になると思います。


マルチペアリングがテレワークに使いやすい

テレワーク(在宅勤務)で働いている人の中には私のように、普段は自分のスマホ(タブレット)で音楽を聴きつつ、電話会議のときだけ会社スマホを使う人もいると思います。

そんな人にとってかなり嬉しいのが「マルチペアリング」機能。

XROUND「VOCA」とスマホ・タブレットを並べた写真
2台まで同時接続できる

2台のデバイスに同時接続できるのでイヤホンをつけ変えたりBluetooth接続をやり直すことなく、イヤホンをつけっぱなしでデバイスを切り替えることができます。

1つのデバイスしか使わない人にとっては意味のない機能ですが、普段から複数デバイスを使い分けてる人にとっては重宝すると思います。


ノイズキャンセリング性能は業界高水準

VOCAのノイズキャンセリング性能は「最大 – 45dB」と一般的に見ても高いレベル。

実際に使ってみたところ、普通の会話やエアコンなどの生活音は気にならないレベルまで消してくれました。

XROUND「VOCA」のイヤーピースの写真
装着感もかなり良いです

ただ、ノイズキャンセリングの強さで有名な AirPods Pro (第2世代) と比べると一定以上の騒音は消しきれない印象がありました。

XROUND「VOCA」とApple「AirPods Pro(第2世代)」の写真

テレワークなどで使う分には充分なレベルのノイズキャンセリングだけど、上には上があるくらいの認識が丁度いいと思います。


イヤホンの取り出しがほんの少し面倒

かなり細かい感想になりますが、少しだけイヤホンが取り出しにくいと感じました。

XROUND「VOCA」の本体からイヤホンを取り出してる写真

こんな感じでイヤーピースが外側を向く形でケースに収納されているので、イヤホンを取り出すときに半回転させてから耳に装着することになります。

できればイヤーピースが内側を向くように収納できるデザインであれば、取り出してそのまま耳につけられたので少し残念でした。

XROUND「VOCA」の本体とイヤホンの写真
この方向に出し入れできれば最高

たいした話ではないですが、気になる人は気になると思うので購入前の参考にしてみてください。


XROUND VOCA の設定方法

ここでは実際にXROUND VOCAを初期設定したときの手順や注意点を紹介します。

設定なしでも使えますが、上で紹介した「TailorID 2.0」や「マルチペアリング」はアプリ上での設定が必須なので注意してください。


1. 初期設定

VOCA を開封して初めて使うまでの初期設定手順を簡単に紹介します。

▼ 開封するとこんな感じです

XROUND「VOCA」を開封した写真

「イヤホン本体」と「その他付属品」がきれいに分かれて梱包されているので、まずはイヤホン本体だけ取り出せばOKです。


STEP
本体からイヤホンを取り出して絶縁テープをはがす

ケースからイヤホンを両方取り出します。

XROUND「VOCA」の本体からイヤホンを取り出してる写真

この状態だとイヤホン本体に「絶縁テープ」が貼られているので動作しません。まずはイヤホンの充電端子についた絶縁テープを外します。

XROUND「VOCA」のイヤホンについた絶縁テープをはがしている写真

テープをはがしたらイヤホンをケースに戻します。左右のイヤホンのLEDランプがオレンジ色になっているのを確認してケースを閉じます。

XROUND「VOCA」本体のLEDライトが点滅している写真


STEP
ケースを開くことで自動的にBluetooth接続開始

イヤホンをケースに戻し、再度ケースを開いたタイミングで自動的にペアリングモードになります。

このとき、本体のLEDライトが白とオレンジで交互に点滅します。


STEP
デバイス側からVOCAにBluetooth接続

デバイス側のBluetooth設定画面を開き「XROUND VOCA」を選択すればOKです。


STEP
マルチペアリング設定をONにする

VOCA は最大2台のデバイスに同時接続できますが、そのためには専用アプリ「MyTune」をダウンロードする必要があります。

▼ XROUNDアプリ「MyTune」はこちら

XROUND MyTune

XROUND MyTune

無料posted withアプリーチ


「MyTune」アプリを開いたあと、右上の「歯車」を押して最下部にある「マルチポイント接続」という項目を「ON」にします。

XROUND専用アプリ「MyTune」の設定画面
トップページ右上の歯車を選択
XROUND専用アプリ「MyTune」の設定画面
「マルチポイント接続」をON

こうすることでマルチペアリングがONになります。(最初はOFFになっているので注意です)


STEP
2台目のデバイスをBluetooth接続する

本体正面にあるボタンを長押しするとペアリングモードに移行します。

XROUND「VOCA」を正面から見た写真

ペアリングモードになるとイヤホンのLEDランプが点滅するので見て確認するのが確実です。

あとは1台目と同じように2台目のデバイスからBluetooth設定画面を開き、接続すれば完了です。


2. TailorID 2.0 (聴覚体験最適化機能) の設定

聴覚体験最適化機能 (TailorID 2.0) も専用アプリ「MyTune」から設定します。

アプリを開いて1番上にある「イコライザー調整」を選択し、1番下にある「+テスト開始」を選択します。

XROUND専用アプリ「MyTune」の設定画面
トップページ上の「イコライザー調整」を選択
XROUND専用アプリ「MyTune」の設定画面
ページ最下部の「+テスト開始」を選択

あとはアプリの指示に従って、聴覚診断を受けるだけです。

XROUND専用アプリ「MyTune」のTailorID設定画面

終わるまでに5分ほどかかってしまうのがネックですが設定前後で音の聴こえ方がかなり変わるので、ぜひ設定してみてください。


XROUND VOCA はこんな人におすすめ

実際に使ってみて感じた XROUND VOCA をおすすめできるのはこんな人です。

XROUND VOCA はこんな人におすすめ
  • テレワーク/在宅勤務用イヤホンを探している
  • 複数デバイスを使い分けることが多い
  • ブランドにはこだわらない

XROUND自体がメジャーなブランドではないため、そこに不安を覚える人は買った後にモヤモヤがあると思うので、おすすめしません。

ただ、ノイズキャンセリング性能は十分だし、テレワーカーに嬉しいマルチペアリングも搭載していて十分満足できる製品なので、ブランドを気にしない人にとっては良い選択肢になるはずです。


XROUND VOCA レビューまとめ

この記事では、XROUNDのノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン「VOCA」をレビューしました。

VOCA
メリット
  • 音が1つ1つクリアに聴こえる
  • ノイズキャンセリング性能は高水準
  • マルチペアリングでテレワークに最適
デメリット
  • イヤホンが取り出しにくい


XROUND VOCA は今まで使ったイヤホンの中でも「装着感」や「聴こえやすさ」はかなり良いです。

ただ一方で、一般販売予定価格が2万円以上するのはちょっと高いと感じたので、気になる人は現在公開中のMakuake (マクアケ) のサイトで先行購入するのがおすすめ。

特にテレワークで使いやすいイヤホンを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。


別の記事では、私が在宅勤務で使っているおすすめの便利グッズも紹介しているので、ぜひ読んでみてください。


▼ この記事に関連する参考記事


それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!
この記事の目次