FLEXISPOT EF1 レビュー|電動昇降デスクを自作して在宅ワークを快適にした


家で仕事していると椅子から立ち上がる機会がどうしても減ってしまって「何時間も座りっぱなし」というのも珍しくありません。

そんな生活が続いて、とうとう腰が悲鳴を上げた。


これがスタンディングデスク導入のキッカケです。

在宅ワークが本格化してからも憧れのまま買えなかったスタンディングデスクでしたが、腰痛の後押しもあって購入に踏み切りました。


この記事では私が導入した電動昇降するスタンディングデスク『FLEXISPOT EF1』について紹介します。

『EF1脚フレーム』の良かった点

  • 立っても座ってもワンタッチで自分にピッタリな高さになる
  • 身体の負担が少ない姿勢で作業できる
  • 眠気覚ましや気分転換に最適

『EF1脚フレーム』の惜しい点

  • 1人で組み立てるのは少し大変
  • デスク下のケーブル配線に工夫が必要


スタンディングデスクは決して安い買い物ではありません。

私は自宅ですでに使っていた天板を転用してコストを抑えたかったので「天板別売り」の商品メニューが選べて値段も比較的手頃な『FLEXISPOT』を選びました。


「自宅にスタンディングデスクを導入したい。」
「今ある天板は使い続けるからDIYしたい。」
「スタンディングデスクって実際どうなの?」


このブログを読んでくれている人はスタンディングデスクに興味がある人も多いと思うので、ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。



それでは、さっそく始めます。


電動昇降するスタンディングデスク|FLEXISPOT EF1(脚フレーム)

私が購入したのは、FLEXISPOT(フレキシスポット)が販売している電動昇降スタンディングデスク『EF1脚フレーム』。

FLEXISPOT EF1(デスク脚)
今回購入したFLEXISPOT「EF1」


スタンディングデスクでは主流の「モーター付き」タイプで、ボタン1つで上下に自動昇降するデスク脚です。


FLEXISPOTは2016年から人間工学に基づいたスタンド・アームやスタンディングデスクを販売しており、日本のほかにアメリカやヨーロッパ各地に展開しています。(参考:FLEXISPOT社ホームページ


FLEXISPOTではデスク脚のみの販売もあり、オプションとして天板やデスク周りのアイテムも選べましたが、私は「デスク脚のみ」で購入しました。

FLEXISPOT EF1(デスク脚)
私が購入した「デスク脚」がこちら


すでに自宅にデスクを導入していて「天板はこれからも同じものを使いたい」みたいな方には嬉しいサービスだと思います。


EF1脚フレームのスペック

私が購入した『EF1脚フレーム』の主なスペックをまとめました。

「EF1脚フレーム」のスペック

  • 本体重量:22.1kg
  • 対応天板サイズ:幅100~160cm・奥行50~80cm・厚み≥2cm
  • 耐荷重:70kg
  • 機能:電動昇降・高さ記憶・障害物検知
  • 昇降幅:71~121cm
  • 脚幅調整範囲:85~129cm
  • 昇降スピード:25mm/s
  • パネル:ボタンタイプ


昇降スピード「25mm/s」はFLEXISPOTの電動昇降デスクの中では1番遅い部類になります。(最速で38mm/sの製品まであります)

昇降スピードが遅いのはストレスになるかもしれないと少し不安でしたが、実際に使ってみると全く問題ありませんでした。


  1. ボタンを押す
  2. 椅子を引いて立ち上がる
  3. デスクが上がるのを待つ

がだいたい5秒くらいで使えます。


個人的には「遅い」と感じることはないので、FLEXISPOTの自動昇降デスクならどれを選んでも運用上の問題ないとオススメできます。


E7脚フレーム との違い

FLEXISPOTのスタンディングデスクは最新モデルだと「E7」シリーズになります。

「せっかく購入するなら最新モデルのE7が良いかな、、、」とも思いましたが、私が最終的に選んだのは『EF1』でした。

私が購入した「EF1」と「E7」シリーズの主な違いをまとめてみました。


種類EF1E7
本体重量22.1kg35.6kg
対応天板サイズ幅100~160cm
奥行50~80cm
厚み≥2cm
幅120~210cm
奥行60~80cm
厚み≥2cm
耐荷重70kg125kg
昇降範囲71~121cm58~123cm
昇降スピード25mm/s38mm/s
モーター数1つ2つ
パネルタイプ押しボタンタッチボタン
主な機能メモリメモリ・ロック


一言で言えば、E7の方がより大きなデスク向けです。

耐荷重や設置可能な天板のサイズも「E7」シリーズの方が大きなサイズまで対応しています。


とはいえ、デスクの上に70kg以上もモノをのせる人はほとんどいない気がするし、デスクも幅160cmもあれば十分な大きさなので、1人用のデスク脚として選ぶなら「EF1」も「E7」も差はないと思います。

