メニュー
イチ
30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
> 詳しいプロフィールはこちら

ドルチェグスト ジェニオアイ レビュー|テレワークでの気軽なコーヒーブレイクの相棒

仕事しながらコーヒーも楽しみたいだけなのに、粉を準備したり、ポットなどを掃除したりと手間がかかりすぎる。

テレワークになって自宅でコーヒーを楽しむのは意外とハードルが高いということに気が付きました。

” 時間をかけずにコーヒーを飲みたい “
” コーヒーを飲んだ後の掃除は極力減らしたい “
” 家族で使えるようにコーヒー以外も楽しみたい “

こんな思いがキッカケでカプセルをセットするだけのコーヒーメーカーを使ってみたら思った以上の時短になりました。

ドルチェグスト|ジェニオアイ

この記事では、テレワーク(在宅勤務)になくてはならないコーヒーメーカー、ネスカフェのドルチェグスト「 ジェニオアイ」をレビューしていきます。

この記事で書いていること

  • コーヒーメーカー ジェニオアイ の概要
  • 良かった点・惜しい点

ジェニオアイを使う理由は「淹れたてのようなコーヒーが手軽に楽しめて後片付けの手間もない」ことに集約されます。

私のように仕事中のコーヒーが手放せないテレワーカー(在宅勤務)にはピッタリなので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ネスカフェ ドルチェグスト
メリット
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 1分足らずでコーヒーが飲める
  • カプセルを変えて色々な味が楽しめる
デメリット
  • コスト的には粉の方が安上がり
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意
目次

ドルチェグスト ジェニオアイ の概要

私が愛用するのは、ネスカフェから出ているドルチェグスト「ジェニオアイ」

ドルチェグスト「ジェニオアイ」と専用カプセル

ドルチェグストを使い始めたキッカケは「自分の時間」を作るため。

子育てやテレワークが始まると、自分の時間を作ることが思った以上に難しいことが分かりました。

それまではコーヒーを淹れること自体も楽しんでいたんですが、ポットなどを洗う時間が惜しくなり、コーヒーを飲むことだけを楽しむためにドルチェグストを購入しました。

ドルチェグストの本体やカプセルはAmazonでも販売していますが、私はネスカフェのマシンが無料レンタルできる「カプセルお届け便」を利用しました。

「カプセルお届け便」とは
  • 概要:コーヒーカプセルの定期配送
  • 配送頻度:3ヵ月毎
  • 配送数:6箱~ / 回
  • コーヒー種類:20種類以上
  • その他:解約までに最低3回利用が必要

コーヒーカプセルの定期配送ならAmazonの「定期おトク便」を使っても同じですが、初めてのドルチェグストだったので「もし満足できなかったら…」と考えて本体を無料レンタル(実質カプセル代のみ)の「カプセルお届け便」を選びました。

専用サイトで注文

定期配送は専用サイトから好きなカプセルを選ぶことができます。

最初に3ヵ月分のコーヒーカプセルを注文すると、次回以降は「前回注文した内容」でそのまま自動発注してくれます。

一部のカプセルだけ変更することもできるので、Amazonの定期おトク便よりも融通が利くのは有難いところでした。


ドルチェグスト の良かった点

ここからは実際に「ジェニオアイ」を使ってみて感じた良かった点を紹介します。

ネスカフェ ドルチェグスト
メリット
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 1分足らずでコーヒーが飲める
  • カプセルを変えて色々な味が楽しめる

