FlexiSpot EF1 レビュー|電動昇降デスクの使用感と組み立て時の注意点を紹介

どうも、こんにちは。
MILIBLOのイチ( ichi_MILIBLO)です。

家で仕事をしているとデスクから立ち上がる機会がどうしても減ってしまい、気が付くと「何時間も座りっぱなし」ということも珍しくありません。

私は在宅勤務で座りっぱなしの時間が増え、腰痛の悩みを抱えるようになったのをキッカケに自分のデスク環境に電動昇降デスクを導入しました。

" デスク作業中の腰痛を何とかしたい "
" 愛着がある今のデスク天板を使い続けたい "
" 電動昇降デスクの組み立ては1人で大丈夫か? "

購入の前は色々と考えていましたがポイントを押さえれば思った以上に手軽に導入できるし、何より在宅ワークライフがかなり快適になりました。

スタンディングデスクで在宅勤務をしているところ

この記事では、我が家に導入した電動昇降するスタンディングデスク「FlexiSpot EF1」をレビューしていきます。

この記事で書いていること

  • FlexiSpot EF1 の特徴
  • 良かった点・惜しい点
  • 組み立てるときの注意点
  • FlexiSpot E7 / EG1 との違い

電動昇降デスクは決して安い買い物ではありません。それに私はIKEAのデスク天板をカスタマイズして使っていたので愛着もありました。

ということで、今ある天板を転用しつつコストも抑えられる「天板別売り」の商品メニューが選べる「FlexiSpot」を選択。

FlexiSpot EF1 を使って分かったメリット・デメリットのほかに、1人でデスク脚を組み立てた感想もまとめているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ここが良かった!

  • 眠気覚ましや気分転換に最適
  • 身体の負担が少ない姿勢で作業できる
  • 立ちも座りもワンタッチで最適な高さになる

ここが惜しい…

  • 1人で組み立てるのは少し大変
  • デスク下のケーブル配線に工夫が必要

FlexiSpot EF1 の概要

私が購入したのは、FlexiSpot(フレキシスポット) の「EF1」。

スタンディングデスクで主流のモーター付きで、ボタンワンタッチで上下に電動昇降するデスク脚です。

FLEXISPOT EF1(デスク脚)

FlexiSpot は2016年から人間工学に基づいたスタンドやアーム、スタンディングデスクを販売しており、日本のほかにアメリカやヨーロッパ各地に展開しています。

FlexiSpotでは天板とのセット販売もありますが、私は「デスク脚のみ」を購入しました。

FLEXISPOT EF1(デスク脚)

すでに自宅にデスクを導入していて、天板はこれからも同じものを使いたいと思っていたので、「デスク脚のみ」を選ぶことでコストを抑えつつ、お気に入りの天板を転用できました。


FlexiSpot EF1 の良かった点

ここからは実際に FlexiSpot EF1 を使ってみて感じた「良かった点」を紹介します。

ここが良かった!

  • 眠気覚ましや気分転換に最適
  • 身体の負担が少ない姿勢で作業できる
  • 立ちも座りもワンタッチで最適な高さになる

ぜひ購入する前の参考にしてみてください。


仕事中のリフレッシュになって集中力が落ちにくい

私の場合は「昼食後」や「夕方」になると眠気が襲ってきて、集中力も生産性もダダ下がりします。

そんな時に FlexiSpot EF1 ならボタンワンタッチで座り作業⇔立ち作業を切り替えられるので、在宅勤務中の生産性に効果を感じています。

スタンディングデスク(立ち位置)

個人的な感覚になりますが、生産性が上がるというより生産性を落とさずに作業できるという感じ。

私は集中力を保つための在宅ワークルーティンとして色々なことを試していますが、中でもこの「立ち⇔座りの姿勢を変える」のはかなり効果を感じているので、在宅勤務の方には特におすすめです。


