『ピークデザイン エブリデイスリング 3L』レビュー|カメラを持ち出すためのバッグ。

 

カメラを手に入れたら外に持ち出したくなる。

ちょっと散歩がてら近くを撮影、、、なんて響きだけでテンションが上がります。

 

とはいえ、カメラを汚したくないし、キズも付けたくない。

たくさん使いたいけど、高価だからこその悩みがあるのもカメラだと思います。

というわけで、カメラバッグを購入。

 

このバッグのおかげで散歩や旅先にも気軽にカメラを持ち出せるようになり、娘のシャッターチャンスをカメラに収められる機会も増えました。

この記事では、そんな私のカメラ活躍の場を広げてくれたカメラバッグ、PeakDesign(ピークデザイン)の『エブリデイ スリング(3L)』を紹介します。

 

『エブリデイ スリング』の良かった点

  • カメラバッグとしても普段使いとしても使える
  • カメラとそれ以外のスペースを区切ることができる
  • 肩への負担が小さい分厚いショルダーベルト

 

『エブリデイ スリング』のあと1歩な点

  • 型がしっかりしてるので入れるモノの形がある程度決まってしまう
  • 外ポケットが少し狭い

 

もっと気軽にカメラを外へ持ち出したい、そんな思いにウズウズしている人の参考になれば嬉しいです。

それでは、さっそく始めます。

 

一眼カメラでも気軽に持ち出せるバッグ『エブリデイ スリング 3L』

スッキリしたデザインなのに機能性は抜群

 

私が購入したのは、カメラアクセサリーで世界的に有名なブランド「peakdesign(ピークデザイン)」の『エブリデイ スリング』。

 

私が購入したときは「3L」「6L」「10L」の3種類でサイズ展開していて、その中から「3L」を選びました。

「3L」はウエストポーチでも使えるくらいコンパクトで、背負っても存在感が出すぎない。

身も心も軽く外に出かけるにはピッタリのサイズ感だと思います。

 

簡単に今回購入したカメラバッグのスペックを紹介します。

今回購入した『エブリデイ スリング』のスペック

  • サイズ:幅30.5cm × 奥行10.9cm × 高さ18.8cm
  • 重さ:550g(中仕切り含む)
  • 材質:ナイロン
  • 付属品:中仕切り×1、ショートストラップ×2
  • その他:PC・タブレット収納なし

 

カメラバッグは無骨なデザインのモノが多い中で、この『エブリデイ スリング』はその名の通り、毎日使いたくなるデザイン。

一眼カメラを持ち出して、気軽に外に遊びに行きたい!

こんなことを考えていた私にとって、まさにこういうのが欲しかったという設計でした。

 

主張の少ないロゴデザイン

 

黒系のアイテムが好きな私は「ブラック」一択でしたが、他にも「アッシュ(グレー)」の色展開があるので、女性だったり、明るい色が好きな人はこちらの方がいいと思います。

逆に、もう黒ければ黒いほど良いという人は、ロゴまで黒の「ブラック」がオススメ。

光の加減でたまにロゴが顔を出しますが、それがまたカッコ良いんですよね。

 

『エブリデイ スリング』を購入した理由

私が『エブリデイ スリング』を購入した理由は3つあります。

 

『エブリデイ スリング』を購入した理由

  • カメラをしっかり保護して外に持ち出したかった
  • 普段使いもできるシンプルでデザイン
  • ちょっと出かけるためのアイテムが全て入るサイズ感

 

1度カメラを使い始めるとスマホでは撮れない「ボケ感」のある写真が何とも心地よく、ちょっと出掛けた先でもカメラを使いたいと思うようになりました。

 

カメラはなるべくホコリや汚れから守ってあげたいけど、大袈裟なカメラバッグは「気軽に」持ち運ぶには腰が重くなりそう。

そんなことを考えながらカメラバッグを探し始めて、カメラアクセサリーで世界的に有名なメーカー「peakdesign」に出会いました。

 

1番に惹かれたのは、カメラバッグっぽくないシンプルなデザイン。

無骨なデザインだったり、シンプルすぎて守りが心配になるようなバッグが多い中、このバッグは内装に「THE・カメラバッグ」というような肉厚なクッションがありつつ、外装はスッキリした見た目なのが気に入りました。

 

無骨と対極にあるようなシンプルデザイン

 

機能面で気に入ったのが「中の仕切りが取り外せる」という点。

カメラがある時だけでなくカメラがない時でも使いやすい設計で、普段使いでも持ち出せそうな汎用性の高さが決め手で購入しました。

 

カメラがない時は大きく使えるのが嬉しい

 

「6L」「10L」というサイズであれば iPadやノートPCを入れるスリーブもあるので、大きいサイズにも惹かれましたが、より気軽にカメラを持ち出せるように「3L」を選択。

小回りが利くコンパクトなサイズ感が扱いやすく、結果的には良い選択をしたと思っています。

 

『エブリデイ スリング』を使ってみた感想

 

欲しかったのは「カメラバッグ」ですが、今はカメラを持ち出す/持ち出さないに限らず、ちょっと出かけるときの相棒はいつもコレ。

というわけで、カメラを使うシーン以外も含めて「良かった」「あと一歩欲しい」と思うところを紹介します。

 

