『ドルチェグスト ジェニオアイ』レビュー|在宅ワークでも気軽にコーヒーを楽しむ。

 

育児が始まってからというもの、しっかりと時間を取るにはそれなりの「覚悟」が必要になったし、それなりの「成果」が欲しいと思うようになりました。

 

それまでは専用のポットを使ってコーヒーを淹れる時間そのものを楽しんでいましたが、今は手軽にコーヒーを楽しみたい。

普段の生活から少しでも時間を確保する方法を探す中で、私にとって「コーヒーを淹れる時間」は短縮化したいことの1つに。

 

ということで、購入しました『ドルチェグスト』。

この記事では、時間短縮のために始めた「ドルチェグストのある暮らし」について紹介します。

 

『ドルチェグスト』の良かった点

  • コーヒーを飲みたいと思ってから飲めるまでの時短効果が抜群
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 色々な味を楽しめる

 

『ドルチェグスト』のあと1歩な点

  • コスパ的には良くない(時間をお金で買う感覚)
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意が必要

 

在宅勤務のちょっとした時間で淹れたてのようなコーヒーが飲めるのは、コーヒー好きには本当にありがたい。

しっかりした時間は取れないけど、そんな暮らしの中でもコーヒーは好きだから毎日の生活に欠かせない。

そんなことを考えている人の参考になれば嬉しいです。

 

リモートワークでも気軽にコーヒーを楽しめる『ネスカフェ ドルチェグスト』とは?

このサイズ感で色々なコーヒーが楽しめる

 

私が利用しているのは、ネスカフェが提供しているサービス『ドルチェグスト』。

知ってる人も多いと思いますが、カプセルを入れるだけで色々なコーヒーが楽しめる「アレ」です。

 

私が利用しているサービスの概要を簡単に紹介します。

 

今回利用している『ドルチェグスト』の概要

  • サービス内容:コーヒーカプセルの定期配送
  • 配送頻度:3ヵ月毎
  • 配送数:6箱~ / 回
  • コーヒー種類:20種類以上
  • その他:解約までに最低3回は利用が必要

 

このサービスで1番便利に感じたのが「定期配送」。

1度コーヒーを指定すれば、以降は何もせずとも定期的にコーヒーカプセルが届くというところです。

 

前回の購入内容で予約注文される

 

最初に3ヵ月分のコーヒーカプセルを注文すれば、次回以降は「前回注文した内容」でそのまま自動発注することができます。

意識せずに欲しいモノが定期的に送られてくるのは、時間がない人ほど助かるサービスに感じるはずです。

 

「ドルチェグストのある暮らし」を始めた理由

私が『ドルチェグスト』を使い始めた理由は2つです。

 

『ドルチェグスト』を利用した理由

  • コーヒーを淹れる時間を減らしたい
  • ポットなどを洗う手間を減らしたい

 

コーヒーの定期配送を始めたキッカケは「時間短縮」。

子育てを始める前から考えてたことだったんですが、いざ育児が始まってみると本当に「自分の時間」が貴重だなと思うようになったんですよね。

今まではコーヒーを淹れること自体を楽しんでいましたが、それがコーヒーを飲むことだけを楽しみたいと考えるように。

 

自分の暮らしの中から「より重要なコト」だけを残すために『ドルチェグスト』を導入しました。

 

ドルチェグストを使ってみた感想

コーヒーは毎日飲むので、家にある電化製品の中でも『ドルチェグスト』は1、2を争う利用率。

実際に使うまでは「本当に時間短縮になるのか?」「コーヒーの味はどんな感じなのか?」など色んなことを考えましたが、思った以上に暮らしに溶け込んでくれました。

 

半年以上使う中で見えた「良いところ」「あと一歩なところ」をそれぞれ紹介します。

 

時短効果が抜群!飲みたいと思ったらすぐ飲める。

まず何よりも言いたいのが「時短効果」。

飲みたいと思ったら、1分後には淹れたてのようなホットコーヒーが口の中に入ってる感じです。

 

ホットコーヒーを飲むには熱湯が必要なので、複数人分のお湯をポットや電子ケトルで沸かす場合は早くても数分かかります。

どういう構造かは分かりませんが、ドルチェグストでは沸かすお湯の量に関わらず、中の機械の準備を数十秒待てば、あとはカプセルを入れてボタンを押すだけ。

 

水を入れたらスイッチONするだけ

 

コーヒーを淹れたらカプセルを捨てるだけで片付けも完了です。

 

液垂れ防止のため我が家では次の人が交換

 

これが何とも便利で、本当に手間が少ないんですよね。

まさにこれがやりたかったという時間短縮を実感することができました。

 

早いだけでなく美味い。味も意外と本格的?