身体の負担を減らして楽な姿勢で作業できる

立ち作業も座り作業もデスクの高さを自分にピッタリに調節できるのが「昇降デスク」の1番大きなメリット。

スタンディングデスク(座り位置)
座ってるとき
スタンディングデスク(立ち位置)
立ってるとき

最近のオフィスチェアには高さ調節機能が付いているものがほとんどなので、自分の身体ピッタリに椅子の高さを調整するのは難しくありません。

でも、椅子の高さを合わせるとデスクの高さが合わなかったり、デスクの高さに椅子を合わせると椅子が自分の身体に合わなかったりで悩んでいました。

電動昇降デスクなら天板の高さをミリ単位で調整できるので、椅子とデスクの両方を自分に合った=1番ラクな姿勢になるように調整することができます。

ちなみに私はモニターアームでお馴染みの「エルゴトロン社」ホームページで自分に最適なデスクや椅子の高さを確認しました。

エルゴトロン社のデスク分析結果

デスクの高さは一度記憶した後も自由に高さも変更できるので、使いながら自分に1番合う高さを探してみてください。


ワンタッチでいつでも同じ高さで作業できる

FlexiSpot EF1 は4つまで高さを記憶することができます。

私は「1」に座り位置、「2」に立ち位置の高さを記憶させていて、ワンタッチでいつでも自分にベストな天板の高さに合わせられるので本当に快適です。

FLEXISPOT EF1(操作ボタン部分)

FlexiSpotには「手動」で昇降させるタイプのデスク脚もありますが、電動昇降(モーター付) & メモリ機能は絶対つけたほうがいい機能です。

スタンディングデスクは1日に何度も立って座ってを繰り返すので、毎回同じ高さに調整するのは面倒ですし、姿勢を変えるたびに時間と手間がかかってしまっては昇降機能自体を使わなくなってしまいます。


電動昇降デスクはケーブル配線に工夫が必要

FlexiSpot EF1 に限らず、電動昇降デスクに変えてから気になるようになったのが「デスク下に垂れ下がるケーブル」でした。

IKEAオディリスを使った時のケーブル配線

私はデスク周りの配線整理にもこだわっていて、以前はデスク周りのデバイス充電を全てUSBポート付きの電源タップに集約して、そこから1本伸ばしたケーブルをデスク脚に沿うように固定していました。

ところが電動昇降デスクでは脚が伸び縮みするのでデスク脚にケーブルを固定するのが難しいところがあり、ケーブルが垂れた感じになってしまうのが気になっていました。

FLEXISPOT EF1を使った時のケーブル配線

色々と考えた結果、今はサンワサプライのケーブル配線トレーを使ってデスクの隅の方までケーブルが垂れないように工夫しています。

サンワサプライのケーブル配線トレーを使ってケーブル整理
正面から見るとケーブルが見えない
サンワサプライのケーブル配線トレーを使ってケーブル整理
角度を変えると奥のデスク脚の裏に隠れている

サンワサプライのケーブル配線トレーは「電源タップやケーブルを包むだけ」で簡単にケーブル配線を整理することができるので、私のような面倒くさがりの方は参考にしてみてください。


FlexiSpot EF1 の組み立て方法と感想

荷物が到着する前は ” 22kgのデスク脚ってどんな大きさの荷物で来るんだろう… ” と不安でしたが、実際に届いてみると意外とコンパクト。

FLEXISPOT EF1(開封時)

大人1人でも部屋への持ち運びができるくらいだったので、安心しました。

ここからは私のデスク脚の組み立て体験談と作業の注意ポイントを紹介します。


梱包を開いて全パーツを揃えてみた

梱包を開いてみると、1つ1つの部品はそれなりの重さがあるものの、細かい部品はネジくらいです。

FLEXISPOT EF1(組み立て前)

ネジも種類毎に個包装されていて分かりやすいので、" 説明書を見てもどれがどのパーツか分からない ” という心配はないと思います。

FLEXISPOT EF1(組み立て用ネジ)

説明書は「IKEA」に毛が生えたくらいなので、文章以上に「絵」をしっかり見て組み立てていく必要があります。(絵が丁寧なので問題なしです)

FLEXISPOT EF1(説明書)

