XROUND FORGE NC レビュー|テレワークでも使いやすい完全ワイヤレスイヤホン [PR]

どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ( ichi_MILIBLO)です。

テレワークだとカフェやコワーキングスペースのような「人の声」が聞こえてしまう状況で仕事をするのはごく普通のこと。

集中できる環境をどうやって作るか?を考えるのが、テレワーカーにとっての大きな課題であり、その上で「イヤホン」は重要なアイテムです。

“ 静かな環境を手に入れたい ”
“ ビジネス/スポーツで使えるイヤホンがほしい ”
“ 雑音に邪魔されず集中できるイヤホンがほしい ”

今回はカフェやジムなど1日を通して付けっぱなしにできるノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

ノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン|XROUND FORGE NC

この記事では、XROUNDの「FORGE NC」をレビューしていきます。

この記事で書いていること

  • XROUND FORGE NC の概要
  • 良かった点・惜しい点
  • 初期設定方法やアプリ利用時の注意点

このイヤホンで面白いと思ったのが「TailorID(テーラーアイディー)」というAI分析による聴覚体験最適化の機能。

音の聞こえ方は人それぞれ違うところに着目し、使用前に耳の感度を測定して自分に合った音質に仕上げてくれる機能です。

それ以外にも実際に使ってみて感じたメリット・デメリット、初期設定やアプリの利用方法についてもまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

ここが良かった!

  • 自分の耳に合わせられる豊富なパーツ
  • 1日中つけっぱなしにできるバッテリー容量
  • テレワーク中の「ながら使い」に最適なマルチペアリング

ここが惜しい…

  • マルチペアリングの設定が分かりにくい
  • ノイズキャンセリング機能は「音楽再生なし」だと効果が薄い


XROUND様から商品をご提供いただき、レビューしております。

XROUND FORGE NC の概要

今回使っているのは、XROUND から出ているノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「FORGE NC」

XROUND FORGE NCを正面から見た写真

ノイキャン、ワイヤレス充電/USB-C充電、水洗いできる防塵防水性能(IP67)と申し分ない機能があるなかで、私が1番注目したのが「聴きやすさへの配慮」

聴覚体験最適化の機能「TailorID」搭載の他に、イヤーピースが全28種類同梱されていたのには驚きました。(イヤーピース7種×イヤーフック4種)

XROUND FORGE NCの同梱物の写真

感覚的な話になりますが、実際に「TailorID」を設定する前後で聴きやすさはかなり変わりました。

XROUND FORGE NCのTailorID設定画面
テスト中のアプリ画面

聴覚テストに5分ほどかかるのは手間ですが、1回やってしまえばそれ以降ずっと自分に最適化した音が聴けることを考えれば我慢できる範囲だと思います。

次からは実際に「FORGE NC」を使ってみて感じた「良かった点」「惜しい点」を紹介していきます。


XROUND FORGE NC の良かった点

ここからは FORGE NC を実際に使ってみて感じた「良かった点」を紹介します。

ここが良かった!

  • 自分の耳に合わせられる豊富なパーツ
  • 1日中つけっぱなしにできるバッテリー容量
  • テレワーク中の「ながら使い」に最適なマルチペアリング

ぜひ購入前の参考にしてみてください。


1日中付けっぱなしでも耳が痛くならない豊富なパーツ

FORGE NC を一言でいえば「耳に優しいイヤホン」。その優しさを最初に感じたのがイヤーピースの豊富さでした。

XROUND FORGE NCのイヤーピース全種類の写真
  • コンフォートイヤーピース × 4 (S/M/L/XL)
  • 低音強化イヤーピース × 3 (S/M/L)
  • イヤーフック × 4 (S/M/L/Null)

