メニュー
イチ
30代会社員 / テレワーク歴5年。
デスク周りの愛用品や快適な在宅勤務のヒントになる情報を発信。
すっきりしたデスクと機能的なモノが好きで家を最高の仕事場にしています。
> 詳しいプロフィールはこちら

Annekor CO2センサー レビュー|テレワークの「集中できない」を解決する二酸化炭素濃度計

部屋に閉じこもって仕事をしていると、夕方には集中力が途切れてきてしまう。これは朝から仕事をしていれば当然のことだと考えていました。

でも、なぜか夜でも仕事が捗ることもある。この理由が分かれば自宅に集中しやすい作業環境が作れるんじゃないかと思ったのが今回のキッカケです。

” 快適な在宅ワーク環境がほしい “
” 集中しやすい作業環境を作りたい “
” 集中力が下がりにくい環境を作りたい “

こんな思いから集中力を保つための工夫を色々と実践してきましたが、今回導入した「二酸化炭素濃度計」に想像以上の効果を感じられたので紹介します。

在宅勤務での集中力キープに役立つ二酸化炭素濃度計
デスクの奥にぽつんと置かれた二酸化炭素濃度計

この記事では、テレワーク中の「集中できない」を解決する、AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)をレビューしていきます。

この記事で書いていること

  • Annekor CO2センサー の概要
  • 良かった点・惜しい点
  • 在宅勤務での使い方

やったことは「定期的な空気の入れ替え」というシンプルなことですが、CO2センサーを導入したことで自分がどれだけ空気の悪い空間で働いていたかに気付きました。

私のように在宅勤務で1日の多くの時間を同じ部屋で過ごす人にとっては、作業効率を上げるキッカケになるはずなので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Annekor CO2センサー
メリット
  • 部屋の快適さを数値化できる
  • 基準値を超えても音が鳴らない
  • 小型でデスクに置いても邪魔にならない
デメリット
  • 見た目がやや安っぽい
目次

Annekor CO2センサー の概要

私が導入したのは、Annekorの「CO2センサー(二酸化炭素濃度計)」です。

AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)

購入のキッカケは偶然見かけたGo Ando (@Go Ando)さんのツイートでした。

「CO2センサー」は空気中の二酸化炭素(CO2)の濃度を表示してくれる製品。簡単にいえば部屋の換気タイミングが分かるアイテムです。

値段は3,000円~1万円以上するものまでピンキリですがレビューを見ると「5,000円」が1つの品質基準になるようで、私は安藤さんと同じ8,000円ほどの「NDIR方式」を採用したタイプを選びました。

NDIR方式 とは?

Non Dispersive InfraRed(非分散型赤外)の略で、NDIR方式はそれぞれのガスが持つ特有の吸収波長領域を利用したガス濃度の計測方式。

ガス濃度を測定する方法は多々あるが、それらのほとんどが化学変化やセンサー自体の変化が伴うため測定対象のガスにも変化を及ぼしますところが、吸光度を測定するNDIR方式では対象ガスに変化を及ぼすことなく、濃度測定することが可能。

押野電気製作所 公式ホームページ

私の使っているものは購入してから半年近く経っても問題なく使えていますが、同じ商品でも10%ほどの人が不良品だったと評価していました。

CO2センサーに限らず精密機械に個体差が出てしまうのは仕方がない部分ですが、ここは注意が必要。

不良品を引いてしまったら交換が必要ですが私が購入したところは日本人の方が対応してくれるので、ここも購入時の安心材料になりました。


Annekor CO2センサー の良かった点

ここではAnnekorのCO2センサー (二酸化炭素濃度計) を購入して「良かった点」を紹介します。

Annekor CO2センサー
メリット
  • 部屋の快適さを数値化できる
  • 基準値を超えても音が鳴らない
  • 小型でデスクに置いても邪魔にならない

ぜひ購入前の参考にしてみてください。


快適さを数値化できる

Annekorの CO2センサー は「二酸化炭素濃度」のほかに「温度」「湿度」も計測してくれます。

AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)は温度・湿度も測れる

部屋を快適にするために必要な情報がすべて分かるので、デスク上に置いておくことで ” 今どんな環境で作業しているのか?” を数値で知ることができます。

在宅ワーク中の作業環境を数値で知れる

私の体感値ですが数値が1,000ppmを超えるくらいから頭がボーっとしてくるので(精度は比較できませんが)、二酸化炭素濃度値は目安として使うには十分な品質だと感じています。

