BenQ ScreenBar レビュー|省スペースで置けるモニター掛け式デスクライト


部屋のライトだけだとデスクに自分の影ができて部分的に暗かったりするので「デスクライトが欲しいなぁ」と思っていました。

とはいえ、ライトの置き場所を確保するのは難しいし、なるべくデスク上にモノは増やしたくない。


場所を取らずに使えるデスクライトはないかなと探していたところ、BenQ(ベンキュー)で面白いものを発見。

シンプルな見た目も気に入り、機能的にも「まさにこういうのが欲しかった」というアイテムだったので思い切って購入したら大正解でした。


BenQ Screenbarのライト
曇りや雨の日もチャンスさえあれば点けてます。笑


BenQの『ScreenBar(スクリーンバー)』はモニター上部に設置できるデスクライトでデスクの上に何も置く必要がありません。

私はどちらかと言うとスッキリして見えるデスクが好きなので「省スペースでシンプルなデザインのデスクライトが欲しい!」と思っていた私にぴったりのアイテムでした。

『ScreenBar』の良かった点

  • 置き場所を気にする必要がない
  • USB給電ポート付き
  • 自動調光×画面反射ゼロで目に優しい

『ScreenBar』の惜しい点

  • ボタン操作に慣れが必要


それでは、さっそく始めます。

「ScreenBar」はこんなデスクライト

私が購入したのは BenQから出ているデスクライト『ScreenBar(スクリーンバー)』。

デスク上に置き場所がいらないのが最大の特徴で、かなり前から気になっていたものをとうとう購入しました。


BenQ Screenbarの全体像
モニター上に引っ掛けるだけのシンプルな設計


BenQは1984年の設立から「Bringing Enjoyment and Quality to Life(暮らしに楽しさと品質を届ける)」を目標に液晶モニターや照明などを開発しているハードウェアメーカー。『ScreenBar』がモニターに引っ掛けるだけなのも液晶モニターを開発するメーカーだからこその設計なのかなと思います。(参考:BenQ社ホームページ


BenQには同じタイプのモニターで『ScreenBar Plus(スクリーンバープラス)』 というデスクライトもあるので、2つを比較する形でスペックをまとめてみました。

種類ScreenBarScreenBar Plus
サイズ幅51.0cm
奥行5.0cm
高さ5.0cm
幅45.0cm
奥行9.0cm
高さ9.2cm
重さ530g680g
ブラックシルバー
電源USB-A(5W)USB-A(5W)
光源タイプLEDLED
光の強さ1000 Lux1000 Lux
色温度2700~6500K2700~6500K
自動調光ありあり
設置可能な
モニターの厚み
1~3cm1~3cm
操作ボタン本体上部個別スイッチ


私はデスク上にモノを増やしたくないという理由で本体に操作ボタンが搭載されている『ScreenBar』を購入しました。

カラー展開はそれぞれ1色でScreenBarが「ブラック」、ScreenBar Plusが「シルバー」なので色にこだわる人は要チェックです。


BenQ Screenbarのロゴ部分
ScreenBar は「ブラック」


USB-Aポートから電源を取ることができる嬉しい仕様もあるんですが、PCや電源タップから直接給電することが推奨されているのは注意が必要。

それもあってか付属の充電ケーブルが「2.0m」あるので、デスク下にPCや電源タップを置いていても十分届く長さなのは嬉しいポイントでした。


実際に使ってみて分かった特徴

実際に ScreenBar を使ってみて感じた「良かった点」「惜しい点」について紹介します。

基本的には大満足という内容ですが、使用感をまとめたので購入前の参考にしてみてください。


置き方(場所)を気にする必要がない

上でも書きましたが、ScreenBar 最大の特徴が「ライトを設置する場所」。

モニター上部に引っ掛ける形で設置するのでデスク上にライトを置く必要がありません


BenQ Screenbarを横から見た
モニターは1~3cmの厚みが必要


普通デスクライトは机全体を照らせるような場所に置かないといけませんが、これは置き場所に悩むことなく設置できます。

本体の後ろに給電用のケーブルを挿すので大きく角度を調整することはできませんが照らす方向は20度の角度調整が可能なのと、そもそも照らす範囲が広いのでデスク上を照らせない、、、なんてことはないと思います。


