初心者の私が相棒に決めたミラーレス一眼『SONY α6400』を紹介したい。


写真には、本のような「文字」はないし、動画のような「音」もない。

これほどセンスが出るモノって割と少ないんじゃないかと思ってますが、ブログ執筆や子供の誕生をキッカケに、私も「カメラ」の世界に足を踏み入れました。

美術の成績が常に「3(普通)」だった私ですが、割り切って楽しんでいます。


この記事では、そんな私が初めての相棒として選んだカメラ、SONYの「α6400」について紹介します。


「α6400」の良かった点

  • スタイリッシュな見た目
  • スマホでは撮れない写真が撮れる(特に「ボケ感」)
  • 新しい領域に挑戦する楽しさを感じる

「α6400」のあと1歩な点

  • スマホのように気軽に写真を撮るのは難しい


私はまだ「カメラのある暮らし」初心者ですが、実際にカメラを使って感じたことや良かったことを書いているので、これからカメラを始める人・カメラを始めたばかりの人にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。



それでは、さっそく始めます。


私の相棒になったミラーレス一眼|ソニー(SONY)『α6400』とは?

私が購入したのは、SONYが出しているミラーレス一眼「α6400」。

ちなみに、カメラに付けているレンズは同じくSONYの35mm単焦点レンズ「SEL35F18」です。

私は子供や机の上に置いたモノを撮影することが多いので、焦点距離が50mm前後になるものを選びました。(APS-Cの35㎜はフルサイズ換算で約50mm)


「シンプルなデザイン」と「コンパクトなサイズ感」が魅力


レンズはその人が「どんなシチュエーションで写真を撮りたいか」によると思うので、ぜひ自分好みの1本を選んで欲しいなと思います。

簡単に私が購入した「α6400」のスペックを紹介します。

『α6400』のスペック

  • サイズ:幅 約12cm x 奥行 約5.9cm × 高さ 約6.7cm
  • 重さ:約403g(本体+バッテリー+メモリカード)
  • 映像素子:APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)
  • 有効画素数:約2420万画素
  • 画像ファイル形式:JPEG、RAW
  • ISO感度:100-32000(拡張:上限ISO102400)


その他の詳しいスペックは、SONYの公式ホームページを見てみてください。


色は「ブラック」と「シルバー」の2色展開ですが、黒のアイテムが好きな私としては「ブラック」以外の選択肢は見えませんでした。笑


マットな感じの黒で落ち着いた印象なのがツボ


レンズを装着したときの色の統一感といい、シンプルな外見といい、初めて手に取ったときはテンション上がりましたね。


数あるミラーレス一眼の中から、なぜ『α6400』を購入したのか?

私がミラーレス一眼「α6400」を購入した理由は3つです。

「α6400」を購入した理由

  • ブログ記事で個性(自分だけの表現)を出すことに興味が出てきた
  • 子供との思い出をキレイに残したかった
  • 画質にこだわりつつも、気軽に使えるサイズ感


ミラーレス一眼が欲しいと思ったキッカケは「ブログでもっと個性を出していきたい」と思い始めたこと。

とは言うものの、カメラは決して安い買い物ではない。

元々、貧乏性なところもあって、10万円近いモノを自分のために購入するのは、かなり勇気が必要でした。


それが不思議なものですね。

子供を授かることになり、子供の思い出をキレイな写真で残したいと思い始めてからは、指がサクサク動きました。笑

ということで、子供の(見えない)後押しもあり、人生初のミラーレス一眼に足を踏み入れることに。


人生初のミラーレス一眼「α6400」


ミラーレス一眼はセンサーサイズの種類から「フルサイズ」「APS-C」「マイクロフォーサーズ」の3つに分けられますが、私が購入した「APS-C」は中間のサイズです。

一般的には「ミラーレス一眼」というとフルサイズ or APS-C で語られることが多いのか、「ミラーレス一眼」で検索すると2択だったので、検討段階で最初から「マイクロフォーサーズ」は除外しました。

