ドルチェグスト ジェニオアイ レビュー|在宅ワークでも気軽にコーヒーを楽しむ


どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ(ichi_MILIBLO)です。

在宅ワークになって自宅でコーヒーを淹れるのは意外とハードルが高いということに気が付きました。

仕事の合間にコーヒーを淹れたいだけなのに、粉を準備したり、ポットなどを掃除するのに手間がかかりすぎる。

” 家でも手軽にコーヒーを飲みたい!”

ということで、カプセルをセットするだけのコーヒーメーカー「ドルチェグスト」を使ってみたら思った以上の時短になりました。これは薦めたい。

この記事では実際に使ってみた感想と合わせて、ドルチェグスト「 ジェニオアイ」をレビューしていきます。

ドルチェグスト|ジェニオアイ

こんな人におすすめ
ドルチェグスト ジェニオアイ

  • 時間をかけずにコーヒーを飲みたい
  • 飲んだ後の掃除は極力減らしたい
  • コーヒー以外にも色んな味を楽しみたい


ジェニオアイを使うメリットは理由は簡単。

手軽に淹れたてのようなコーヒーが飲めて後片付けの手間もない。これです。

「コーヒー好きのめんどくさがり屋」にはピッタリのアイテムなので、仕事中のコーヒーが手放せない在宅ワーカーの方はぜひ参考にしてみてください。


「ジェニオアイ」の良かった点

  • 準備から1分足らずでコーヒーが飲める
  • ポットなどを洗う手間がない
  • カプセルを変えて色々な味が楽しめる

「ジェニオアイ」の惜しい点

  • コスト的には粉の方が安上がり
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意
Sponsored Link

ドルチェグスト ジェニオアイ はこんな商品!

私が愛用しているのはドルチェグストの「ジェニオアイ」。

知ってる人も多いと思いますが、カプセルを入れるだけで色々なコーヒーが楽しめるコレです。

ドルチェグスト「ジェニオアイ」と専用カプセル
種類ジェニオアイ
サイズ幅16.5cm
奥行23.1cm
高さ30.0cm
タンク容量650ml
重さ約2.6kg
ホワイト/チェリーレッド
その他5分電源オートオフ機能
抽出トレイ調整可


ドルチェグストを使い始めたキッカケは「自分の時間」を作るため。

子育てや在宅ワークが始まってみると、本当に自分の時間を作るって大切だと思うようになりました。

それまではコーヒーを淹れること自体も楽しんでいたんですが、ポットなんかを洗う時間が惜しくなってコーヒーを飲むことだけを楽しむためにドルチェグストを導入。


ドルチェグストの本体やカプセルはAmazonでも販売していますが、私はネスカフェのマシンが無料レンタルできる「カプセルお届け便」を利用しました。

「カプセルお届け便」とは

  • 概要:コーヒーカプセルの定期配送
  • 配送頻度:3ヵ月毎
  • 配送数:6箱~ / 回
  • コーヒー種類:20種類以上
  • その他:解約までに最低3回は利用が必要


コーヒーカプセルの定期配送ならAmazonの「定期おトク便」を使っても同じですが、初めてのドルチェグスト体験だったので「もし満足できなかったら...」と考えると本体を無料レンタル(実質がカプセル代のみ)できた方が良いと思ってこのサービスを選びました。

定期配送は専用サイトから好きなカプセルを選ぶことができます。

専用サイトの画面はこんな感じです


最初に3ヵ月分のコーヒーカプセルを注文すれば次回以降は「前回注文した内容」でそのまま自動発注してくれることに加えて一部商品だけ変更もできるところは、ネスカフェの方がAmazonより融通が利く部分だと思います。


実際に使って感じたメリット・デメリット

我が家では私も妻も毎日コーヒーを飲むので、家にある電化製品の中でも「ジェニオアイ」は1、2を争う利用率。

実際に使うまでは「本当に時間短縮になるのか?」「コーヒーの味はどんな感じなのか?」など色んなことを考えましたが「思った以上に良かった」というのが素直な印象です。
半年以上使う中で見えた「良いところ」「あと一歩なところ」をそれぞれ紹介します。


使い方は3ステップで簡単(時短効果が抜群)

ドルチェグストの最大のメリットが時短効果。

ホットコーヒーを飲もうと思ったらポットや電子ケトルでお湯を沸かすのが普通ですが、ドルチェグストは電源ボタンを押して数十秒待つだけで準備完了。

ジェニオアイの電源ボタン
電源ボタンを押すと数十秒で準備完了


あとは好みのカプセルを入れてお湯のボタンを押すだけです。

ジェニオアイのカプセル設置時
準備を待つ間に好みのカプセルをセット
ジェニオアイの水量ボタン
あとは水量をダイヤル設定してお湯ボタンを押すだけ

後片付けもカプセルを取り出してゴミ袋に捨てるだけなので、ポットや本体を洗う必要もありません。
この手軽さこそ私が「ドルチェグスト」でコーヒーを飲む1番の理由です。


