タイガー サハラマグ レビュー|軽くて持ち運びやすいシンプルなステンレス水筒

タイガーのサハラマグ(水筒)


どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ(ichi_MILIBLO)です。

日常生活の中でもコスパが悪い「自販機の飲み物」を止めるために「水筒を持つ生活」について考え始めました。

水筒の持つことは節約になる。

これはよく聞くことですが、“ 本当に節約になるのか?” という疑問もありました。

ということで、今回は私が「水筒を持つ生活」のキッカケになったタイガーのステンレス水筒、サハラマグをレビューしていきます。

タイガーのステンレス水筒|サハラマグ
タイガー|サハラマグ


こんな人におすすめ
タイガーのサハラマグ

  • 軽くて手入れしやすい水筒がほしい
  • ミニマルで飽きのこないデザインが好き
  • 1日の水分補給は水筒以外でも補うつもり


正直、1日の水分補給をサハラマグ1本で補うのは厳しいですが、ちょっとした外出時にコーヒーやお茶を入れて持っていくにはピッタリです。

常に持ち運んでも苦にならないサイズで簡単に手入れできる水筒を探している人は、ぜひ参考にしてみてください。


「サハラマグ」の良かった点

  • シンプルデザインでシーンを選ばず使いやすい
  • 長時間温かいまま/冷たいまま飲みものを楽しめる
  • 飲料代の節約になる

「サハラマグ」の惜しい点

  • 容量的に1日はもたない
Sponsored Link

タイガーのサハラマグはこんな水筒

私が買ったのは「魔法びん」でおなじみのTIGER(タイガー)社のステンレスボトル(MMP-J030KP)です。

タイガー|サハラマグ


TIGER社は1923年から90年以上も「魔法びん」を作っていて、他にも炊飯ジャーや電動ポットが有名な会社です。(参考:TIGER社ホームページ

今回購入したステンレスの水筒は「マグタイプ」というカテゴリで、タイガーのサハラマグの中でも最軽量をウリにしたシリーズです。

サハラマグを上から見たところ

保冷・保温機能があるのはモチロンですが、私が買ったのは「MMP~」で始まるシリーズで、フタを外して直接口をつけて飲むタイプ。

水筒の造りがすごくシンプルなので、他の水筒に比べて手入れしやすいデザインになっているのが、めんどくさがり屋な私にとって嬉しいところです。


サハラマグの特徴:良かった点

まずはサハラマグを実際に使ってみて感じた「良かった点」を紹介します。

ぜひ購入前の参考にしてみてください。

「サハラマグ」の良かった点

  • シンプルデザインでシーンを選ばず使いやすい
  • 長時間温かいまま/冷たいまま飲みものを楽しめる
  • 飲料代の節約になる


シンプルデザインでシーンを選ばず使いやすい

見ての通り、サハラマグはロゴが1つあるだけのかなりシンプルなデザイン。

タイガーのステンレスボトル「サハラマグ」はシンプルなデザインで利用シーンを選ばない

水筒を取り出すのは外が多いと思うので、時には人目が気になるシーンもあるはず。

そんな時にはシンプルなデザインの方が使い勝手がよく、変に目立つこともありません。

シンプルデザインの水筒なら外に出してても目立たない

私はこんな風にカバンの外に入れて持ち運ぶことが多いので、カバンや他の持ち物と色の統一感が出るところも気に入っています。

なんだかんだで ” シンプル is ベスト ” なんですよね。


長時間、温かいまま/冷たいままで飲み物が楽しめる

タイガーの水筒は「真空断熱構造」を採用していて、外側と内側の壁の間に真空の層があります。

これによるメリットは2つです。

  • 飲み物の熱が逃げにくい(温かいまま/冷たいままをキープできる)
  • ボトルに結露(雫)がつかない


文字にすると大したことはないように見えるかもしれませんが、朝、水筒に入れたコーヒーが昼過ぎでも「淹れたてのような温度」で飲める。

これは思ってる以上に良いです。

水筒にコーヒーを入れるところ

夏にアイスコーヒーを入れても周りに水滴が付かないので、冷たいまま鞄にしまっても中身が濡れないのもありがたい。