カメラの知識も少ないので、何かあった時に調べやすい(≒話題が多い)方が良いなと思ったのがその理由です。


フルサイズとAPS-Cは、画質だけを見れば「フルサイズ」の方が高機能です。

ただ正直、私には「APS-C」でも十分にキレイだなと思ったのと、何よりフルサイズの方がカメラやレンズが大きくなりがちで扱いが大変そうだと感じたので、最初はなるべく気軽に写真を撮りたかったこともあり、「APS-C」を選びました。

そしてSONYを選んだのは、、、見た目のデザインです。笑

細かいスペックの違いが気になるほど、カメラに詳しくなかったというのが正直なところ。

だったら、自分がカッコいいと思えるモノを選びたいと思い、α6400を選びました。


『α6400』を使ってみて感じたミラーレス一眼の魅力

一言でいえば、自分の世界が広がった、、、そんな感じがしました。

  • 初めて携帯を手にしたとき
  • 携帯が iPhoneに変わったとき
  • iPadを手にしたとき


「これから、これを使ってどんなことが出来るんだろう」とワクワクするような感覚はなかなか出会えるものではないですが、カメラを手にしたときはそんな感覚がありました。

もう少し具体的に、使ってみた分かった感想などを紹介します。


子供を撮る。愛用品を撮る。これが抜群に楽しい。

カメラが「スマホより優れているなぁ」と感じた最大のポイントは『ボケ感』でした。

例えば、私はこんな感じの写真を撮っています。


子供が手、、、指を繋いでくれた瞬間。
初めてのクリスマスに「はしゃぐ」一瞬。
デスク環境のマウスだけを主役に1枚。
愛用のド定番リップも背景がボケると、、、よく見える?


もしかしたらスマホでの撮影に慣れた人なら「これくらいスマホでもイケるよ」となるかもしれません。

でも、少なくともカメラ初心者の私が上のような写真を撮れたのは、間違いなくカメラのおかげ。

自分で「おぉ!」と思える写真が撮れるたびに、買って良かったなと思います。


新しい分野にチャレンジするキッカケ=これが「カメラ沼」というやつか?

上で紹介した通り、カメラを購入したことで今まで残すことができなかった瞬間を残せるようになりました。

  • もっとキレイな形で写真に収めたい
  • もっとオシャレな感じで映したい
  • もっと、もっと、、、


こんな感じでズブズブと沼にハマっていくように、カメラで写真を撮ることにハマっていきます。

ただ、個人的にはこういう「ハマる」というのは大人になって無くなっていた感覚だったので、かなりポジティブに捉えています。(これがすでにハマってる人の意見。笑)


私にとってカメラは、新しい分野にチャレンジするキッカケになっています。

サラリーマンとして働いていると、会社の仕事以外のことが出来ない人間になっていく感覚があって、これが何とも嫌な感じでした。

でも、カメラを手にしたことで「自分の好き」を1つ作ることができたし、この分だけ自分の可能性や出来ることを増やしていける気がしていて、これにワクワクしています。


手軽に使えるAPS-C。でも、手軽さでスマホには勝てない。

これは私が初心者ということが関係している気もしますが、写真を撮る「手軽さ」だけを見ればスマホの勝ち。

私が使っているミラーレス一眼は「APS-C」という比較的、小さいサイズ感ですが、それでもスマホには勝てないかなと思いました。


『スマホを持ち歩くように、いつでも、どこでもカメラを持ち歩く。』


こんな暮らし方になれば、スマホのカメラアプリを起動するように、カメラのシャッターを切れるのかもしれませんが、今の私には難しいみたいです。

カメラとスマホを下のようなシーンに分けて使いつつ、徐々にカメラを使って撮影するシーンを増やしていければと考えています。

  • しっかり腰を据えて、ボケ感の強いインパクトのある写真を撮りたいシーン
  • クオリティよりも、いつでもどこでも手軽に写真を撮りたいシーン

今はカメラを手にするときは「撮る気満々」なので、ちょっとの外出で気軽に、、、というのに憧れます。


ミラーレス一眼を長く楽しむためのアクセサリー

私がカメラを購入したとき、1番気になったのが「手入れ」や「保管」の方法でした。

カメラは「カビ」が大敵なので、湿度・ホコリ・脂汚れへの対策は力をいれた方が良いと思い、まずは『カメラを長く使い続けるために一緒に揃えたモノ』というテーマで3つのモノを紹介します。