EF1とE7で気になった違いは「モーターの数」です。

FLEXISPOT EF1(モーター部分)
円柱型の物体がモーター


モーターの数は言い換えると「昇降スピード」になります。(25mm/s か 38mm/s)

私は昇降スピードにこだわりがなかったのと、モーター数が多くなる分だけ昇降時の「音」が気になるというレビューもあったので、動作音がなるべく静か(モーターが1つ)で高さ記憶(メモリ機能)があるものと考えると、FLEXISPOTの中では『EF1一択』でした。

FLEXISPOT EF1(操作ボタン部分)
自分の好きな高さを記憶できるのは本当に楽


ちなみに「E7」シリーズの最新モデルとして登場した『E7 Pro』には「USB-Aポート」が搭載されています。

私はデスク周りに電源タップがあるので不要でしたが、デスク周りにコンセントが少ない人にとってはここも選ぶ基準になるかもしれません。


天板に自作(DIY)で取り付けた感想

「22kgのデスク脚ってどんな大きさの荷物で来るんだろう。。。」

荷物が到着する前はちょっと不安だったんですが、実際に届いてみるとコンパクトに梱包されていて部屋への持ち運びは簡単でした。

FLEXISPOT EF1(開封時)
段ボールは女性でも運べるサイズ感


開いてみると、1つ1つの部品はそれなりの重さがあるものの、細かい部品はネジくらい。

FLEXISPOT EF1(組み立て前)
届いたパーツを並べてみるとこんな感じ


ネジも種類毎に個包装されていて分かりやすいので「説明書を見てもどれがどのパーツか分からない」という心配はないと思います。

FLEXISPOT EF1(組み立て用ネジ)
説明書もA~Gのパーツ名が書かれているので迷わない


説明書は「IKEA」に毛が生えたくらいの丁寧さなので、絵をしっかり見て組み立てていく感じでした。

FLEXISPOT EF1(説明書)
説明書は理解できなかったけど、絵を見れば分かる


パーツが重いことを除けば個人的な組み立て時の注意点は2つです。


組み立てに「電動ドリル」は必須

FLEXISPOTの組み立てに「電動ドリル」は必須アイテムです。

IKEAの電動ドリル
愛用の電動ドリルはかなり傷だらけ。。。汗


デスク脚同士は付属の六角レンチでも固定できますが、天板とデスク脚を固定するときは「電動ドリル」がないとかなり厳しいと思います。

木材にネジをねじ込むのはかなりの力がいるので、力技でなんとかしようと考えるのはオススメしません。

FLEXISPOT EF1(組み立て途中)
デスク脚は重いので電動ドリルで取り付けた方が楽


私は3,000円くらいで購入した「IKEA」の充電式電動ドリルを使いました。

必要電力も「3.6V」と非力な電動ドリルでしたが組み立てるには十分なパワーだったので、本格的なものじゃなくても電動ドリルを用意しておくことをオススメします。


私が使ったのと同じ「3.6V」でミニマルなデザインの電動ドリルがあったので紹介しておきます。

今の電動ドリルが壊れたらこれを買う予定です。→買いました。笑


天板に取り付けるときの「デスク脚の幅」に要確認!

天板とデスク脚を固定するときの失敗談を紹介します。


私は横幅140cmの天板にデスク脚を固定したんですが、『EF1』の「対応天板サイズ」が最大160cmだったので何も考えずに天板ギリギリにデスク脚を設置しようとしました。

でも、これが間違い。。。

FLEXISPOT EF1(組み立て失敗の絵)
鉄芯から白い部品が飛び出て固定できなくなった。


2本のデスク脚を繋げるプロペラシャフト(鉄芯)の長さが足りなくなって、固定できなくなってしまいました。

説明書などに書いてなかったので「おそらく」ですが、「対応天板サイズはデスク脚を組み立てられるの最大サイズではない」んだと思います。

ここは要注意です!


こんな穴を作らないためにも、天板とデスク脚を固定する前に「続きの手順で問題なく組み立てられることを事前確認する」のを強くオススメします。

デスク天板裏の穴
天板裏だから気にならないけど穴は一生残る。。。


スタンディングデスクを使ってみた感想

ここからは実際にスタンディングデスクを使ってみた感想を紹介します。

IKEAオディリス(デスク脚)
before
FLEXISPOT EF1(デスク脚)
after


見た目としては、デスク脚を「白」から「黒」に変えたのでデスク環境にも重厚感みたいなものが出てきましたが、デスク脚自体は1本なので想像していたよりもスッキリした印象になりました。