温度・湿度の数値は前から使っていた温湿度計と近い数値になっていたので、こちらも精度に問題はありません。

AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)の温度・湿度の精度を確認した写真
温湿度計との誤差はほぼなし

私は二酸化炭素濃度をメインでよく見ていますが、冬など乾燥しやすい時期は湿度も気になるところなので、温湿度計も兼ねているのは嬉しいですね。


小型でデスクに置いても邪魔にならない

Annekorの CO2センサー は高さが8cmほどと、iPhoneの中でも最小サイズの iPhone 12 mini (横幅) とほぼ同じくらいのサイズ感。

AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)の高さはiPhone 12 mini の横幅と同じくらい

デスク上にごちゃごちゃとモノが多いとそれ自体が気になって集中力が削がれてしまうので、このコンパクトさは購入の決め手の1つになりました。

AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)はデスクに置いても邪魔にならないサイズ感

見たい時にはしっかりと情報を確認できて、モニターに目を向ければ視界に入らない。

こうやってシーンに合わせて必要なときだけ情報を確認できるのは大きな魅力だと感じました。


音が出ない (作業の妨げにならない)

CO2センサーの本来の目的が「換気を促すこと」なので、CO2濃度が一定の基準値を超えると警告音が鳴るタイプの二酸化炭素濃度計もあります。

値段が高いものだとアラート音のON/OFFを設定できるものもありますが、中には警告音をOFFにできないCO2センサーもあるので注意が必要です。

そんな中、Annekorの CO2センサー はそもそも音が鳴らない設計。

AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)を後ろから撮影
CO2センサーの後ろには充電ポートと空気の取り込み口のみ

1日の中で何度も電話ミーティングをしたり、隣の部屋で子供が寝ている時間帯もあるので「音が絶対に鳴らない」のはありがたい仕様でした。

自分で定期的に数値を確認する必要はありますが、集中している時に作業を妨げられる心配がないほうが在宅ワーカーとして嬉しい仕様でした。


機能は良いのにデザインがイマイチ…

いろいろな二酸化炭素濃度計を調べてみて感じたのが、” CO2センサーはあくまで「業務用」なんだな ” ということ。

機能性には満足していますが、正直見た目はイマイチだと感じました。

AnnekorのCO2センサー(二酸化炭素濃度計)

デスク周りで使いたいと考える人自体が少ないはずなので仕方ないと思いつつも、もう少しデザインのバリエーションがあったら嬉しかったです。

特にカラーが「白」だけなので、デスク周りの雰囲気に合わない場合は色を上塗りするなどの工夫が必要だと感じました。


Annekor CO2センサー レビュー まとめ

この記事では、在宅ワークの「集中力バロメーター」になっているAnnekorのCO2センサー (二酸化炭素濃度計) をレビューしました。

Annekor CO2センサー
メリット
  • 部屋の快適さを数値化できる
  • 基準値を超えても音が鳴らない
  • 小型でデスクに置いても邪魔にならない
デメリット
  • 見た目がやや安っぽい


在宅勤務では自分の作業環境は自分で整える必要があります。どれだけ快適な作業環境を作れるかで作業効率がまったく違うからです。

毎日同じように部屋で作業しているのに集中できる時間帯にバラつきがある人にこそおすすめしたいアイテムなので、ぜひ参考にしてみてください。


他の記事では他にも私がデスク周りに置いているアイテムを紹介しているので、ぜひ読んでみてください。


▼この記事の中で紹介した参考記事


それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらぜひシェアを!

コメント

コメントする

目次