IKEAの有孔ボードでデスク周りの壁スペースを活用|見せる収納でスッキリ・おしゃれを目指す


デスク周りに細かいモノを置くと気が散るので、個人的にデスク上はスッキリさせておきたい派。

「デスク上にモノを増やさず収納を確保したい」

ということでデスク横に空いていた壁スペースを活用するためにIKEAで有孔ボードを購入しました。

IKEAの有孔ボード|スコーディス
我が家にも有孔ボードを導入


仕事で使うスマホやイヤホンだったり、テレビ会議で使うPCスタンドだったり「特定のシーンしか使わないモノ」って意外とあります。

こういうたまにしか使わないモノに定位置を与えつつ、デスク上に置かない仕組みとして有孔ボードはピッタリでした。

『有孔ボード』の良かった点

  • デスク周りが少しオシャレになる
  • 定位置が決まるからモノの出し入れが楽
  • 自分に最適な収納力を作ることができる

『有孔ボード』の惜しい点

  • 賃貸で使うための部品が同梱されてない
  • カラー展開が少ない



それではさっそく始めます。

IKEAの有孔ボードはこんな商品!

私が購入したのは、IKEA の有孔ボード「SKADIS(スコーディス)」。

IKEAの有孔ボード|スコーディス
IKEAの有孔ボード|スコーディス
種類スコーディス
サイズ幅56cm
高さ56cm
重さ約1.85kg
素材繊維版、スチール
その他賃貸使用には別途フックが必要


有孔ボードのサイズは複数のバリエーションがあって私は中サイズ(56cm × 56cm)を選択。

板サイズは他にも「76cm × 56cm」「36cm × 56cm」があるので、掛けたいモノの量や壁のスペースに合わせて好みのサイズを選べます

今回 IKEAで有孔ボードを購入したのは白の有孔ボードが欲しかったというのもありますが、1番の購入理由は「一緒に使えるアイテム」が多く別売りされていたからです。

IKEAの有孔ボード|スコーディス(フック)
定番のフックはやはり使いやすい
IKEAの有孔ボード|スコーディス(収納ケース)
小物収納に便利な収納ケース
IKEAの有孔ボード|スコーディス(トレー)
定番のトレーもしっかり購入
IKEAの有孔ボード|スコーディス(袋)
大きな物をざくっと入れられる袋型の収納


私は定番の「フック」や「トレー」以外に「収納ケース」や「袋型の収納」も購入しました。

他にもクリップやヘッドホンもかけられそうな大きめのフックなどがどれも数百円で手に入るのは本当にありがたいです。

私みたいに初めての有孔ボードデビューを考えてる人は IKEA みたいに1つのメーカーでまとめて揃えられた方が余計な手間がかからなくて楽だと思います。


デスク周りに有孔ボードを導入した感想

ペン、ケーブル、スマホ。

こういう「たまにしか使わないモノ」は机の上に置きっぱなしにするとごちゃつくし、引き出しから出し入れするのも意外と面倒ですが「デスク横」に有孔ボードを設置してみたら思った以上に快適でした。


デスク周りのオシャレ度が上がる(見せる収納)

壁掛けの有孔ボードは「見せる収納」として最高でした。

IKEAの有孔ボード|スコーディス
何気ないモノでも「それっぽく」見えるw


部屋の好きな位置に、好きなモノを、好きなように収納して、見せる。

たったこれだけのことですが「あー、自分の部屋に帰ってきたな」という感じがしてなんとも言えない満足感があります。

IKEAの有孔ボード|スコーディス
近くで見ると置いているのは「普通のモノ」


よく見るとオシャレなモノは飾ってないんですが、整理して収納しておくだけで「見せる収納」としてそれっぽく見えるので、私のようにインテリアに不慣れな人にはピッタリのアイテムだと思います。


定位置が決まってモノの出し入れが楽

デスクの上でごちゃごちゃしていた小さなモノに「定位置」を決めることで、視認性が高まって出し入れが楽になりました。

IKEAの有孔ボード|スコーディス(フック)
モノの定位置が決まると取り出しが楽


モノの整理には「定位置」を決めることが重要と聞いたことがありますが、まさにそれを実感できるアイテムでした。
何がどこにあるか、パッと見ですぐに分かるし、取るのも簡単です。

有孔ボードには無数に穴が空いているので、自分が手を伸ばしたときに取りやすい高さにフックを付けることができます。


アイテム次第で最適な収納力が得られる

一緒に使うフックや棚のアイテム次第で有孔ボードの収納力は大きく変わります。

IKEAの有孔ボード|スコーディス(PCスタンド入れ)
テレビ会議で使うPCスタンドを入れたり
IKEAの有孔ボード|スコーディス(PC工具入れ)
フックなどに収納しにくい工具を入れたり


私の場合、ボードに「雑多なモノを入れる袋」を引っ掛けたことでフックや棚に置くのが難しかったモノも収納できるようになりました。

ドライバーなどの工具類やPCスタンドみたいな大きいものも収納できるので、本当にこれ1つでかなりの収納になるので助かってます。


賃貸で使うには別途「ピンフック」が必要

IKEAの有孔ボードは「釘を打ち込む」想定の商品なので賃貸で使う場合には別でピンフックを購入する必要があります。

有孔ボードを固定するピンフック
有孔ボードを引っ掛けるピンは別で購入


購入するピンの耐荷重がそのまま有孔ボードの耐荷重に直結するので、どれだけのモノを引っ掛けるかによってピンを選ぶ必要があります。

私は耐荷重が8kgのモノを購入していて有孔ボード自体の重さが1.8kgほどなので、実際は6kg分くらいのモノが収納できます。


ボードの裏に穴にフックを引っ掛けるだけで簡単に使えますが、元々は釘を打ちつける用の穴なので大きすぎるフックは避けたほうが無難です。


最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、壁スペースを有効活用する収納として私が愛用するIKEAの有孔ボード(スコーディス)を紹介しました。

『有孔ボード』の良かった点

  • デスク周りが少しオシャレになる
  • 定位置が決まるからモノの出し入れが楽
  • 自分に最適な収納力を作ることができる

『有孔ボード』の惜しい点

  • 賃貸で使うための部品が同梱されてない
  • カラー展開が少ない


デスク周りはスッキリしている方が目の前の物事に集中できるというのが持論です。

有孔ボードはデスク付近の「壁」を収納として使えるので、特に小さいモノの整理に困っている人にはピッタリなアイテムです。
収納を減らすキッカケにもなると思うので、ぜひ参考にしてみてください。


有孔ボード含めた私のデスデスク周りをスッキリさせるための「ケーブル配線整理」や「私のデスク環境」について別の記事で紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

ケーブル配線整理のコツ

続きを見る

デスクツアー

続きを見る


それでは!


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.