パーツが重いことを除けば組み立て時の注意点は2つだと感じました。

組み立て時の注意ポイント

  • 組み立てに電動ドリルは必須
  • 天板を取り付ける前にデスク脚の幅を確認

ここからは注意ポイント2つを詳しく紹介していきます。


組み立てに電動ドリルは必須!固定があまいと「揺れ」の原因になる

FlexiSpotの組み立てに「電動ドリル」は必須アイテムです。

IKEAの電動ドリル

デスク脚同士は付属の六角レンチでも固定できますが、天板とデスク脚を固定するときは「電動ドリル」がないとかなり厳しいです。

FLEXISPOT EF1(組み立て途中)

木材にネジをねじ込むのはかなりの力がいるので、力技でなんとかしようと考えるのはオススメしませんし、締めが甘いとデスクが揺れる原因になります。

私は3,000円くらいで購入した IKEAの電動ドリルを使いました。必要電力も「3.6V」と非力なタイプでしたが、デスクを組み立てるには十分なパワーだったので本格的なものでなくとも家に電動ドリルがあればそれでOKです。

参考までに私が今使っている「3.6V」でミニマルなデザインの電動ドリルを紹介しておきます。これから買う人にはこれがおすすめです。


取り付けの前に「デスク脚の設置幅」を必ず確認

これは私が横幅140cmの天板にデスク脚を固定したときの私の失敗談です。

FlexiSpot EF1 の「対応天板サイズ」が最大160cmだったので何も考えずに天板ギリギリにデスク脚を設置したんですが、これが間違いでした…。

FLEXISPOT EF1(組み立て失敗の絵)
鉄芯から白い部品が飛び出した

上の写真のように2本のデスク脚を繋げるプロペラシャフト(鉄芯)の長さが足りなくなって、固定できなくなりました…。

すでにデスク脚を天板に固定した後で発覚したので、天板裏に不要な穴をつくることに。

天板とデスク脚を固定するときに失敗した穴
失敗してできた不要な穴…

説明書などに書いてなかったので私の想像ですが、対応天板サイズはデスク脚を組み立てられる最大サイズではなく、デスク脚がバランスを取れる最大サイズだと思います。

天板とデスク脚を固定する前に、続きの手順で問題なく組み立てられることを事前確認してから進めるようにしてください。


EF1組み立て前後の Before / After を紹介

私はIKEAの白いデスク脚を使っていたので、脚の色が黒に変わったことでデスク全体に重厚感のようなものが出ましたが、脚の数が4→2本になったことで想像よりもスッキリした印象になりました。

IKEAオディリス(デスク脚)
FlexiSpot EF1 導入前
FLEXISPOT EF1(デスク脚)
FlexiSpot EF1 導入後

デスクの分解~組み立てまではトータルで1時間半くらいでした。

上で紹介した注意ポイントを意識しつつ、説明書で作業イメージを固めてから作業すれば問題なく組み立てられると思うので、頑張ってみてください!


FlexiSpotの類似モデル (EG1/E7) との違い

参考までに FlexiSpot EF1 とスペックが近い類似モデル・私が購入を迷った機種との違いを紹介します。

  • 類似モデル:FlexiSpot EG1
  • 迷ったモデル:FlexiSpot E7

似た機種で迷っている人は多いと思うので、ぜひ参考にしてみてください。


FlexiSpot EG1 との違い

まずは FlexiSpot EF1 と同じシングルモーターの「EG1」との比較です。

種類FlexiSpot EF1FlexiSpot EG1
本体重量19.6kg19.3kg
対応天板サイズ幅100~160cm
奥行50~80cm
厚み≥2cm
幅100~160cm
奥行50~80cm
厚み≥2cm
耐荷重70kg70kg
昇降範囲71~121cm71~121cm
モーター数1つ1つ
主な機能昇降
メモリ
障害物検知
昇降