イヤホン1つにこんなにイヤーピースいらないよと思えるくらいの豊富さなので、必ずあなたの耳にもしっくりくるイヤホンになるはず。

1日中つけてても耳が痛くならないので、仕事中に音楽を聴いたり、打ち合わせでイヤホンをつける機会が多い私には嬉しい点でした。

FORGE NCとiPhoneの写真

付けっぱなしでも耳が痛くならないのは長時間イヤホンを使いたい人は注意しておきたいポイントだと思うので、ぜひ参考にしてみてください。


1日つけっぱなしにできるバッテリー容量

FORGE NC は本体9時間、ケース付きで32時間のバッテリー容量があります。

XROUND FORGE NCがペアリングモードになっている写真

本体の9時間バッテリーだけでは不安という人も私のように昼休憩中に充電すれば、仕事始め〜終わりまでつけっぱなしでも安心のバッテリー容量です。

充電方式はワイヤレスとUSB-Cの2つがあり、1時間あればフル充電できるので日々の暮らしの中で充電切れを心配するシーンはありませんでした。

FORGE NCをワイヤレス充電している写真
ワイヤレス充電対応
FORGE NCをケーブル充電している写真
ケーブル充電は「USB Type-C」

ケースに戻すだけで本体が充電できるので、1日中の外出でも荷物が増えなくて済むので助かります。


マルチペアリングは複数デバイスユーザーにかなり便利

FORGE NC を使っていて1番便利に感じたのが「マルチペアリング」。

FORGE NCとiPhoneとiPadの写真

2台同時にBluetooth接続できる機能で、私は「iPad」と「会社スマホ」の2つを接続して使っています。

  • iPad → 作業BGMを聴くイヤホンとして
  • スマホ → 会議中のマイク&イヤホンとして

今までマルチペアリングが役立つシーンが想像できず「この機能いらないから安くしてくれないかな」くらいまで考えていましたが、完全に私が間違っていました。

テレワーク中に音楽を聴いている中でも打合せ前にスマホを操作するだけで「イヤホン」→「会議用ヘッドセット」に自動で切り替わるのが本当に便利です。

テレワークでFORGE NCのマルチペアリング機能を使っている写真

テレワーク(在宅勤務)で働いている人で複数のデバイスを使っている人は、ぜひ参考にしてみてください。


XROUND FORGE NC の惜しい点

ここからは FORGE NC を実際に使ってみて感じた「惜しい点」を紹介します。

ここが惜しい…

  • マルチペアリングの設定が分かりにくい
  • ノイズキャンセリング機能は「音楽再生なし」だと効果が薄い

ぜひ購入前の参考にしてみてください。


マルチペアリングの初期設定が分かりにくい

私がマルチペアリング対応イヤホンの取り扱いに慣れてない部分もありますが、マルチペアリングの設定が初見だと分かりにくい印象でした。

とはいえ難しいことはなく、注意点は「アプリでマルチペアリングの設定をONにする」だけ。

XROUND「MyTune」アプリ設定画面
設定>マルチポイントを「ON」にするだけ

詳しいペアリングの方法はXROUNDの公式Youtubeチャンネルや説明書があります。

FORGE NC の取扱説明書はこちら

このブログでも「マルチペアリングの設定手順」を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


ノイズキャンセリング機能は「音楽再生なし」で使うのは厳しい

ノイズキャンセリングは音を流す場合・流さない場合の2つの使い方があります。

  • 音を流す → 雑音を消して音楽体験を上げる
  • 音を流さない → 強力な耳栓として使う

FORGE NC は音楽を流して使わないとノイズキャンセリング性能はイマイチだと感じました。(強力な耳栓にはならない)

