メニュー
イチ
2016年にテレワーク中心の働き方へシフトしたIT企業の会社員。
在宅勤務で働く傍ら、デスク周りのガジェットやテレワークの働き方について発信。
Yahoo! JAPAN、ライフハッカー日本版などの外部メディアでコンテンツ制作を行なったり、Webライターとしても活動しています。

ドルチェグスト ジェニオアイ レビュー|テレワークでも気軽にコーヒーを楽しめる便利グッズ

この記事はアフィリエイト広告を含みます

” 手間も時間もかけずにコーヒーが飲みたい ―― “

テレワークになって自宅で仕事しながらだと、コーヒーを楽しみたいだけなのに、粉を準備したりポットを掃除したりと手間がかかりすぎる。

ということで、カプセルをセットするだけのコーヒーメーカーを購入。今では私のテレワーク生活になくてはならないアイテムになりましたw

この記事では、ネスカフェのドルチェグスト「 ジェニオアイ」をレビューします。

この記事で書いていること

  • ドルチェグスト ジェニオアイ の概要
  • 良かった点・惜しい点
  • 口コミや評判
  • この商品をおすすめする人の条件

私がジェニオアイを使い続ける理由は、手軽にそこそこ美味しいコーヒーが楽しめて後片付けの手間がないから。この1点です。

私のような仕事中のコーヒーが手放せないテレワーカーは、ぜひ最後まで読んでみてください。

ネスカフェ
¥9,980 (2023/11/25 20:26時点 | Amazon調べ)
\最大ポイント12%アップ!/
Amazonで探す
\ポイン最大ト24.5%還元!/
Yahooショッピングで探す
ジェニオアイ
メリット
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 1分足らずでコーヒーが飲める
  • カプセルを変えて色々な味が楽しめる
デメリット
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意
目次

ドルチェグスト ジェニオアイ の概要

私が愛用するのは、ネスカフェから出ているドルチェグスト「ジェニオアイ」

ドルチェグスト「ジェニオアイ」と専用カプセル
クリックすると商品スペックが見られます
種類ジェニオアイ
サイズ幅16.5cm・奥行23.1cm・高さ30.0cm
タンク容量650ml
重さ約2.6kg
ホワイト/チェリーレッド
その他5分電源オートオフ機能
抽出トレイ調整可

ドルチェグストを使い始めたキッカケは「自分の時間」を作るため。

子育てやテレワークが始まると、自分の時間を作ることが思った以上に難しいことが分かりました。

それまではコーヒーを淹れること自体も楽しんでいたんですが、ポットなどを洗う時間が惜しくなり、手間なくコーヒーを楽しむためにドルチェグストを購入しました。


ドルチェグスト ジェニオアイの使用感レビュー

ここからは実際に「ジェニオアイ」を使ってみて感じた「良かった点」「惜しい点」を紹介します。

ジェニオアイ
メリット
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 1分足らずでコーヒーが飲める
  • カプセルを変えて色々な味が楽しめる
デメリット
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意