これ1本で全てのカメラ掃除に対応。HAKUBAの「レンズペン」

このレンズペンはカメラのレンズや液晶画面などを拭くためのアイテムです。

私は安心して使える有名メーカー「HAKUBA」のレンズペンを購入しました。


これ1つでカメラの手入れは全て対応
柔らかい山羊毛でカメラを傷付けずにホコリが取れる
カーボン粉末がついた先端が脂汚れをしっかり取る


このカーボン粉末はキャップ内にも付いていて、キャップを閉める度に補充されます。

また、レンズペンには予備のキャップが同梱されているので、両方合わせると数百回はメンテナンスできると思います。(レンズ以外に使うと早く摩耗するのでNG)

カメラの汚れを落とすアイテムは他に「ブロアー」や「レンズクリーナー」などがありますが、最初から全てを揃えるのはお金がかかるので、まずは「レンズペン」だけでいいんじゃないかと思います。

正直、レンズペンがあれば他のアイテムと同じような掃除ができる気がします。



湿度やホコリからカメラを守る収納ケース。ナカバヤシの「防湿庫」

上で紹介した『レンズペン』で「ホコリ」と「脂汚れ」は解決しましたが、日本はカビが繁殖しやすい気候なので「湿度」にも気を使った方がいいと思います。

防湿庫はその名の通り、中に入っているモノを湿度とホコリから守ってくれるアイテムです。


付属の湿度計で中の湿度が分かる
普段はこんな感じでカメラを保管してます
中の乾燥剤が容器内の湿度を吸収してくれる


乾燥剤の湿度を吸収する力が弱くなると、電子レンジで湿度を飛ばす作業が必要になるのが唯一のネック。

とはいえ、本格的な防湿庫は値段が高いので、まぁ良しとしてます。


購入する前は「もっと本格的な電源式の防湿庫の方が良いんじゃないか?」と心配だったんですが、無用でした。

ケースに付属している湿度計で定期的に湿度を確認してみましたが、密閉力は問題なさそうです。

見た目は簡易的ですが、防湿庫としての機能は同じなので、私のように値段も気になる人にはこちらがオススメです。



オンもオフも。ピークデザインのカメラバッグ「Everyday Sling」

今は娘も小さいので家の中で撮影することが多いですが、ちょっとした外出や帰省などでカメラを外に持ち出すときは「カメラバッグ」を使っています。

私が使っているのは、カメラアクセサリーで世界的に有名なピークデザインの『エブリデイスリング』の3Lサイズ。

カメラをカバー無しで持ち歩くのは「ホコリ」などの汚れが怖いし、ちょっとしたキズなども嫌なので、クッション性の高いバッグに入れることで、使う時以外はしっかりガードしています。


カメラ以外も持ち運べる機能性の高いショルダーバッグ
カメラを入れる前提の設計だから使いやすい
仕切りが全て取り外し可能なのが嬉しい


ちょっとした外出で持ち出すようなバッグでこれ1つで旅行は厳しいので、私は「財布やカメラを入れて常に持ち歩くバッグ」と「着替えなどを入れるバッグ」に分けて持っていきます。(容量によってはカメラバッグはバッグインバッグ)