バッグは自由に間仕切り可能。だから、カメラ有無に合わせられる。

普通、バッグの構造は「固定」で決まっています。

ここに大きな収納があって、ここに小さな収納があって、、、みたいに。

 

でも、このカメラバッグは違います。

取り外し可能な仕切りだから、中に入れるモノのサイズに合わせて柔軟に収納の大きさを変えることができる。

自分のカメラの大きさにジャストな収納を自分で作れるし、必要ないなら外してしまえばいい。

 

自分のカメラサイズに合わせて間仕切りをセットできる

 

ちなみに私のカメラは「α6400」、レンズは「SEL35F18」で比較的、コンパクトな組み合わせなので、バッグには横置きで収納しています。

レンズの大きさ次第では縦置きの方がいいかもしれませんが、大抵の一眼カメラは入ると思います。

α6400のサイズ感については「カメラ初心者の私が最初の相棒に決めた一眼『SONY α6400』を紹介したい。」で紹介しているので、気になる人は見てみてください。

 

肩への負担がかかりにくい。だから、結局いつもコレを選んでしまう。

ここにはpeak designのロゴマーク

 

これは、あくまで「カメラバッグ」。

カメラを入れて、レンズを入れて、持ってる人は三脚も付けて、なんてやっていたら当然カバンの重さは普通じゃなくなる。

私は三脚を持っていませんが、いつも使っているAPC-Sサイズのカメラα6400とレンズで約550g。財布や他のモノも加えると1kg弱になります。

 

だからこそ、このショルダーベルトの厚みが効いてくる。

数時間の散歩にカメラも持ち出すくらいであれば余裕で使えるくらい身軽に感じられます。

 

3Lサイズのバッグにしてはかなり厚めな印象

 

ちなみにこのショルダーベルトは特殊な作りになっていて「片手で」ベルトの長さが調節できます。

ちょっと緩めに掛けたあとに片手で長さを調整して自分の体にピッタリ合わせると、より荷物の重さを感じにくくなるのでオススメです。

 

この仕組み、全てのベルトに採用してほしい

 

ちなみにこのバッグには外にモノを留めておけるケーブルも付属しています。

これがあれば、バッグの中に入らないモノ(例えば「三脚」など)も縛って持ち運ぶことができます。

私は三脚は持ち歩かないので、上着を留めておくのに使うことが多いですね。

 

ケーブルが長いので色んなモノが留められるのが嬉しい

 

これだけシーンを選ばない使い方ができるからこそ、カメラを持っているかどうかに関わらず、私はこのカメラバッグを使ってしまいます。

 

バッグの「型」がしっかりしてるから、入れるモノの「形」も決まる。

このバッグがカメラに最適化され、しっかりカメラを守ってくれるのは前述の通り。

ただ、カメラを守るための「型」がしっかりしてるということは、裏を返すとカバンに入れるモノの「形」が決まってしまうことになります。

 

自立するくらいしっかりした型のバッグ

 

全く融通が効かないわけではないですが、基本的に形は変わらないものと思って購入した方が使うときのギャップがないと思います。

 

外ポケットがもう少し広いと嬉しかった。

『エブリデイ スリング』はメイン収納の他に外ポケットがついていますが、このポケットは思った以上に収納力が小さいので注意が必要です。

 

ちょっとした小物は外ポケットに入れておける

 

私は家の鍵とクレジットカード1枚を入れたカードケース(名刺入れサイズ)だけを入れています。

メインスマホ(iPhone12 mini)も入りますが、取り出しがスムーズにいかないので薄いモノや小さいモノを入れるのがオススメです。

 

スマホも問題なく入るけど、少し取り出しにくさを感じる

 

メインの収納力だけで入れたいモノは全て収納できるし、収納口がガバっと開くのでアクセスも簡単です。

正直、外ポケットがなくても困らないレベルですが、落とし物トラッカーみたいな「普段使わない小さいもの」を入れておくとかは面白い使い方かなと思います。

 

最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、私のカメラ活躍の場を広げてくれたpeakdesign(ピークデザイン)のカメラバッグ『エブリデイ スリング 3L』を紹介しました。

 

『エブリデイ スリング』の良かった点

  • カメラバッグとしても普段使いとしても使える
  • カメラとそれ以外のスペースを区切ることができる
  • 肩への負担が小さい分厚いショルダーベルト

 

『エブリデイ スリング』のあと1歩な点

  • 型がしっかりしてるので入れるモノの形がある程度決まってしまう
  • 外ポケットが少し狭い

 

実際にカメラバッグを選んでみて、バッグの大きさは「カメラ以外に何を持って外に行くか?」で決まると思いました。

この『エブリデイ スリング』は「カメラ」+「財布などの小物」を入れるのにピッタリです。

ちょっとした散歩、旅行時のセカンドバッグ的な位置付けで使えるような「気軽に持ち出せて、しっかりカメラを守れるバッグ」を探している人には良い選択肢になると思うので、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

それでは!


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.