特に夏場に外で使いたい人には必須条件のはずです。


飲料代が節約になる

「水筒を使うと節約になる」という言葉は聴いたことがありました。

それまではペットボトルを大量買いしてたので、” 多少は節約になるだろうなぁ ” とは思っていましたが、その節約効果は想像以上。

比較対象水筒の利用前水筒の利用後
ペットボトル飲料代2,148円
(500ml × 48本)
0円
(ペットボトル48本分で換算=1.32円)
水道代0円2円
お茶やコーヒーのパック代0円138円
(40L/229円のもので換算=137.4円)
水筒の購入代0円1,760円
(メーカー希望小売価格5,280円を3ヶ月で分割)
合計2,148円 / 月1,900円 / 月


水道代には地域差があるので全員が同じ結果にはなりませんが、私の場合はひと夏だけ水筒を使ったとしても月200円(年間2,400円)ほどの節約になります。(使用4ヶ月以降は月2,000円浮きます)

飲みもののバリエーションが増えて、1回分の豪華なランチができるなら割と大きいですよね。


ちなみに私は水筒を使う前は「ペットボトル」を大量買いしてたので、サハラマグを購入したことで家のゴミがかなり減りました。

水筒を使うとペットボトルのゴミが減る
毎週出ていたペットボトルのゴミがゼロに
  • ペットボトルを注文
  • 段ボールからペットボトルを出して段ボールは捨てる
  • 飲み物を飲み終わったらペットボトルも捨てる

水筒を持ってからは上の作業は全てなくなって、ペットボトルのゴミもゼロ。

ゴミ捨ては地味にしんどい作業なので、これがなくなっただけで私の暮らしは想像以上に身軽になりました。


「ペットボトルのストックは足りているか?」「買う時期はいつにするか?」など気にすることが1つ減るだけで家の中も心もかなり身軽になったので、これからも ” 実は不要なものってあるんじゃないか?” という意識は持っていこうと思います。


サハラマグの特徴:惜しい点

ここからはサハラマグに感じた「惜しい点」を紹介します。

購入してから ” あれ? ” と思わないように参考にしてもらえれば嬉しいです。

「サハラマグ」のあと1歩な点

  • 容量的に1日はもたない


容量は300ml。1日の水分補給には足りない。

サハラマグのメリットであり、デメリットでもあるのがこのコンパクトさ。

筐体の「コンパクトさ」と引き換えに容量が「300ml」しかないので、1日の水分補給をこれ1つで賄うには頼りない。

タイガーのステンレス水筒|サハラマグ

私の場合は、朝入れた飲みものがお昼過ぎには飲み終わってしまうので会社のウォーターサーバーで補給したり、たまにはスタバでコーヒーを淹れたりします。

贅沢に感じるかもしれないですが、実際はペットボトルを止めたことで月2,000円浮いてるので全然問題なしです。


タイガー サハラマグ レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では、私が愛用している水筒「サハラマグ」について紹介しました。

「サハラマグ」の良かった点

  • シンプルデザインでシーンを選ばず使いやすい
  • 長時間温かいまま/冷たいまま飲みものを楽しめる
  • 飲料代の節約になる

「サハラマグ」のあと1歩な点

  • 容量的に1日はもたない


最近の水筒は、種類や大きさ・デザインが豊富にあるので正直買うまでに結構迷いましたが、それも含めて水筒を使う楽しみ。

必ずあなたの生活に合った水筒があると思いますが、迷ってしまう人はぜひサハラマグを参考にしてもらえれば嬉しいです。


サハラマグは外出時の必須アイテムですが、在宅で作業するときはマグカップのほうが使いやすいです。

テレワーカーで外作業と同じくらい家作業も多いという人は、ぜひ参考にしてみてください。

在宅ワークで便利なマグカップはこちら

続きを見る

在宅でコーヒーを楽しむ愛用のコーヒーメーカーはこちら

続きを見る


それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。