ぜひ購入する前の参考にしてみてください。


使い方が簡単で掃除も少ないのが最大の魅力

ドルチェグストの最大のメリットが時短効果。電源ボタンを押して十数秒でコーヒーを淹れる準備が完了します。

ジェニオアイの電源ボタン
電源ボタンは本体の横

準備ができたら好みのカプセルを入れてホット・アイスのボタンを押すだけです。

ジェニオアイのカプセル設置時
カプセルを入れて
ジェニオアイの水量ボタン
ホット or アイスを選ぶだけ

後片付けもカプセルを取り出してゴミ袋に捨てるだけなので本体を洗う必要もありません。

この手軽さこそ私が「ドルチェグスト」を使い続ける1番の理由です。


カプセルの種類が豊富で色々な味が楽しめる

一言で「コーヒー」と言ってもブラックが好きだったり、カフェラテが好きだったり、その人によって好みはバラバラ。

ドルチェグストはカプセルを変えるだけで1杯ずつ違った味を楽しめるので、家族で違うコーヒーを楽しむのも簡単なのが嬉しい点でした。

ドルチェグストの専用カプセル

ドルチェグストのカプセルにはスターバックスとのコラボだったりと本当にいろんな味があります。

味でいえばスタバが1番美味しいかなと感じましたが、価格と数のバランスを考えた結果、今は「リッチブレンド」という1番ベーシックな味で落ち着いてます。

ドルチェグストの専用カプセル(アップ)
黄色のカプセルが「リッチブレンド」

カプセル毎に目安となる水量が印字されていますが、私は少し水を足してアメリカーノっぽくして飲んだり、牛乳を入れてカフェラテにして飲むのがお気に入りです。

仕事中は常にコーヒーを飲んでいる
仕事中は常にコーヒーを飲んでます

どんなカプセルが良いか迷ってしまうという方はとりあえず「リッチブレンド」を飲んでみてください。

個人的なイチ押しです。

\最大ポイント12%アップ!/
Amazonで探す
\ポイン最大ト24.5%還元!/
Yahooショッピングで探す


本体購入前にレンタルもできる

これは「ジェニオアイ」に限った話ではありませんが、ドルチェグストの本体やカプセルはAmazonで購入する以外にネスカフェのサイトでレンタルすることもできます。

私は最初「カプセルお届け便」を利用しました。

「カプセルお届け便」とは
  • 概要:コーヒーカプセルの定期配送
  • 3ヵ月毎に6箱以上購入で本体無料レンタル
  • カプセル最大15%OFF & 送料無料
  • 選べるコーヒーは20種類以上
  • 解約までに最低3回利用が必要なのに注意

カプセルの定期配送ならAmazonの「定期おトク便」を使っても同じです。

私はドルチェグストが合わなかった時に本体代がそのまま損になってしまうのが怖くて、カプセルお届け便を利用しました。

最初にカプセルを注文すれば次回以降は前回の注文内容でそのまま自動発注してくれるのはもちろん、一部のカプセルだけ変更できるのはAmazonの定期おトク便よりも使いやすいポイントだと思います。

専用サイトで注文します

1箱6杯〜30杯分まで様々なサイズ展開があり、1度に多くのカプセルを注文すると割引が効くようになっています。(最大15%OFFで購入可能)

ただ普段からよほどコーヒーを飲む人でない限り、大容量のカプセルを購入するのはおすすめしません。

この定期購入は3ヶ月に1度の発送サイクルなので「3ヶ月で飲み切れる量」にしないとカプセルが消費しきれなくなります。

ドルチェグストの専用カプセル

最初は割引を気にせず、飲みたい味を必要な分だけ買ってみて、その後に好きなカプセルに絞って16杯分の小さい箱をまとめ買いするのが1番楽しめると思うので、ぜひ参考にしてみてください。


コーヒーの飛び跳ねには注意が必要

ドルチェグストは上から抽出したコーヒーが出てくるので、コーヒーの飛び跳ねには注意が必要です。

自分が使うマグカップに合わせて底の高さを3段階で調整できますが、細かい調節はできないのでマグカップとの相性があります。

ジェニオアイの台座
ジェニオアイとサーモスの真空断熱マグカップ

飛び跳ねがあったとしても大した量にはならないはずなので拭けば問題なしですが、コーヒーメーカーの近くにモノを置かないように注意してください。


ドルチェグスト の口コミや評判

Twitterで「ドルチェグスト」に関する口コミや評判を集めてみました。

イチ

ポジティブな意見だと、準備の手軽さコスパの良さを挙げてる人が多い印象


イチ

ネガティブな意見だと、本格的なコーヒーよりも味が劣る点を挙げてる人がいました


ドルチェグスト ジェニオアイ はこんな人におすすめ

実際に使ってみて感じた ドルチェグスト「ジェニオアイ」をおすすめできるのはこんな人です。

ドルチェグスト ジェニオアイ はこんな人におすすめ
  • 飲みたいと思った時すぐにコーヒーが飲みたい
  • コーヒーを淹れる器具などは掃除したくない
  • 本格的な味にはこだわらない

以前はコーヒーをイチから淹れていた時期もあったので感じるのかもしれませんし、淹れてるときの香りや雰囲気もあるのかもしれませんが、やはり淹れたコーヒーのほうが美味しいと思います。

ただ、手軽さが段違いです。

” 本格的なコーヒーは時間があるときに楽しめればいい。とにかく手間なくコーヒーが飲みたい ” という人にピッタリなので、ぜひ参考にしてみてください。


ドルチェグスト ジェニオアイ レビューまとめ

この記事では、ネスカフェのドルチェグスト「 ジェニオアイ」をレビューしました。

ジェニオアイ
メリット
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 1分足らずでコーヒーが飲める
  • カプセルを変えて色々な味が楽しめる
デメリット
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意


自宅で手軽にコーヒーを楽しめるのはかなり快適で「コーヒー好きのめんどくさがり屋」には特におすすめできるアイテム

1人暮らしや家族でもコーヒーを飲む頻度が少ないならネスカフェの「カプセルお届け便」よりも、Amazonで本体とカプセルを購入した方がお得なので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは!

ネスカフェ
¥9,980 (2023/11/25 20:26時点 | Amazon調べ)
\最大ポイント12%アップ!/
Amazonで探す
\ポイン最大ト24.5%還元!/
Yahooショッピングで探す


▼この記事に関連する参考記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!
目次