カプセルを変えれば色々な味が楽しめる

コーヒーと一言でいってもブラックが好きだったり、カフェラテが好きだったり、エスプレッソが好きだったり、その人によって好みはバラバラですよね。

ドルチェグストが良いのは1杯ずつカプセルから抽出するので違った味を楽しめるところ。

ドルチェグストの専用カプセル
ネスカフェオリジナル以外にスタバなんかもあります


個人的な好みでいえばスタバが美味しかったんですが店頭で飲むクオリティが高すぎて少し物足りない感じがしてしまい、今は「リッチブレンド」という1番ベーシックな味で落ち着いてます。

ドルチェグストの専用カプセル(アップ)
リッチブレンドは黄色のカプセルです


カプセル毎に目安となる水量が印字されていますが、私はここに少し水を足してアメリカーノっぽくして飲んだり、牛乳を入れてカフェラテっぽくして飲むのが好きです。

どんなカプセルが良いか迷ってしまうという方はとりあえず「リッチブレンド」を飲んでみてください。
個人的なイチ押しです。


少量カプセルならAmazon購入がおすすめ

上でも紹介しましたが、私はネスカフェの「マシン無料レンタル カプセルお届け便」を利用しています。

味の種類はもちろん、1箱6杯〜30杯分まで様々なサイズのバリエーションがあり、大きいサイズを1度に多く配送してもらうと最大15%OFFで購入できます

リッチブレンドの購入画面(抜粋)


ただ正直、普段からかなりよくコーヒーを飲む人でない限り、ネスカフェサイトの大量購入でカプセルを安く手に入れるのはオススメしません。

というのもこの定期購入は3ヶ月に1度のサイクルで発送されるので「3ヶ月で飲み切れる量」にしないとどんどんカプセルが溜まっていきます。
いくら安く手に入っても、飲まなかったら意味がないですよね。汗

最初は割引を気にせず、飲みたいモノを飲みたいだけ買ってみて、3ヶ月のペースが分かってきたところで好きなカプセルだけに絞ってまとめ買いするのが1番楽しめると思います。

ドルチェグストの専用カプセル
色んなカプセルを選べるのも楽しみの1つ


ちなみに私は「あと1箱だけほしい」みたいな時はAmazonで購入しています。
今はスーパーなんかでもカプセルを売っているところもありますが、少量頼むときはAmazonなら送料無料で家まで届けてくれるのでオススメです。


コーヒーの飛び跳ねには注意

ドルチェグストは上から抽出したコーヒーが出てくるので、コーヒーの飛び跳ねには注意が必要です。

自分が使うマグカップに合わせて高さを調整できるようになっていますが、細かい調節はできないのでマグカップとの相性によっては多少コーヒーが飛び跳ねる可能性があります。

ジェニオアイの台座
ツメ部分で台座を3段階に調節できる
ジェニオアイとサーモスの真空断熱マグカップ
私が愛用するマグカップは真ん中の高さがちょうど良い


飛び跳ねがあったとしても大した量にはならないはずなので拭けば問題なしですが、コーヒー抽出時は近くにモノを置いたり子供が近づかないように注意してください。


ドルチェグスト ジェニオアイ レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。
この記事では「ドルチェグスト ジェニオアイ」について紹介しました。

「ジェニオアイ」の良かった点

  • コーヒーを飲みたいと思ってから飲めるまでの時短効果が抜群
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 色々な味を楽しめる

「ジェニオアイ」の惜しい点

  • コスパ的には良くない(時間をお金で買う感覚)
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意が必要


1人暮らしだったり、家族にコーヒーを飲む人が少ない方はAmazon(本体・カプセル購入+定期配送)を利用した方が安上がりですが、いきなり本体を購入するのは不安という方はネスカフェの「マシン無料レンタル カプセルお届け便」を利用するのが良いと思います。

いずれにせよ自宅で手軽にコーヒーを淹れられる快適さはぜひ味わってみてほしいので「コーヒー好きのめんどくさがり屋」さんはぜひ参考にしてみてください。


このブログではドルチェグストと一緒に愛用しているマグカップや在宅ワークに合わせて買ってよかったモノを紹介しています。

家での作業が多い人の暮らしを助けるアイテムが1つは見つかると思うので、ぜひ覗いてみてください。

サーモス 真空断熱マグカップ レビュー

続きを見る

在宅ワークを始めて買ってよかったもの

続きを見る


それでは!

  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員/リモートワーク歴5年。
"リモートワークを快適に。" をコンセプトに当ブログ MILIBLO を運営。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで、自宅を最高の仕事場にしています。