BenQ Screenbarのライトを横から見た
下向きにしたとき
BenQ Screenbarのライトを横から見た
上向きにしたとき


私のデスクは横140cm × 奥行65cm で少し大きめですが、ライトを点ければ作業範囲は十分に照らしてくれます。

ちなみに下の写真は真っ暗な部屋でデスクライトの光だけで撮影したものです。


BenQ Screenbarのライトアップ時
デスクが隅々まで照らせる


USB-Aポートで給電できる

デスク上に色々なモノを置いていると、コンセントはすぐに空きがなくなります。大きな電源タップを買えば済む話ですが、電源タップやアダプタを整理するのは骨が折れますよね。。。

その点『ScreenBar』はUSB-Aポートから給電できるし、付属の充電ケーブルは「2.0m」あるのでモニターの近くにUSBポートの空きがなくても心配無用です。


BenQ Screenbarの付属ケーブル
USB-C to USB-Aの付属ケーブル(2.0m)


私はディスプレイをモニターアームで支えていて、充電用のUSBポートはデスク天板裏なのでケーブルが届くか心配でしたが問題なく設置できました。


BenQ Screenbarのケーブル配線
モニター上からモニターアームにケーブルを収納して
BenQ Screenbarのケーブル配線
そのままデスク下まで伸ばせる長さ


BenQ公式では「PCや充電器のUSBポートから直接給電すること」を推奨していますが、私はPCの空きポートが足りなかったので Anker のUSBハブを経由して給電しています。


AnkerのUSBハブ
PCのUSBポートが足りないのでハブを経由してます


参考までに載せておきますが、他にPC周りで使っているアイテムとの兼ね合いもあると思うので使用する際は自己責任でお願いします。笑


自動調光×画面反射ゼロで目に優しい

デスクライトの光が強すぎて目が疲れたり、光が弱すぎて結局別のライトを点けてしまう、、、みたいな経験ってないですか?

ScreenBarは周りの光の加減に合わせてデスク上の光の強さを最適な状態に調節してくれる「自動調光」の機能が付いています。


BenQ Screenbarの操作ボタン
電源の左にある四角マークが自動調光ボタン


このボタンを押すだけで周りが暗いときは強めに、周りが明るいときは弱めの明るさで照らしてくれるので目に優しいのが嬉しいところ。

また、ライトが画面に反射しないように設計されているのでデスクライトの光が強くなってもモニターにライトが写り込むことがありません。


BenQ Screenbarのライトアップ時
真っ暗な部屋で確認しても映り込み無し(画面は汚いけどw)


普通のデスクライトだとモニターに光が反射するから置き場所に工夫が必要だったりしますが、ScreenBarならそういった工夫もいらないので楽です。


ボタン操作には慣れが必要

ここまで良いところばかりを言ってきましたが、ボタン操作が直感的に分かりにくいのは難点かなと思いました。

本体に付いた4つのボタンで全ての操作を行います。


BenQ Screenbarのアップ写真
左から「輝度」「色温度」「自動調光」「電源」


「自動調光」と「電源」はON/OFFのスイッチなので分かりやすいんですが、輝度(12段階)と色温度(8段階)は感覚で調整することになります。

「オレンジの電球色にしたい。」「真っ白な蛍光灯のようにしたい。」みたいな時はボタンを複数回押して感覚で調整することになるので手間に感じるかもしれません。


ただ、自動調光を使えば輝度や色温度の操作は不要なので私は輝度や色温度を変えることはほとんどありません。

ここは実際に自動調光を使ってみて、その光が自分に合うかどうかによる部分かなと思います。


BenQ ScreenBar レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では、省スペースでシンプルなデザインのデスクライト『BenQ ScreenBar』を紹介しました。

『ScreenBar』の良かった点

  • 置き場所を気にする必要がない
  • USB給電ポート付き
  • 自動調光×画面反射ゼロで目に優しい

『ScreenBar』の惜しい点

  • ボタン操作に慣れが必要


モニターの上に引っ掛けるだけでデスク上にモノは増えないし、シンプルなデザインがカッコイイので個人的には購入して大正解でした。

値段が約12,000円とデスクライトにしてはキツめの金額ですが、使い心地は文句なくオススメできるので「ちょっと良いかも」と感じた人はぜひチェックしてみてください。


それでは!


デスク周りをスッキリさせるための「ケーブル配線整理」や「私のデスク環境」について別の記事で紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

ケーブル配線整理のコツ

続きを見る

デスクツアー

続きを見る


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.