実際に使うまでは「本当に時間短縮になるのか?」「コーヒーの味はどんな感じなのか?」など色んなことが不安でしたが、いざ使ってみると思った以上に良い。

我が家は私も妻も毎日コーヒーを飲むので、今では家にある電化製品の中でも「ジェニオアイ」は1、2を争う利用率です。


3ステップで気軽にコーヒーを楽しめる

ドルチェグストの最大のメリットが時短効果。

ドルチェグストは電源ボタンを押して十数秒でコーヒーを淹れる準備が完了します。

ジェニオアイの電源ボタン

準備ができたら好みのカプセルを入れてホット・アイスのボタンを押すだけです。

ジェニオアイのカプセル設置時
ジェニオアイの水量ボタン

後片付けもカプセルを取り出してゴミ袋に捨てるだけなのでポットや本体を洗う必要もありません。

この手軽さこそ私が「ドルチェグスト」を使い続ける1番の理由になっています。


在宅ワークの気分転換にピッタリ

一言で「コーヒー」と言ってもブラックが好きだったり、カフェラテが好きだったり、その人によって好みはバラバラ。

その点、ドルチェグストだとカプセルを変えるだけで1杯ずつ違った味を楽しめるので、家族で違うコーヒーを楽しむのも簡単です。

ドルチェグストの専用カプセル

色んな味を飲んでみて個人的にはスタバが美味しかったんですが、とはいえ店頭で飲むクオリティには届かなくて少し物足りない感じがするので、今は「リッチブレンド」という1番ベーシックな味で落ち着いてます。

ドルチェグストの専用カプセル(アップ)
黄色のカプセルが「リッチブレンド」

カプセル毎に目安となる水量が印字されているので毎回同じ味で楽しむことができますが、私は「リッチブレンド」に少し水を足してアメリカーノっぽくして飲んだり、牛乳を入れてカフェラテにして飲むのがお気に入り。

仕事中は常にコーヒーを飲んでいる
仕事中は常にコーヒーを飲んでます

どんなカプセルが良いか迷ってしまうという方はとりあえず「リッチブレンド」を飲んでみてください。個人的なイチ押しです。


ドルチェグストの惜しい点

ここからはドルチェグストを使ってみて感じた「惜しい点」を紹介します。

ネスカフェ ドルチェグスト
デメリット
  • コスト的には粉の方が安上がり
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意

ぜひ購入前の参考にしてみてください。


粉よりコスト高。少量買いならAmazon一択

私はネスカフェの「マシン無料レンタル カプセルお届け便」を利用しています。

味の種類はもちろん1箱6杯〜30杯分まで様々なサイズ展開があって、大きいサイズを1度に多く配送してもらうと最大15%OFFで購入できるメリットもあります。

ただ普段からよほどコーヒーを飲む人でない限り、ネスカフェサイトの大量購入でカプセルを安く手に入れるのはオススメしません。

この定期購入は3ヶ月に1度の発送サイクルなので「3ヶ月で飲み切れる量」にしないとカプセルが消費しきれません。いくら安く手に入っても、飲まなかったら無意味です。汗

最初は割引を気にせず、飲みたい味を必要な分だけ買ってみて、3ヶ月のカプセル消費ペースが分かってきたところで好きなカプセルに絞ってまとめ買いするのが1番楽しめると思います。

ドルチェグストの専用カプセル

ちなみに私は「あと1箱だけほしい」みたいな時はAmazonで購入しています。

今はスーパーなんかでもカプセルを売っているところもありますが、少量頼むときはAmazonで頼めば送料無料で家まで届けてくれるのでおすすめです。


コーヒーの飛び跳ねには注意が必要

ドルチェグストは上から抽出したコーヒーが出てくるので、コーヒーの飛び跳ねには注意が必要です。

自分が使うマグカップに合わせて底の高さを3段階で調整できますが、細かい調節はできないのでマグカップとの相性があります。

ジェニオアイの台座
ジェニオアイとサーモスの真空断熱マグカップ

飛び跳ねがあったとしても大した量にはならないはずなので拭けば問題なしですが、コーヒーメーカーの近くにモノを置かないように注意してください。


ドルチェグスト ジェニオアイ レビュー まとめ

この記事ではテレワークになくてはならないコーヒーメーカー、ネスカフェのドルチェグスト「 ジェニオアイ」をレビューしました。

ネスカフェ ドルチェグスト
メリット
  • ポットなどを洗う手間がない
  • 1分足らずでコーヒーが飲める
  • カプセルを変えて色々な味が楽しめる
デメリット
  • コスト的には粉の方が安上がり
  • コーヒーを淹れるときの飛び跳ねに注意


自宅で手軽にコーヒーを楽しめるのはかなり快適で「コーヒー好きのめんどくさがり屋」には特におすすめできるアイテム

1人暮らしや家族でもコーヒーを飲む頻度が少ないならネスカフェの「カプセルお届け便」よりも、Amazonで本体とカプセルを購入した方がお得なので、ぜひ参考にしてみてください。


ドルチェグストと一緒に愛用しているマグカップや在宅ワークに買ってよかったものも別の記事で紹介しているので、ぜひ覗いてみてください。


それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!

コメント

コメントする

目次