2つの違いを一言でいえば、メモリ・障害物検知の機能があるか?ないか?です。

「障害物検知」は人によって要否が変わる部分ですが「メモリ機能」は、在宅でスタンディングデスクを導入したいと考えている人には必須の機能。

メモリ機能のメリットは「立ち⇔座りの調整の手軽さ」です。

FLEXISPOT EF1(操作ボタン部分)
EF1は昇降ボタンの横に4つのメモリボタンがある

最初に立ち姿勢・座り姿勢で自分に合った高さを記憶させておけば、メモリボタンを押すだけでいつでも同じデスクの高さにすることができます。

それ以外のスペック差はほとんどなく値段も3,000円程度しか変わらないので、在宅ワーカーの人であれば自信をもって万人に「EF1」をおすすめします。


FlexiSpot E7 との違い

つぎは FlexiSpot EF1 の上位モデルにあたるダブルモーターの「E7」との比較です。

種類FlexiSpot EF1FlexiSpot E7
本体重量19.6kg32.1kg
対応天板サイズ幅100~160cm
奥行50~80cm
厚み≥2cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
厚み≥2cm
耐荷重70kg125kg
昇降範囲71~121cm58~123cm
昇降スピード25mm/s38mm/s
モーター数1つ2つ
パネルタイプ押しボタンタッチボタン
主な機能昇降
メモリ
障害物検知
昇降
メモリ
障害物検知
ロック

2つの違いを一言でいえば、対応するデスクサイズの広さです。耐荷重や設置可能な天板のサイズも「E7」の方が大きいサイズまで対応しています。

とはいえ「EF1」でも十分な耐荷重(70kg)がありますし、デスク幅も160cmまで対応しているのでかなり大きなデスクまで固定することができます。

在宅勤務のデスク環境
私はEF1に140cmの天板を置いてます

そんな中で私が1番気になった違いは「モーターの数」。モーターの数は言い換えると「昇降スピード」です。(EF1:25mm/s、E7:38mm/s)

私は昇降スピードにはこだわりがないんですが、昇降時の「音」が気になるというレビューがあったのが気がかりでした。

FLEXISPOT EF1(モーター部分)
EF1のモーターは円柱型

私がいる部屋の隣が子供の昼寝部屋になっているので、動作音はなるべく静かなほうがいいと考えてモーター数が1つの「EF1」を選択。

EF1の昇降スピード(25mm/s)はFlexiSpotの電動昇降デスクの中では1番遅い部類ですが、下の動作がだいたい4~5秒で終わるくらいです。

  • ボタンを押す
  • 椅子を引いて立ち上がる
  • デスクが上がるのを待つ

相当せっかちでない限り、FlexiSpotの電動昇降デスクはどれを選んでも速度的な問題は感じないはずです。


私が「EF1」を選んだ決め手

FlexiSpotの中には色々なモデルがありましたが、私の条件を全て並べると「EF1一択」でした。

  • メモリ機能があること
  • 動作音が静か(モーターが1つ)であること

FlexiSpot EF1 は最新モデルではない分だけ値段も手頃なので、家で子供が寝ている在宅ワーカーにとっては必要十分な機能を備えたコスパモデルだと思います。ぜひ参考にしてみてください。


FlexiSpot EF1 レビュー まとめ

今回の記事はここまでです。

この記事では私が導入した電動昇降するスタンディングデスク「FlexiSpot EF1」をレビューしました。

ここが良かった!

  • 眠気覚ましや気分転換に最適
  • 身体の負担が少ない姿勢で作業できる
  • 立ちも座りもワンタッチで最適な高さになる

ここが惜しい…

  • 1人で組み立てるのは少し大変
  • デスク下のケーブル配線に工夫が必要


組み立ては大変でしたが、身体の負担は減ったし、立ちながら仕事すると作業効率も下がらないし、何より家でスタンディングデスクが使える何とも言えない「満足感」が手に入りました。笑

家でのデスク作業が多いなら後悔しないアイテムなので、迷ってる人はぜひ思い切って購入してみてください。


別の記事では、デスク周りを快適にするために購入したおすすめの便利グッズも紹介しているので、ぜひ参考に読んでみてください。

テレワークのおすすめ便利グッズ

続きを見る


▼この記事の中で紹介した参考記事

私のデスク環境紹介

続きを見る

IKEAで揃えたおすすめのデスクアイテム

続きを見る

USBポート付き電源タップ PowerPort Strip PD3

続きを見る


それでは!


  • この記事を書いた人

イチ

30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
プロフィール詳細商品レビュー依頼