機能面でも良い点・悪い点がそれぞれあったので、これから購入する方はぜひ参考にしてみてください。


立ちも座りもデスクの高さが自分ピッタリ。身体に負担ない姿勢で作業できる

立ちも座りも自分にピッタリに調節できるのが「昇降デスク」を使う1番大きな理由です。

スタンディングデスク(座り位置)
座ってるとき
スタンディングデスク(立ち位置)
立ってるとき


椅子だけなら、最近のオフィスチェアには高さ調節機能が付いているものがほとんどなので、自分の身体ピッタリに椅子の高さを調整するのは難しくありません。

でも、椅子の高さを合わせるとデスクの高さが合わなくて、結局は椅子の高さも自分の身体ピッタリに合わせられないことがありました。


でも、昇降デスクなら天板の高さも調整できるので、身体が最も楽な姿勢に椅子とデスクの高さを持ってくることができます

ちなみに私はモニターアームでお馴染みの「エルゴトロン社」のホームページで自分に最適なデスクや椅子の高さを確認しました。

エルゴトロン社ホームページでデスク位置を調べた結果
私は使ったエルゴトロン社HPの分析結果


デスク脚の高さは一度記憶した後も自由に高さも変更できるので、最初はサイトなどで調べた高さに合わせてみて、使いながら自分に1番フィットする高さを探していくと簡単です。


立ち・座りがボタン1つ。眠気覚ましや気分転換が気軽にできる

私の場合は「昼食後」や「夕方」になると眠気が襲ってきたり、集中力が切れてきたりで生産性ダダ下がり。

そんな時にボタン1つで立ち作業に切り替えることができるので、作業の生産性の面でも効果を感じています。(生産性が上がるというより、生産性を落とさずに作業できるという感じです)

スタンディングデスク(立ち位置)
立って作業すると良い気分転換になります


ちなみに私が購入した『EF1』は4つまで高さを記憶することができます。

私は「1」に椅子に座ったときの高さ、「2」に立ち作業の高さを記憶させていて、「2」のボタンを押すだけでベストなスタンディングデスクになってくれます。

FLEXISPOT EF1(操作ボタン部分)
4つまで高さを記憶できるボタン式の操作パネル


FLEXISPOTのスタンディングデスクには「手動」昇降するタイプもありますが、個人的に「電動昇降&メモリ機能」は絶対つけたほうがいいとオススメします。

1日に何度も立って座ってを繰り返しますが、ボタン1つで変えられるところを毎回同じ高さに調整するのは面倒ですし、すぐに作業を再開できないと私なら昇降機能自体を使わなくなるかもしれません。


ケーブル配線周りは工夫が必要

昇降デスクに変えてから気になるようになったのが「デスク下に垂れ下がるケーブル」でした。

IKEAオディリスを使った時のケーブル配線
before
FLEXISPOT EF1を使った時のケーブル配線
after


以前はデスク脚に沿うようにケーブルを固定していましたが、デスク脚が伸び縮みするのでケーブルを固定するのが難しく、ケーブルが垂れた感じになってしまいます。


こればっかりは仕方がないのかな、と思いつつもやっぱり少し気になる部分なので、ケーブルを1つに束ねるとかの別の対策を考えたいと思っています。


FLEXISPOT EF1 レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では私が導入した電動昇降するスタンディングデスク『FLEXISPOT EF1』について紹介しました。

『EF1脚フレーム』の良かった点

  • 立っても座ってもワンタッチで自分にピッタリな高さになる
  • 身体の負担が少ない姿勢で作業できる
  • 眠気覚ましや気分転換に最適

『EF1脚フレーム』の惜しい点

  • 1人で組み立てるのは少し大変
  • デスク下のケーブル配線に工夫が必要


以前は在宅のデスク環境に投資することに「ためらい」もあったんですが、これからも家で仕事する暮らしは長く続くだろうと考え、思い切って購入して本当に良かったと思います。


組み立ては大変でしたが、立ち作業も座り作業も身体の負担は減ったし、立ちながら仕事すると作業効率も下がらないし、何より家でスタンディングデスクが使えることに何とも言えない「満足感」を感じます。

家での作業が多いなら後悔しないアイテムなので、迷ってる人はぜひ思い切って購入してみてください。

ちなみに組み立てるときは床に傷をつけないように段ボールを敷いておくのが無難だと思うので、Amazonや楽天で出た大きめの段ボールは取っておくのがオススメです。



私は他にもデスク周りを快適にするために色々なアイテムを試していて「これは良い」と思って今も愛用している便利グッズだけを別の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

2021年PCデスク周りの便利グッズ15選|テレワークにおすすめの買ってよかったもの

続きを見る

2021年デスクツアー|テレワーク会社員のPCデスク周りを紹介

続きを見る


それでは!


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.