正直、コーヒーの味はその人の好みがあるし、店のコーヒーより美味いかと言われれば難しいところ。

ただ、思い立ってから数十秒で飲めることを考えると大満足の味です。

 

早いと美味いを両立している、、、と思う。笑

 

多少の味の濃さは「お湯の量」で調整できます。

カプセルに適量のお湯の量が印字されてるので、最初はそれで試して、慣れてきたら自分好みの味を探すのも面白いと思います。

 

カプセルにお湯の適量が印字されている

 

お湯の量はダイヤル1つで調整可能

 

私にとってカプセルにある適量はエスプレッソほどではない「ちょっと濃いかな?」くらいの味に感じました。

牛乳を入れてカフェラテにして飲んだり、お湯を多めにしてアメリカーノなブラックで飲んだりしてます。

 

カプセルを変えるだけで色んな味を楽しめるのが、ドルチェグストならではの良さ。

上で書いた通り、ドルチェグストはカプセルを変えるだけで色々な味が楽しめます。

 

その時の気分に合わせて味を変える楽しみ

 

我が家は夫婦で使っていて、朝はパンが多いんですが、奥さんは紅茶を飲んだりもします。

私はコーヒー、奥さんは紅茶、なんて時もドルチェグストならカプセルを変えるだけで、淹れ分けとかは必要ありません。

 

ここがドリップにはない、ドルチェグストならではの「良さ」じゃないかと思います。

 

まとめて買うと割引が効く!でも、少量頼むならAmazonの方がお得。

ドルチェグストのカプセルは1箱6杯〜30杯分のモノまで、味の種類だけでなく、サイズもバリエーションがあって、大きいサイズの方が価格が安めに設定されています。

更に同じ商品を1度に多く購入すると、更に割引が適用されます。

 

1度に多くを買うほどコスパが良い

 

ただ、箱を多く購入するのは、2人暮らし以上だったり、普段からコーヒーをよく飲む人以外にはオススメしません。

というのも、ドルチェグストは3ヶ月に1度の定期購入なので「3ヶ月で飲み切れる量」を購入しないとどんどんカプセルが溜まっていきます。

いくら安く手に入っても、飲まなかったら意味がないですよね。汗

 

最初は割引を気にせず、飲みたいモノを飲みたいだけ買ってみて、3ヶ月のペースが分かってきたところで増やしていくのがいいと思います。

ちなみに私は「あと1箱だけほしい」みたいな時はAmazonで購入しています。

少量頼むときはAmazonの方が送料無料になってお得なのでオススメです。

 

コーヒーを淹れるときの「飛びはね」に注意

ドルチェグストは上から抽出したコーヒーが出てくるので、コーヒーの飛び跳ねには注意が必要です。

よく使うマグカップの高さに合わせて、底の高さが変えられる様になっているものの、全ての容器にジャストフィットするわけではありません。

 

底の部品をかける高さを3段階に変えられる

 

愛用のマグカップは2番目の高さが丁度いい

 

たとえ飛び跳ねがあったとしても大した量にはならないはずなので、拭けば問題なしです。

念のため、コーヒーを抽出している時は(特にお子さんが)近くに人がいないのを確認して使うのがオススメです。

 

最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

 

この記事では、時間短縮のために始めた「ドルチェグストのある暮らし」について紹介しました。

 

『ドルチェグスト』の良かった点

  • コーヒーを飲みたいと思ってから飲めるまでの時短効果が抜群
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 色々な味を楽しめる

 

『ドルチェグスト』のあと1歩な点

  • コスパ的には良くない(時間をお金で買う感覚)
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意が必要

 

実際に使い始めた時は子供が新生児だったこともあってかなり慌ただしかったんですが、今は徐々に落ち着いてきて、在宅勤務も始まりました。

今では子育ての時間を確保するだけでなく、「ちょっとした時間」でコーヒーを淹れて仕事に戻るのにも一役買ってくれて、時間を有効活用できるという意味でも助かってます。

 

1人暮らしや、毎日はコーヒーを飲まない人は、ネスカフェのサービスを使うよりも、Amazonで本体とカプセルを購入した方が安上がりだと思います。

Amazonの定期配送サービスを使えば、実感できるメリットはドルチェグストと変わらないと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

▼私が使ってるのはこれです

▼これを牛乳で割って飲むのが1番のオススメ

 

それでは!


Sponsored Link

関連記事



新着記事- NEWPOST -



カテゴリ- CATEGORY -



記事を探す- SEARCH -


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.