XROUND FORGE NCの充電端子

ただ、音楽を流すとノイズキャンセリングの効果はぐっと感じられるようになります。

これは「FORGE NCの概要」でも紹介した聴覚体験最適化の機能「TailorID」によるものかもしれません。

音楽を流して使えば子供の泣き声すら小さくなるので外でのテレワークでも充分使える遮音性があると感じました。


専用アプリ「MyTune」設定時の注意点

ここでは実際にFORGE NCの初期設定をしたときの手順や注意点を紹介します。

アプリなしでもイヤホンとして使えますが、上で紹介した「TailorID」や「マルチペアリング」ではアプリが必須なので注意してください。


1. 初期設定の流れ

FORGE NC を開封して初めて使うときの初期設定手順を簡単に紹介します。

▼開封するとこんな感じです

XROUND FORGE NCを開封した写真

「イヤホン本体」と「その他付属品」がきれいに分かれて梱包されているので、まずはイヤホン本体だけ取り出せばOKです。


step
1
ケースからイヤホンを取り出して起動

ケースからイヤホンを両方取り出します。

XROUND FORGE NCのイヤホンをケースから外した写真

この状態だとイヤホン本体に「絶縁テープ」が貼られているので動作しません。まずはイヤホンの充電端子についた絶縁テープを外します。

XROUND FORGE NCのイヤホン部分

上の写真のように充電端子を露出した状態にしてケースに戻します。

XROUND FORGE NCのケース部分


step
2
イヤホンをケースに戻して再度開く

絶縁テープを外してイヤホンをケースに戻し、再度ケースを開いたタイミングで FORGE NC は自動的にペアリングモードになります。

XROUND FORGE NCのペアリングモード起動時
ペアリングモードになるとLEDランプが点滅

接続したいデバイス(iPhoneなど)のBluetooth設定から「XROUND FORGE NC」を選択してペアリングすれば初期設定は完了です。

最初の1台に接続するときは他のイヤホンと手順はほとんど変わらないので絶縁テープを外すことだけ気を付ければOKです。


2. マルチペアリングの設定方法

FORGE NC は最大2台のデバイスに同時接続できますが、そのためには専用アプリ「MyTune」をダウンロードする必要があります。

▼XROUNDアプリ「MyTune」はこちら

XROUND MyTune

XROUND MyTune

無料posted withアプリーチ

マルチペアリングの手順はこちらです。


step
1
MyTuneのマルチポイントをONにする

「MyTune」アプリを開いたあと、設定(右上の歯車) を押すと最下部にある「マルチポイント」という設定項目を「ON」にします。

XROUND「MyTune」アプリ設定画面
右上の歯車をタップ
XROUND「MyTune」アプリ設定画面
下にある「マルチポイント」をONに


step
2
Fnキー長押し→ペアリングモード起動

ケースを開いた中央にある丸いボタン(Fnキー)を3秒ほど長押ししてペアリングモードを起動します。

XROUND FORGE NCのケースを開いた写真

ペアリングモードになるとイヤホンのLEDランプが点滅するので見て確認するのが確実。あとは初期設定と同じように2台目のデバイスからBluetooth接続すればOKです。

ちなみにマルチポイント設定を「ON」にしないまま2台目のデバイスを接続しようとすると下のような画面になります。(iPhoneの場合)

マルチペアリングのエラー画面

このポップアップが出たら「MyTune」アプリを確認してみてください。


聴覚体験最適化機能「TailorID」の使い方

「TailorID」はXROUNDのホームページでも紹介されている機能ということで、「MyTune」アプリを開くと1番最初に出てきます。

XROUND「MyTune」アプリ設定画面
イコライザー調整の下にある「TailorID」をタップ

その後はアプリの指示に従って、聴覚診断を受けるだけです。

XROUND「MyTune」アプリ設定画面

終わるまでに5分ほどかかってしまうのがネックですが、終わった後に聴こえる音楽はかなり聴きやすいものに変わるので、ぜひ設定してみてください。


XROUND FORGE NC レビュー まとめ

この記事では、カフェやジムなど1日中つけっぱなしにできるノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン XROUND「FORGE NC」をレビューしました。

ここが良かった!

  • 自分の耳に合わせられる豊富なパーツ
  • 1日中つけっぱなしにできるバッテリー容量
  • テレワーク中の「ながら使い」に最適なマルチペアリング

ここが惜しい…

  • マルチペアリングの設定が分かりにくい
  • ノイズキャンセリング機能は「音楽再生なし」だと効果が薄い


正直、ノイズキャンセリング性能だけなら別で持っている Soundcore Life P3 のほうが上ですが、長時間つけっぱなしにするなら FORGE NC のほうが楽に感じました。

自宅やコワーキングスペースのような場所で働くなら、つけっぱなしが楽なイヤホンは良い選択肢になるので、ぜひ参考にしてみてください。


別の記事では、テレワーク(在宅勤務)で使っている便利グッズを紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

2022年テレワークが快適になる便利グッズ17選|在宅勤務で買ってよかったもの

続きを見る


▼イヤホンと一緒にあると嬉しいアイテム

Anker USB充電ケーブル レビュー

続きを見る

RAVPower USB充電器 レビュー

続きを見る

belkin|MagSafe対応3in1ワイヤレス充電器
Belkin ワイヤレス充電スタンド レビュー

続きを見る


それでは!


  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
詳しいプロフィールはこちら