カメラを持ち出さない時は仕切りを外して、普通のショルダーポーチとしても使える「1台2役」のカバンとしてフル活用しています。



ミラーレス一眼の魅力を楽しみ尽くすためのアクセサリー

撮った写真はカメラの液晶画面の中だけで楽しむのではなく、家族や周りの人とシェアして一緒に楽しむ方が何倍も楽しい。

私と奥さんは両親と離れて暮らしているので、娘の日々の成長をスマホアプリでシェアして、近況報告しています。

というわけで、ここからは『カメラをより楽しむためのアイテム』をテーマに紹介を続けていきます。


iPhoneへのデータ転送は「Apple純正 SDカードリーダー」が無難。

まずは何よりもSDカードリーダー。

私はiPhoneユーザーで、カメラで撮影したデータはiPhoneに送って現像しています。

ということでiPhoneと相性がよく、転送速度も速い(とよく聞く)Apple純正のSDカードリーダーを愛用。


Lightning端子でデータ転送します


最近はiPadで現像することも多いんですが、そういう時はiPhoneからAirdropでデータ転送しています。

写真を撮った後はスマホに転送した方が家族と共有したり、SNSやブログで発信したりと利用の幅がかなり広がるので、SDカードリーダーがあった方が写真を楽しめるのは間違いないと思います。



何かと重宝する「無印ポーチ」をカメラポーチとして利用。

上で紹介したレンズペンやSDカードリーダー、カメラの充電ケーブルなんかは、全て無印良品のポーチに入れています。

これ1つに全てのカメラアイテムが入っているので、カメラと一緒にバッグに入れておけば旅行も行ける身軽さは本当に重宝する。


無印のポーチは本当に万能で何かと重宝する
よく使うSDカードリーダーは見やすいメッシュ部分に
広い方にはレンズペンやケーブルをまとめて入れる


本格的なカメラ撮影をする人にとっては小さすぎるポーチだと思いますが、私くらいの初心者はこのサイズでも十分事足りました。

無印のポーチに限らず、カメラアクセサリーは身近なポーチなんかを使い回すので最初のうちは十分だと思います。


現像アプリがあると更にカメラが面白くなる(おまけ)

カメラで撮影した写真はそのまま(いわゆる「撮って出し」)でも十分キレイだし、スマホには出せないクオリティ。

でも、現像アプリを使って写真を編集(加工)することで、より雰囲気のある写真に仕上げることができるし、現像も含めてカメラの楽しみだと感じています。


例えば、こんな風に現像してます。

編集前
編集後
編集前
編集後


自分の撮った好きな人やモノをより良い形で残すために現像アプリは欠かせません。

ちなみに私は iPhoneでは「VSCO」、iPadでは「Lightroom」と現像アプリを分けています。


VSCOは最初から編集(加工)のテンプレートが用意されているので、それを当てはめるだけで写真の雰囲気を変えることができます。

気軽に写真をシェアしたい時はiPhone(VSCO)を使います。

一方で、ブログに載せるような写真を現像したいときはiPad(Lightroom)やApple Pencilを使って、細かな編集をしています。

特定の色だけ明るくしたりなど、VSCOには出来ないことも多い分だけ使い方も難しいので、力の入れ具合で使い分けるのがオススメです。


最後に(まとめ)

今回の記事はここまでです。

この記事では、私が初めて購入したミラーレス一眼カメラ『α6400』について紹介しました。


「α6400」の良かった点

  • スタイリッシュな見た目
  • スマホでは撮れない写真が撮れる(特に「ボケ感」)
  • 新しい領域に挑戦する楽しさを感じる

「α6400」のあと1歩な点

  • スマホのように気軽に写真を撮るのは難しい


カメラを持った今になると「もっと早くから始めていたかった」と思う一方で、決して安い買い物ではないので1人では購入を決断できなかった気もします。

私に子供が誕生したようなキッカケがあったように、この記事が少しでも「カメラ購入したいのに購入してない人」の背中を押すキッカケになれば嬉しいです。



それでは!


Sponsored Link

関連記事


Copyright © MILIBLO , All Rights Reserved.